DSCF5106.JPG

DSCF5108.JPG

1.開催日時 2019年5月22日(水曜日)16時00分~17時00分

2.開催場所 山梨放送本社六階大会議室(甲府市)

3.出席者
第60期山梨放送番組審議委員
 丸茂紀彦 委員長
 粟井晶子 副委員長
 氏原敦 委員
 大谷善邦 委員
 佐野夢加 委員
 野田典 委員
 福田六花 委員

山梨放送
 代表取締役社長 野口英一
 取締役相談役 中村一政
 代表取締役常務 篠原公男
 編成局長 保坂律夫
 報道局長 武井功
 ラジオセンター長 石川治
 営業局長 有泉裕人
 技術局長 飯田圭滋
 審議室長 土橋巧

4.報告
・6月期及び7月期のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
・視聴者からの意見(2019年4月22日~5月19日)を報告

5.審議
〈テーマ〉「山梨放送への提言」
※参考視聴番組
テレビ・報道特別番組「平成~山梨30年の記憶」(4月27日  16時00分~16時55分放送)

  委員からの主な意見は以下の通り。 
◆山梨放送の番組は分かり易く作られている。これからも、そのような姿勢で制作してほしい。ローカル局として地域の情報を発信しようという訴えが感じられる。
◆報道特番については、30年の出来事は興味深く知ることができたものの、出来事のまとめ方が分かりにくかった。区分けしたコーナーの内容は、生活や暮らし、経済の分野も設けるべきだった。
◆番組制作において、地道に活動している人たちを取り上げようという努力が感じられる。しかし説明が足りないという点が多々あったが、これは作り手側と受け取り側のズレがあるからであり、これを認識しズレを解消する努力をしていただきたい。番組企画については県民のためを考えて取り組んでほしい。
◆テレビ番組とは情報を得ることができる大きな力があり、これからも、山梨をもっと深く極めた番組作りを望む。
◆最近は倫理観や道徳が問われているが、交通事故抑止など番組では注意を喚起することをお願いしたい。斬新でユニークな企画を期待する。
◆テレビは訴える力が強く、世論を喚起する番組作りを期待する。

〈代表取締役社長・野口英一〉
「一年間、審議をいただいたことに感謝する。この一年間で、いただいた意見をもとに即座に改善したところも実際にあった。今期の番組審議会の任期後も、委員の方々には引き続き、県民の代表の一人として、山梨放送に意見をいただきたい」

6.次回
第60期番組審議会の任期は6月30日をもって満了する。
第61期番組審議会はメンバーを一新し7月1日より任期がスタート、次回、第626回番組審議会は7月24日(水曜日)に開催予定。

DSCF4859.JPG

DSCF4856.JPG

1.開催日時
 2019年4月24日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原 敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
 
  (欠席)
  福田六花委員 
 
  ・山梨放送
  代表取締役社長 野口英一
  取締役相談役 中村一政
  編成局長 保坂律夫
  報道局長 武井功
  ラジオセンター長 石川治
  技術局長 飯田圭滋
  審議室長 土橋巧
  編成局テレビ編成部長 前田真宏
 
 (欠席)
  代表取締役常務 篠原公男
  営業局長 有泉裕人
 
4.報告
 ・5月期のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
 ・視聴者からの意見(2019年3月25日~4月21日)を報告
 ・放送番組種別及びCM割合の報告(2018年10月~2019年3月)
 
※放送法に基づき、該当期間の放送種別の放送割合について報告した。これに対する審議会としての意見はなく了解を確認した。報告事項は公式ホームページ等において遅滞なく公表。
 
※民放連の自主規制により、全放送におけるCM総量時間の割合を報告した。審議会としての意見はなかった。報告事項は公式ホームページ等において遅滞なく公表。
 
5.審議
 〈テーマ〉ラジオ
  「1ミニッツストーリーCMアワード」(3月30日 18時00分~19時00分放送)
 
