次回予告の最近のブログ記事

2016ver_mizukoshi_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/03/25(土)放送 )

『かるい帰り道』

『彦一とサクラの花』

 


朗読アナウンサー

水越千尋YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの水越千尋です。
 
4月を目前に、山梨県内もだいぶ春らしくなってきましたね。
 
早咲きの桜の花はすでに咲いていますが、これから桜に桃に、お花見が楽しみな季節になってきます。
 
今回は「桜」をテーマに2つの作品を朗読しました。
 
主人公の「かしこい彦一」が繰り広げるお話を楽しみながら、春を感じていただけたらと思います。
 
お楽しみに
 

2016ver_unno_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/03/18(土)放送 )

『 塩昆布の茶漬け 』

『 料理の第一歩 』

 


朗読アナウンサー

海野紀恵YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの海野紀恵です。
 
今回朗読したのは、北大路魯山人の『塩昆布の茶漬け』と『料理の第一歩』です。
 
芸術家で美食家だった北大路魯山人。
 
魯山人と聞くと、なんだか「気難しい人」というイメージがありましたが、その著書を読むと、おいしそうなお話ばかり!!
 
なかでも私が一番心ひかれた2作品を選びました。
 
リスナーさんが、お茶漬けを食べたくなるような朗読になっていると嬉しいです!!
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。
 

2016ver_yoda_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/03/11(土)放送 )

『 酒を買いに行くネコ 』

『 大工と鬼六 』
 


朗読アナウンサー

依田智子YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの依田智子です。
 
今週はナビゲーターの私が2つの昔話を朗読します。
 
 
1つ目のお話しは『酒を買いに行くネコ』です。
 
昔からネズミ退治など人の役に立ち、可愛がられてきたネコは昔話にもよく登場します。
 
ただ、年を取って化け猫になって物語が展開されることが多いようです。タイトルからこのネコも化け猫のにおいがプンプンしています。
 
 
2つ目のお話しは『大工と鬼六』です。
 
おなじみの昔話ですが、伝わった地域によってストーリーが違います。今回はインターネットサイト『福娘童話集』のものを朗読しました。
 
お話しの中の歌、メロディーまではわかりませんので全くのオリジナルです。だいぶ調子はずれですがご了承ください。
 
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。
 

2016ver_yoshioka_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/03/04(土)放送 )

『 力比べ 』
 


朗読アナウンサー

吉岡秀樹YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの吉岡秀樹です。
 
今回の朗読は私が担当します。
 
朗読します作品は「福娘童話集」から、インドの昔話『 力比べ 』です。
 
物語の冒頭に登場するのはペルシア(現イラン)の力持ちの男。
 
インドには自分を上回る力持ちがいると言う噂を聞きつけて旅が始まります。
 
注目は登場人物それぞれの「スケール」の大きさ。
 
主人公のペルシアの力持ちは、弁当が「小麦粉10万袋」!! 水を飲もうものなら湖が半分になる程の吸引力!!
 
しかし、物語が進むにつれてこのスケールをはるかに上回る人物の登場や出来事があります。
 
インド人もびっくり(?)の世界観ではありますが、アッと驚く結末が待っています。
 
どうぞお楽しみに!!
 

2016ver_murakami_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/02/ 25(土)放送 )

『 失敗園 』
 


朗読アナウンサー

村上幸政YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの村上幸政です。
 
今回は、私が担当いたします。
 
暦の上では春ということですが、まだまだ寒い日が続きます。
 
「早く春になってくれないかな」「その次の夏が待ち遠しいな」なんて思う今日この頃です。
 
そんな実りの季節が待ち遠しくなるような作品をお届けします。
 
庭で植物を育てている方は、どこか「引っかかる」お話です。
 
そしてあらためて太宰治の感性に感嘆しました。
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。
 

2016ver_elizabeth_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/02/ 11(土)18(土)放送 )


『 シンデレラ 』前編 後編 (2週連続)
 


朗読アナウンサー

ハードキャッスル エリザベスYBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。今回の担当は私、ハードキャッスル エリザベスです。
 
