朗読『拾ったお金』『白いてぶくろ』

2017ver_yoda.jpg

朗読タイトル( 2018/12/15(土)放送 )
『拾ったお金』『白いてぶくろ』(勝村六郎/著)
 
朗読アナウンサー
依田智子 YBSアナウンサー
 
前口上
甲府市にお住まいの児童文学作家 勝村六郎さんの童話「拾ったお金」「白いてぶくろ」を朗読します。勝村さんは、1953年(昭和28年)に創立された「山梨児童文学会」の創立メンバーで、創作活動とともに会の運営にも情熱を注ぎ、山梨の児童文学のために尽力されました。
今回の朗読作品は、勝村さんが教員退職を記念して1988年(昭和63年)に出版された童話集「空よりも広いもの」に収められています。「拾ったお金」は1956年(昭和31年)、「白いてぶくろ」は1953年(昭和28年)に書かれた作品で、読後はどちらも心がほんわかとしてきます。昭和30年前後の子どもたちの様子や家庭の風景を想像しながら、あるいは懐かしみながらお聞きください。
 
朗読本編