委員からの主な意見は以下の通り。 
 ◆2000本を超える応募があるという。どうしてローカル局に、これほどの作品が集まるのか? それほどCMを作りたい人がいるのか。こうしたことを踏まえて、番組の冒頭で、この番組のエッセンスを紹介するべきである。 
◆ 審査員の2人は夫婦のコピーライターであるというが、夫婦では同じような考えに偏ってしまう可能性もある。審査員は変えたほうが良いのではないか。
◆ 司会のアナウンサーが審査員に「どの作品が好きか?」と頻りに聞いていたが、審査員に聞く内容としては違和感があった。
◆番組では分からないことが多かった。受賞した作品はCMとして放送されるのか? 審査の仕方はどうなっているのか? 特定の応募者による沢山の作品が審査を通過しているがルールはどうなっているのか? スポンサーの意見は反映されているのか? プロも応募してくるとしたら、そのルールは?
 ◆審査員の冒頭の紹介が長いと思ったが、審査員の作品が紹介されたため分かりやすかった。また審査員の講評は分かり易く素晴らしかった。 
◆ラジオは映像がない分、制作する大変さがわかった。 
◆ 募集作品を「コピー」という表現で伝えていたが、実際に音声を付けて放送作品に仕上げていることは、番組を聞く限りではわからなかった。そもそも「コピー」ではなく「台本・シナリオ・原稿」などと表現して、説明をしっかりすべきだ。
◆ 審査員の人選については、その根拠をはっきりとさせたほうが良かった。ただ審査員から審査の基準が述べられていたのは良かった。
◆ 音の世界だけだと映像よりも人の情けがしみじみと感じられる。スポンサーの商品も全面に表現されていないので、返って印象に残った。
◆医療関係スポンサーの広告は規制が厳しいはずだが、審査をしているのか?
 
〈 社側回答 〉
・既に8回を数えた番組で、制作側も慣れてしまい、審査のやり方やルールの説明が不足してしまっていた。改善する。
・審査は3回あって、社員やクリエイター、外部審査員などが当たって1スポンサーで8作品まで絞る。その後に、スポンサー側の意見も聞き1本に絞ってもらうが、最終的には審査員により入賞を決める。審査の段階では先入観を与えないために応募者の氏名はふせている。
・実際のクリエイターが腕試しのため応募してくるケースもあるようだが、応募のルールは決めていない。公募の雑誌などに掲載して全国に募集し、また回数も重ねたため認知度もあり全国から沢山の応募があるものとみられる。今では9割がインターネットによる応募となっている。
・コピー作品の審査ではあるが、音声化したほうが番組としては分かり易いので、社内のクリエイターが音声作品として制作している。この方法の説明も不足してしまっていた。
・実際にCMとして流す可能性があるので、放送独自の考査(審査)を専門部署で行っている。クリエイティブな内容に審査は馴染まないが、実際に放送される可能性がある以上は、医療CMは国の「医療広告ガイドライン」を適用する。
 
6.次回
 第625回番組審議会は5月22日(水曜日)に開催予定

DSCF4680.JPG

DSCF4683.JPG

 

1.開催日時
 2019年3月27日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
 2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市)
 
 3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  氏原敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典彦委員
  福田六花委員
(欠席)粟井晶子副委員長
 
・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  代表取締役常務・篠原公男
  取締役相談役・中村一政
  編成局長・有泉裕人
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
  テレビ制作部長・荻野弘樹
(欠席)報道局長・武井功
 
 4.報告
 ・2019年4月のテレビとラジオの改編内容及び自社制作番組の編成予定について
 ・視聴者からの意見(2019年2月25日~3月24日)を報告
 
 5.審議
〈テーマ〉YBSテレビ
 「日本のチカラ 出張プラネタリウム~星と人をつなぐ 宙先案内人」
 (2018年9月22日 5時20分~5時50分 テレビ朝日 放送) 
  (2018年9月30日 6時30分~7時00分 山梨放送 放送)
 