まだ寒い日が続いていますね。皆さん、体調を崩されたりしていませんか?くれぐれもご自愛ください。
 
春までもうしばらくの辛抱、残りの冬を楽しんでいきましょう。
 
さて、今回朗読する作品は『シンデレラ』です。
 
女性なら一度はシンデレラのストーリーに憧れたはず。
 
今回は誰もが知っている、そのシンデレラをもう一度楽しんでいただければと思います。
 
2回(2週連続)に分けてお送りしますので、どうぞごゆっくりお楽しみください。
 

2016ver_mizukoshi_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/02/04(土)放送 )

『 節分の鬼 』
 


朗読アナウンサー

水越千尋YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの水越千尋です。
 
2月3日(金)は「節分」ですね。皆さんはどう過ごされますか?
 
豆まきをしたり、恵方巻きをほおばったりする節分の楽しい風習、私は子どもの頃から大好きです。
 
今回は家内安全を願う伝統行事「節分」にスポットをあてた昔話を選びました。
 
おじいさんと鬼とのやりとりにほっこりできるお話です。
 
ぜひご家族でお楽しみください
 
お楽しみに。
 

2016ver_kato_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/01/28(土)放送 )

『 人食い和尚 』
 


朗読アナウンサー

加藤響子YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの加藤響子です。
 
寒い日が続いていますが、風邪やインフルエンザにかかったりしていませんか?
 
手洗いやマスクなどで予防してくださいね。
 
 
2017年になって、1月が終わろうとしています…。
 
私、今年は一日一日を大切にしようと意気込んで始まりましたが、毎日があっという間に過ぎていきます。
 
 
さて、今回私が選んだ作品は『人食い和尚』です。
 
現実には起こり得ないような、ユニークな内容です。
 
ちょっとした主人公の台詞や感嘆詞にも、より感情を込めて読みました。
 
 
ホッと一息ついた時などに、クスッと笑ってもらえたら幸いです。
 
よろしければ、ぜひ。
 
お楽しみに。
 

2016ver_sakurai_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/01/21(土)放送 )

『 鍋料理の話 』



朗読アナウンサー

櫻井和明YBSアナウンサー


前口上

皆さん、こんにちは。YBSアナウンサーの櫻井和明です。
 
「大寒」を過ぎ、ますます寒さがつのる、今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
 
寒さは苦手…とはいえ、一方で、寒いからこそ美味しくなるのが、そう!!「鍋料理」ですよね!!
 
すき焼き、おでん、石狩鍋、etc。私は、母が作ってくれた「鶏の寄せ鍋」が大好きです。
 
そこで今回は、20世紀を代表する芸術家で言わずと知れた“美食家”北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)の随筆『鍋料理の話』を朗読します。
 
北大路魯山人、曰く「鍋料理の魅力とは、献立から食べるところまで、すべて自分で手間をかけ、工夫できるところにある。材料はもちろん、だし、タレ、さらに材料の盛り方にまでこだわらなくてはならない」とのこと。
 
皆さんも、北大路魯山人ならではの、鍋の“考察”を参考に美味しい鍋で温まりましょう!!
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。
 
 

2016ver_yoshinaga_ana.jpg

朗読タイトル( 2017/01/07(土)放送 )

『 とり年生まれ 』 『 まさかの話 』



朗読アナウンサー

吉永龍司YBSアナウンサー


前口上

新年あけましておめでとうございます。
 
YBSアナウンサーの吉永龍司です。
 
今年もYBSラジオ『ラジオ図書室』を宜しくお願い致します。
 
今回は福娘童話集から『とり年生まれ』『まさかの話』の2つのお話しを朗読します。
 
2017年は酉年ということで、新年に相応しいお話しの『とり年生まれ』は、主人公の吉四六(きっちょむ)という男のお陰で、村人達はピンチを切り抜ける事ができます。
 
彼の「とんち」の利いたアイディアで難を逃れていく様子は、聞くだけで今年の「厄除け効果」があるかもしれませんよ。
 
ぜひお聴きください。
 
お楽しみに。