2016年6月アーカイブ

先日、会社の先輩のお宅にお邪魔しました(^^)

 

3組のご家族と一緒にBBQをしたのですが、、

 

 

 

 

 

 

 

そこには子どもたちが♡♡♡♡

 

 

 

 

生まれたばかりの天使のような赤ちゃんに、少し恥ずかしがり屋の幼稚園生、元気いっぱいの小学生。

 

 

 

 

なんて楽しい空間だ!

 

 

 

 

 

 

 

みんなでサッカーをしたり、スイカ割りをしたりと、エネルギッシュな子どもたちに引っ張ってもらいながら、本当に楽しい時間が流れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそんなちびっこたちには、あるお土産まで貰ってしまったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それが~!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へい、お待ち!

ミニお寿司

そう、お寿司です!

 

しかもネタのチョイスが抜群なこと。

中トロ、うに、いくら、そして甘海老に巻物、さらにはシュークリーム(!)。

 

 

 

 

小さなお寿司屋さんという回転寿司のおもちゃで遊んでいたところ、
可愛らしい姉妹が「お持ち帰りですか?」と、なんともご丁寧な問いかけをしてくれたんです。

 

 

 

一生懸命ネタを選びながら持ち帰り用パックに詰めている姿...

今思い出しただけでも、ぐっと心を掴まれるような、なんともいえない感覚になります。(´ー` )

私は普段色々なものに「可愛い」という言葉を使いがちですが、
これぞまさに、「可愛い」と使うべき時だと実感しました!!

 

はぁ、癒される(´ー` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ミニチュアお寿司をいただいたついでに、

 

お寿司の話をもう一ネタ♡
 

 

 

だいぶ前のことですが、先輩アナウンサーと一緒に山梨市のお寿司屋さんへ行ってきました。

お寿司

3人ともお寿司が大好物とあって、

その日は朝からあまり食べ物を口にせず、お腹の余裕を残しておこう!と張り切っていました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

ある調査では、日本で一番お寿司屋さんの数が多い(人口10万人あたりの店舗数)と言われている山梨県。

 

海なし県だからこそ、魚が恋しくなる...
山梨に住んで3年半、その気持ちがすごくよく分かります。

 

 

 

 

 

 

 

さて話は戻りまして...

 

私たち3人は、席に着くやいなや寿司話をはじめました。

(頭の中寿司でいっぱい(笑)、ここまで何度寿司という言葉を出したことか)

 

 

 

シンプルに、「一番好きなネタは?」という話題(  ´ー`)(´ー`)(´ー`  )

 

 

 

 

 

 

 

「ん~やっぱり中トロかなぁ」

 

 

 

 

「一番は、、、うに!」

 

 

 

 

「私はいくらが好きですねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(゜o゜)!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうお気づきでしょうか。

 

 

 

 

ミニチュアお寿司でいただいたネタと、

 

 

 

 

私たちが好きなネタ、

 

 

 

全部かぶっていたということ!

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい。

 

 

 

 

 

 

ネタのチョイスが抜群だった。

 

 

 

 

ひとしきり寿司話をした後は、ついに!

 

 

 

 

「いただきます!!!」

 

 

 

 

 

 

 

大将のおすすめで出てきたネタの中にも、、、もちろん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの3つのネタが(^^)

 

 

 

 

いやぁ、間違いない。

ネタのチョイスが抜群だ。

先日、「スズタケ」の一斉開花の取材へ行ってきました。

 

 

この「スズタケ」

ササの一種で、

数十年に一度、その花が広範囲に渡って咲くという珍しい現象が起こると言われています。

 

 

(  ゜゜)一説には120年に一度と言われるほど、珍しい。(゜゜  )

 

 

 

 

今年、そんなスズタケの一斉開花が愛知県などで確認され、ここ山梨でも発見されたという情報をキャッチしました! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取材班はさっそく清里の森へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は梅雨の晴れ間となり、草木が少し湿っていて涼しい風が吹き抜けていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどんどんどん森の奥へと進み、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩くこと20分...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あった!!

  

スズタケ

 

あれ?

 

 

花らしきものが見当たらない(゜゜ )?

 

 

 

というよりむしろ、この写真ではどこがスズタケだか森だかわからない。

(あまりの細さ、小ささに、ピントが合いませんでした('_'))

 

※黒くて細長い部分が花が咲き終えたあとのものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

帰ろう!

 

 

 

 

 

 

なーんてわけにはいきませんね(`^´)

 

 

 

 

ここまで来たからには、花を見つけずに帰るわけにはいかない!

 

 

 

 

 

 

っということで、スズタケの花探しがスタートです。✿

 

 

 

 

辺り一帯は、咲き終えたスズタケでいっぱい。

背丈は私の身長(約160cm)よりも高く、縦にも横にも伸びているため、その間を縫って歩きながら探します。

 

 

 

 

 

 

 

目を凝らして一つずつ確かめますが、、、

 

 

 

どこにも見当たらず('_')

 

 

 

 

 

 

途方に暮れつつも再びかき分けてみますが、、、

 

 

 

どこにも見当たらず('_')

 

 

 

 

 

「まぁ~これだけ一斉に咲き終わった姿を見られることすら珍しいからさっ。
もう満足だからさっ。」

、なんて半ば諦めつつ、、

 

 

 

 

それでも誰もが自分こそは見つけてみせるぞと、探し続けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あったよーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこーー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら! 

スズタケ

 

「ほぉ~(゜゜)こんな風に咲くんだね(゜゜)」

それが一番の率直な感想です✿

 

(※これも、あまりの小ささと細さにピントが合わず、後ろにササの葉を置いてやっとこさ撮れた一枚)

 

 

 

 

 

 

この「スズタケの一斉開花」、

 

 

要因は様々あり、ミステリアスな部分も残されていますが、

 

 

山梨でも確認されたという情報から実際に花を見つけられたことで、
気になる話題がぐっと身近になったような気がします。✿

 

 

 

 

 

最後に...

 

 

 

 

たとえ蜘蛛の巣を顔からぶわっとかぶってしまっても、

 

たとえ大きな芋虫がしばらく靴の中に入ってにょろにょろ動いていたとしても(苦笑)

 

探し続けられるくらい、

 

 

 

スズタケの花には魅力がありました。

 

 

 

 

(あまり上手に締めくくれませんでしたが、珍しい花を見つけられてただただ嬉しかったというシンプルな話です(´ー`))

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のブログ記事