 
委員からの主な意見は以下の通り。
 
◆番組の内容は素晴らしかった。再放送を希望するとともに、このような番組を引き続き制作してほしい。全国放送の意義がある。
 
◆プラネタリウムの内容について、もう少し説明するパートが必要だった。
 
◆テレビを通してプラネタリウムの迫力ある様子が伝えられていた。
 
◆主人公である高橋さんについて知りたいことが流れよく伝えられていたが、さらに知りたいことも多かった。開発の裏話しなども知りたかった。
 
◆30分番組にもかかわらず、時間をかけて、よく取材をしていたと感じた。
 
◆教育の観点から評価できる内容だった。高橋さんの取り組みが申し分なく説明されており分かりやすかった。
 
 
6.次回
 第624回番組審議会は2019年4月27日(水曜日)に開催予定。
                               以上
DSCF4607.JPG
 
DSCF4609.JPG
 
 
1.開催日時
 2019年2月27日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市)
 
3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  福田六花委員
(欠席) 野田典彦委員
 
・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
(欠席)代表取締役常務・篠原公男
     取締役相談役・中村一政
 
4.報告
 ・2019年3月のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
 ・視聴者からの意見(2019年1月21日~2月24日)を報告
 
5.審議
〈テーマ〉YBSテレビ
 「YBSワイドニュース」
 (2019年2月18~22日 18時15分~19時00分放送) 
 
委員からの主な意見は以下の通り。
 
◆地元を取り上げ、その良さを伝えることはローカルニュースの使命であり、その点で良い内容だ。今後もアンテナを張って色々な事柄を取り上げてほしい。
 
◆酒井キャスターのしゃべりの分かり易さや立ち居振る舞いは安定しており特筆すべきだ。服装がやや地味という指摘もある。
 
◆天気予報で幼稚園児等がタイトルコールをするが、子供たちにとって画面に出ることは素晴らしい体験である。これからも進めてほしい。
 
◆例えば長崎知事就任のニュースがあったが、取り上げた内容はその後の検証もしてほしい。
 
◆山梨放送を騙る不審なアンケートが多発しているというニュースがあったが、番組で警告を発信することは大変有益なことだ。
 
〈質疑〉
◆他局のニュースとどのような点で差別化を図っているのか?
⇒コーナー分けを行い分かり易く一日を伝えるようにしている。またキャスターも、分かり易く伝えることを第一に考えている。
 
◆解説の必要であろうニュースが多々あった。例えばミネラル税の法定外目的税と普通税とは何か? あるいは女子高生の鷹匠という話題では以前に報道された内容を踏まえていたが、初めて見た人には分からない。その点が説明のないままであったが?
⇒ニュースの作り手は、一度報道したあとは、「続報」として、つい、説明を流してしまうことがある。これはいけないことであり注意を怠らないようにする。
 
6.次回
 第623回番組審議会は2019年3月27日(水曜日)に開催予定。
 
以上

DSCF4596.JPG

DSCF4597.JPG

 

1.開催日時
 2019年1月23日(水曜日)午後3時00分~午後3時45分
 
2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市)  
 
3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
  福田六花委員
 
・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  代表取締役常務・篠原公男
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
  ラジオ制作部長・佐藤かおり
 (欠席)取締役相談役・中村一政
 
4.報告
 ・2019年2月のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
 ・視聴者からの意見(2018年12月26日~2019年1月20日)を報告
 
5.審議
 〈テーマ〉YBSラジオ
      こうふ開府500年記念ラジオドラマ「ひすい夢草子」
      (2019年1月5、12.19日 10時15分~10時25分放送) 
 
委員からの主な意見は以下の通り。   
 
◆現在はラジオドラマが少なくなってしまった。ドラマの設定としては、本当にこういうことがあるのか-という疑問もあるが展開は楽しみである。ただ設定の中には調べても判明しない事柄があったが、実在するかどうかということはドラマにとっては大切なことだと思う。
 
◆1年間続くドラマということだが聴取者が1年間付いていけるかどうか? ついていけない場合は、どういう手立てが考えられるのだろうか? 途中から聞いた人は設定が分からない。
 
