雛飾り

明日から3月。

桃の節句の時期ですね。

 

 

 

 

灯りをつけましょぼんぼりに~

 

お花をあげましょ桃の花~

 

 

 

 

 

 

 

 

物心ついた頃から、3月3日には母がこの歌を歌って姉と私を祝ってくれたことを思い出します。

  

ちらし寿司や雛あられを並べて、当時はその意味こそ分からずに、毎年ひな祭りを楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人暮らしをしていても、こうした季節の行事は大切にしなければ!と、今年は母が教えてくれたようにちらし寿司を作ろうと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてささやかながら、雛飾りを購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがとってもささやか(´ー` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらです!

 雛祭り

なんてささやかで可愛らしいんだ...

 

手のひらサイズです(♡_♡)

 

顔の大きさは、つまようじの先よりも小さいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、ミニサイズのものがとてもとても好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、このお雛様を飾り始めてからは家に帰るとほとんど毎日見つめています。

じーっと。

 

 

 

 

ずっと見ていられますね。

 

 

 

 

 

 ささやかさがたまりません。♡(´ー` )♡

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日のYBSワイドニュースでは、親子4代に渡って飾り続けてきたお雛様をご紹介します。

大切に受け継がれてきたお人形と、親子の思いをお伝えします。

このあと夕方6時15分~ご覧ください(*^^*)

 

 

 

 

 

雛祭りの意味を知った今だからこそ、親のありがたみを感じる今日この頃です。