次回予告『子供に化けた狐』

朗読タイトル(2018年10月6日放送)

「子供に化けた狐」(野口雨情)

2016ver_murakami_ana.jpg


朗読アナウンサー

村上幸政 YBSアナウンサー

 

前口上

めっきり秋めいてきた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。朝晩が涼しく、夏の暑かったころに比べると何事も快適にできる良い時期になりましたね。

「読書の秋」と言われるのも、その気候が関係しているのだとか。古代中国の詩に「灯火親しむべし」という言葉があり、「秋の夜は明かりを灯して読書をするのに最適」という意味だそうです。また、20度前後の気温は人間が集中するのに最も適しているというデータもあるようですので、納得。

さて、今回朗読するのは、童謡「赤い靴」や「七つの子」でおなじみの野口雨情の作品「子供に化けた狐」。茨城県出身の野口雨情を、同郷出身の私が読みました。 郷土愛(?)を心に秘めて朗読に挑戦しました。