◆1年間続くドラマというところがポイントであり、なんらかのコメントを入れると良いだろう。一年間続くことを伝えないと聞くペースがつかめない。
 
◆出演者は有名な斉藤さんであるので本人の紹介が無いのは残念だ。紹介されると期待感が増す。
 
◆甲州弁がセリフに盛り込まれると郷土への紹介にもつながる。甲州弁を盛り込むのは刺激になり効果的かと思う。
 
◆甲州弁のセリフを入れると逆にわざとらしく聞こえないか。今風の作りではないと思う。番組内で使われている甲州弁については少し違和感があった。
 
◆タイトルの「草子(ぞうし)」は音声で聞いただけではよく分からない。
 
◆武田信虎への再評価の動きがあり、これを描くことは感心がでる。
 
◆ラジオドラマでは、喋っている人がどういう役柄の誰なのかが分かりにくい。これが分かる工夫がほしいと感じた。
 
◆番組を聞いてから1週間経つと前回分を忘れてしまう。1回分を長くして、その代わり回数を減らした方が聞きやすいのではないか。
 
◆途中から聞く人のために10回くらいで番組のフォローをしたらどうか。例えば新聞媒体に掲載するなどの手法も検討したらどうか。
 
◆郷土の歴史に焦点を当てた企画は良い。故郷甲府への思いを盛り上げるテーマであり、教育活動にも使ってもらえるようにしてほしい。故郷をみなおすチャンスでもあるので若い人たちに積極的にアピールして聞いてもらいたい番組だ。
 
6.次回
 第622回番組審議会は2019年2月27日(水曜日)に開催予定。
以上
DSCF4556.JPG
 
DSCF4554.JPG
 
 
1.開催日時
 2018年11月28日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
 2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
 3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
  福田六花委員
  (欠席)氏原敦委員
 
  ・山梨放送
  代表取締役常務・篠原公男
  取締役相談役・中村一政
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
  ラジオセンターラジオ制作部長・佐藤かおり
 (欠席)代表取締役社長・野口英一
 
 4.報告
①放送再免許交付について
冒頭、代表取締役常務・篠原公男より、山梨放送が放送再免許(テレビ・AM・FM、平成30年11月1日より5年間)が交付されたことを説明した。この際、総務大臣より放送局に示された「平成30年地上基幹放送局の再免許に当たっての要請」について番組審議会に説明した。
要請は「放送法の順守」「人権・児童等への十分な配慮」「字幕放送、解説放送等への取り組み」「災害放送の充実」など9項目。篠原が「災害放送への要請は強く感じている。県民の命を守る放送に繋がるように努力する」と述べたことに対して、丸茂委員長から「放送がなくなることは県民が困ることに繋がる。山梨放送は現状を維持して、さらに努力・発展をしてほしい」と要請した。
 
②その他
 ・「平成30年度日本民間放送連加盟賞受賞」(ラジオ2部門)の報告
 ・2018年12月-2019年1月のラジオ、テレビ番組改編について
 ・同テレビとラジオの自社制作番組の編成予定について
 ・視聴者からの意見(2018年11月22日~11月25日)を報告
 ・YBSエフエム補完放送の現状について
 
 5.審議
 〈テーマ〉YBSラジオ
 「はみだし しゃべくりラジオ キックス」
      (11月15日 13時30分~16時30分放送) 
 
委員からの主な意見は以下の通り。  
 
◆ラジオはながらで聞くメディアでありテンポある会話が必要。この日の放送は息のあった会話で聞きやすかった。
 
◆番組は出演タレントのパーソナリティーがすべて。この日の出演者は見識のある方であるが、人の話しの腰を折るのが気になった。これが芸風であるけど優しさが感じられず残念。ゲストに失礼な言い方もあった。
 
◆コメントとして「死ぬほど…」という言葉があったが、このような言い方はやめるべきだ。例えば余命を宣告された方々も世の中にはいて、どのように受け止められるかと考えれば配慮すべき。
 
◆冒頭からタイトルコールまで15分間も話し続けており、この部分が何をやっているのか良く分からない。
 
◆いわゆる下ネタトークが多くやや気になった。
 
◆番組パーソナリティーが毒舌であることはあって良いが、それは相手をフォローするバランスの問題である。それが欠けていたと思う。
 
◆生放送で演奏が聴けるのはラジオならでは。こういう企画をもっとやってほしい。
 
◆スコーパーは大きな宣伝効果があると思うが、今回はスコーパーとスタジオとの掛け合いが多くて、訪問先の情報がかすんでしまった。訪問先の出演者のコメントが少なかったが、事前の打ち合わせを十分に行うべき。
 
