って!今日の甲州人!

今日の甲州人は…?

現在、富士川町にお住いの映画監督、矢崎仁司さんです!

 IMG_0365.jpg

矢崎仁司さんは、日本大学芸術学部・映画学科に在学中の1980年、『風たちの午後』で映画監督デビュー。この作品が、16ミリ映画としては異例のヒットとなり、ヨコハマ映画祭自主制作賞ほか、多くの映画賞を受賞しました。

続く第2作、1991年公開の『三月のライオン』は、ベルリン国際映画祭ほか世界各国の映画祭で上映され、ベルギー王室主催ルイス・ブニュエルの「黄金時代」賞を受賞するなど、国際的に高い評価を獲得。その後1995年に、文化庁芸術家海外研修員として渡英し、ロンドンを舞台にした『花を摘む少女 虫を殺す少女』を制作されました。さらに、2006年に発表した『ストロベリーショートケイクス』も、世界各国の映画祭で上映され、バルセロナ・アジア映画祭では「国際審査員特別賞」を受賞。

このほか、2010年『スイートリトルライズ』、2011年『不倫純愛』、2012年『1+1=11(イチタスイチハ・イチイチ)』など、数々の作品を手掛ける中、2014年には、山梨放送開局60周年記念映画で直木賞作家・辻村深月さん原作の映画『太陽の坐る場所』の監督も務めていただきました。今月21日には、待望の最新作『スティルライフオブメモリーズ』が公開されます!

―----------------------------------―----------------------------------―

現在、矢崎仁司映画監督に映画制作を指導していただける映画制作ワークショップ、「富士川日記2018年」参加者を募集しています!こちらの詳細は以下のURLからご確認頂けます。

http://masuho-bunka.jp/ca06/eigaseisaku/

また、最新作 の詳細は以下URLからが確認頂けます。ぜひご覧ください!

http://stilllife-movie.com/

ウェブページ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31