〈 社側回答 〉
◆3時間30分という長い番組の中に色々なコーナーがあるのに、これらをひとつにして長時間の番組にする理由は何か?
⇒リスナーの生活に即した番組作りとなっている。長い時間放送することで、番組内容がリスナーの反応に繋がるメリットがある。また生放送を続けることで、いつ来るか分からない災害発生時にいち早く対応できるというメリットもある。
 
◆この番組はどのような人たちをターゲットにしているのか。
 ⇒40代から60代をターゲットにしている。
 
 6.次回
 第621回番組審議会は2019年1月23日(水曜日)に開催予定。
以上
 

DSCF4502.JPG

DSCF4504.JPG

 

1.開催日時
 2018年10月24日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原 敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
  福田六花委員
 
  ・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  代表取締役常務・篠原公男
  取締役相談役・中村一政
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  審議室長・土橋巧
  編成局テレビ編成PR部長・大木修一郎
  編成局テレビ制作部長・荻野弘樹
 
4.報告
 ・11月のラジオ、テレビ番組改編について説明
 ・11月期のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
 ・視聴者からの意見(2018年9月25日~10月21日)を報告
 ・放送番組種別及びCM割合の報告(2018年4月~9月)
 
※放送法に基づき、該当期間の放送種別の放送割合について報告した。報告事項は公式ホームページにおいて遅滞なく公表した
 
※民放連の自主規制により、全放送におけるCM総量時間の割合を報告した。報告事項は公式ホームページにおいて遅滞なく公表した
 
 5.審議
 〈テーマ〉テレビ
 YBSふるさとスペシャル「その魂は時を超える 下山大工の仕事」
             (9月29日 10時30分~11時25分放送)
 
 
委員からの主な意見は以下の通り。 
 
◆ドローン撮影などで普段は見られない映像が見られた。映像には迫力があり分かり易かった。建物の中の様子も紹介してほしかった。
 
◆このように山梨県内の技術を紹介することは良いことだ。貴重な番組と言える。一方で、大工の業の紹介が少なかった。
 
◆解説の方の話は合計で10分に及び聞き取りにくい箇所もあった。専門の話であり文字スーパーを多用してほしかった。
 
◆下山大工がどうして県内から消えてしまったのか、その理由を知りたかったが紹介されていなかった。 
 
◆どのようなターゲットに向けて作られた番組なのか。放送時間が土曜日の午前中であり、大人が視聴できる時間帯での放送を望む。またオンデマンドなどで再視聴できるようにできないものか。 
 
◆画面にタイトルやテーマが常時入れば、途中から見た人にも分かり易かったのではないか。
 
◆このような教養番組は地域を学ぶために有益。学校などに番組素材を開放したらどうか。
 
◆内容は良いものの全体的に固い。アナウンサーが地域を巡るなど、柔らかい作り方をしたほうが広いターゲットに見やすくなる。
 
◆下山大工の手になる建物をもっと紹介してほしかった。お寺の紹介はあったが、個人住宅も見たい。 
 
 
〈 社側回答 〉
 
◆ターゲットはいわゆる「三層」と呼ばれる人たち。若い人たちにも分かりやすく視聴できるように制作した。
 
◆県外の事例についても取材を試みたが許可がとれなかった。
 
◆専門家の解説部分は文字スーパーによるフォローを今後心掛けたい。
 
◆再放送等については、22時台などゴールデンと呼ばれる時間帯はネット番組などとの絡みで放送する時間が取りにくい。年末年始などローカル番組がローカル局にとって比較的自由に放送できる時間帯であり、ここを活用して検討したい。
 
 6.次回
 第620回番組審議会は11月28日(水曜日)に開催予定。
以上

DSCF4440.JPG

DSCF4442.JPG

 

1.開催日時
 2018年9月26日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
 2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
 3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原 敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
  福田六花委員
 
 ・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  代表取締役常務・篠原公男
  取締役相談役・中村一政
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
 
4.報告
 ・10月のラジオ、テレビ番組改編について説明
 ・10月期のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定
 ・視聴者からの意見(2018年8月20日~9月24日)を報告
 
 5.審議
 〈テーマ〉YBSテレビ「情報ライブ ててて! TV」
      (9月17-21日 15時50分~16時50分放送)
 
 委員からの主な意見は以下の通り。 
 
◆八ヶ岳に牡蠣の店が出来たという話題。普通は「なぜ山の中に海の幸」という疑問の説明から入るところ、終盤に説明があって納得した。こういう作り方もあるのだと感心した。
 
◆出演者のリアクションが大げさではないか。視聴者が距離をおきたくなるのではないかと感じるので、その点を心掛けてほしい。
 
◆リアクションについては、出演者が精いっぱいリポートしている姿が伝わってくるので、これで良いと思った。
 
◆気象予報士は、その発言内容に対してアナウンサーが、どのようにフォローしていくかが面白い。色々なキャラクターが出演するということは良いことだ。
 
◆料理レシピが紹介されるが、分量など詳しい内容を盛り込まないと、このレシピを使おうという気持ちになれないのではないか。改善を望む。
 
◆バスの旅の企画。リポーターが課題をクリアして旅をするというルールであるが、課題のハードルが高すぎて、結果、内容が希薄になってしまった。ハードルを下げても、もっと紹介する部分があると思う。
 
◆県民総参加というコンセプトは良い。これこそ山梨の番組としてのあるべき姿だと思う。
 
◆地方創生や地域活性化が叫ばれた時に誕生したというタイミングの良い番組であり、見識が広い。長く続けてほしい番組だ。
 
◆この放送時間では多くの人は視聴できない。収録・短縮版でも良いので、夜などに再放送できないものか。
 
◆オリンピックも近く、障がい者やそれをサポートする企業などをもっと取り上げてほしい。
 
 
〈 質疑 〉
 
◆個人を取り上げるコーナーなどは、どうやってネタを調査しているのか?
⇒制作陣が様々な方法でネタを探し、これを全体の企画会議で精査していく。この過程で、様々な情報を加えながら形にしていく地道な作業の繰り返しに尽きる。
 
◆お店の紹介に対して、どのような問い合わせがあるのか?
⇒YBSの自社制作番組の中では、「ててて」! TV」の問い合わせの割合が一番多い。問い合わせの中でも、お店紹介と「変顔じゃんけん」の応募方法についてが断トツ。お店については店名、所在地、電話番号のほか、番組では紹介しないメニューの問い合わせなど様々だが、店側の支障にならない範囲で調べて回答する。
 
6.次回
 第619回番組審議会は10月24日(水曜日)に開催予定です。
 
以上
DSCF4336.JPG
 
DSCF4338.JPG
 
1.開催日時
 2018年8月22日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員
  丸茂紀彦委員長
  粟井晶子副委員長
  氏原 敦委員
  大谷善邦委員
  佐野夢加委員
  野田典委員
  福田六花委員
 
・山梨放送
  代表取締役社長・野口英一
  代表取締役常務・篠原公男
  編成局長・有泉裕人
  報道局長・武井功
  ラジオセンター長・石川治
  技術局長・飯田圭滋
  営業局長・保坂律夫
  審議室長・土橋巧
(欠席)
  取締役相談役・中村一政 
 
4.報告
 ・9月期のテレビとラジオの自社制作番組の編成予定について説明
 ・視聴者からの意見(2018年7月23日~8月19日)を報告
 
5.審議
 〈テーマ〉YBSテレビ「山梨スピリッツ」
      (8月19日 16時55分~17時22分放送/特別編成)
 
委員からの主な意見は以下の通り。
 
◆インターハイで山梨学院高校が優勝して特集で取り上げていたが、この中の「じゃんけんのシーン」(※)は不要であり間延びしてしまった。設定した意味も不明であり、やり方としても他の方法がなかったのか?  この展開をする時間があるならば、選手の人となりや生活ぶりなど他の情報を伝えるべきだ。
一方、「じゃんけんシーン」は或る意味ホッとした。親近感がでた。
※スタジオ出演したゴールキーパーの選手がPK戦等の際にどのような心理の駆け引きをするかを、アナウンサーとのじゃんけんに例えて展開したシーン
 
◆インターハイで優勝するまでの軌跡を紹介するために、当たりをつけて映像を(取材して)用意しておいてほしかった。またチームがインターハイへ出場するいきさつも分からないので、説明があったほうが良い。
 
◆番組全体は焦点をどこに当てれば面白くなるかを良く考えてあった。
 
◆インターハイに続いて「全国高校サッカー選手権」という大会についても触れていたが、サッカーの大会に詳しくない人も沢山いるので、それぞれの違いや性格を説明すべきだ。
 
◆今回の番組は5分延長の特別編成であり、どのような苦労が制作上あっただろうかと思う。
 
◆山梨で生活している視聴者にとっては、チームの選手の出身中学・地域などは気になる。情報として伝えてほしい。
 
◆女子水球の高校生クラブを取り上げていたが番組ではキャプテンばかりを追っていた。他の選手の顔がわかるように、多くの女子高生を描いたほうが良い。
 
◆ヴァンフォーレ甲府の試合結果を伝える際に、時間的には既にゲームは終了して結果が分かっていたため、「残念ながら負けてしまいましたが…」と断って紹介していた。結果は伏せて紹介したほうが良いのではないか。
 
◆スポーツ熱が高まっており、この番組はもっと長くしても良いと感じた。
 
6.次回
 第618回番組審議会は9月26日(水曜日)に開催予定です。
以 上

DSCF4279-2.jpg

DSCF4282-2.jpg

 

1.開催日時
 2018年7月25日(水曜日)午後3時00分~午後4時00分
 
 2.開催場所
 山梨放送本社六階大会議室(甲府市) 
 
 3.出席者
・第60期山梨放送番組審議委員(五十音順/敬称略)
粟井晶子(公益財団法人粟井英朗環境財団理事長)
氏原 敦 (株式会社氏原代表取締役社長)
大谷善邦(一般社団法人共同通信社甲府支局長)
佐野夢加(ロンドン五輪女子陸上日本代表、学校法人駿台甲府学園駿台甲府小学校講師)
野田典彦(JR東京西駅ビル開発株式会社甲府店長)
福田六花 (医師、介護老人保健施設「はまなす」施設長、山梨県老人保健施設協議会会長、トレイルランナー)
丸茂紀彦(山梨県経営者協会会長、株式会社マルモ代表取締役会長)
 
・山梨放送
代表取締役社長・野口英一
取締役相談役・中村一政
編成局長・有泉裕人
報道局長・武井功
ラジオセンター長・石川治
技術局長・飯田圭滋
営業局長・保坂律夫
審議室長・土橋巧
(欠席)
 代表取締役常務・篠原公男
 
4.委嘱・正副委員長互選
審議会に先立ち、野口社長より第60期番組審議委員を委嘱。「県民の代表として、それぞれの立場から意見を伺いたい。山梨放送の番組に、どのような問題、不満があるのかを指摘いただき、直すべきは正していく。みなさんの意見で、県民に喜んでもらえる番組作りに努力する」と挨拶した。
 
続いて第606回番組審議会を開催。 
番組審議会規約に基づき委員長及び副委員長の互選を行い、満場一致で丸茂紀彦委員長、粟井晶子副委員長を選んだ。
 
丸茂紀彦委員長挨拶
「山梨放送は地域を超えて、ある意味、公的な組織であるともいえる。番組審議会は、その中の活動のひとつであり、緊張感をもって対応をしていきたい。各委員の専門的な経験などをもとに一年間、活発な審議を進めたい」
 
粟井晶子副委員長挨拶
「委員の皆様とともに一年間、山梨放送の番組の向上のために努めていきたい」
 
5.報告
・8月期のテレビとラジオの自社番組の編成予定について説明
・視聴者からの意見(2017年7月1-22日)を報告
 
6.次回
第617回番組審議会は8月22日(水)開催予定