次回予告の最近のブログ記事

朗読タイトル(2018年8月18日放送)

「風の子ふう太郎」

2017ver_yoda.jpg


朗読アナウンサー

依田智子 YBSアナウンサー

 

前口上

今週のラジオ図書室はナビゲーターの依田智子が、沢鳥一郎作「風の子ふう太郎」を朗読します。
いたずらっ子の「ふう太郎」の成長物語です。
 
この作品は、笛吹市石和町にお住いの沢登清一郎(筆名・沢鳥一郎)さんが書かれた童話です。沢登さんは山梨児童文学の会の代表を務めています。
 
山梨児童文学の会では、毎月1回、13人の会員の皆さんとそれぞれが書いた作品を合評しています。また年に1回、会員たちの作品を掲載した同人誌を発行しているそうです。
 
ぜひお楽しみに・・・。
朗読アナウンサー
2017ver_unno_ana.jpg
 
海野紀恵 YBSアナウンサー
 
 
7月7日の放送から、太宰治『新樹の言葉』を朗読しています。
甲府を舞台にした物語で、「舞鶴城」や「柳町」という今でも実在する場所や地名が登場します。
この物語を読み、実際に散歩してみたい…。そんな気持ちになる物語です。
 
是非お楽しみください。

2017ver_elizabeth_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/6/ 30(土)放送 )


「後悔する意味」
 


朗読アナウンサー

ハードキャッスル エリザベスYBSアナウンサー


前口上

サンクチュアリ出版「犬が伝えたかったこと」から「後悔する意味」を読ませていただきました。

自他ともに、認める犬好きの私。

自分が最初に犬を飼い始めたときに感じたことを思い出す作品で、そばにいてくれている愛犬をもっと大切にしたいと思わせてくれます。

かわいいだけではなく、しっかり面倒もみてあげないといけないワンちゃん。

ただ短いその寿命をどれだけ愛情を注いであげられるのか、最後までその小さな命と向き合い一緒に生活をしていかなければいけません。

 

ほろりと涙してしまう作品です。ぜひお聞きください。

 

2017ver_yoshioka_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/06/23(土)放送 )

『 くさったリンゴ 』

 

朗読アナウンサー

吉岡秀樹 YBSアナウンサー


前口上

今回の朗読は吉岡秀樹が担当します。
 
作品は福娘童話集から、アルゼンチン童話の『くさったリンゴ』です。
 
 
奥さんに促された旦那さんが街の市場に行き、飼っていた馬を物々交換しようというところから物語がはじまります。
 
「わらしべ長者」をはじめ多くの物語は、交換する度にものが良くなるのがおなじみですが、このくさったリンゴは交換するたびに価値が低いものに変貌するのが特徴です。
 
 
しかし、最終的には夫婦に大きな幸せが飛び込んできたのでした。
 
つつましい生活を送る夫婦の間で起こった心温まるお話をお楽しみください!
 
 

2017ver_kato_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/03/03(土)放送 )

『 小ウサギの商売 』/  福娘童話集

 

朗読アナウンサー

加藤響子 YBSアナウンサー


前口上

山梨も梅雨入りして、この時期らしい陽気がつづいております。
 
 
部屋の中で過ごすことが多くなるこの季節。
 
昔懐かしい童話を聴きながら一笑い、なんて時間を過ごすのはいかがでしょうか。
 
今回お送りするのは、ずる賢い小ウサギがいろんな動物をだまして金儲けをするという内容です。
 
私はこの作品を読んだとき、この小ウサギはとても頭のいい賢いウサギだなと感じました。
 
ただ、誰かを騙して自分が得をするのはいけないことだな、とも感じさせてくれます(笑)
 
 
ぜひ、お聞きください。
 

2017ver_hayashi_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/6/9(土)放送 )

『 あまのじゃく比べ 』
『 シンドバッドの冒険 』

 

朗読アナウンサー

林 輝彦YBSアナウンサー


前口上

入社2年目になりました。
山梨放送アナウンサーの林輝彦です。
今年度も、宜しくお願い致します。

さて、ここ最近、日中の気温が30℃を超える日があります。
皆様、体調はいかがでしょうか。
山梨に来て2年目、まだまだ、山梨の気候に驚かされます。

さて、突然ですが、皆さんは普段の生活で、どれくらい「知恵」を絞っていますか?

今回の2作品は、違った観点から、暑さも吹き飛ぶような驚きの「知恵」をご覧いただけます。

是非、お聞きください。

2016ver_murakami_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/06/02(土)放送 )

『 肉鍋 』

 

朗読アナウンサー

村上幸政 YBSアナウンサー


前口上

今回は、村上が担当いたします。
 
 日中、突然気温が上がったり、
 朝晩冷え込んだりという日が続きますが、
 みなさんは体調を崩したりしていませんか?
 
 私は「体力をつけなければ」の一心で、
 お肉を食べるというなんとも短絡的な考えのもと
 過ごしております。
 おかげで体の蓄えは順調に進んでいますが。。。
 
 そんな中、青空文庫を漁っていて
 目に飛び込んできた作品を紹介いたします。
 
 美味しいお肉を食べる様子が書かれているのかと思いましたが、
 最後は意外な考察に。
 もちろん、読み終わった時には「肉鍋」を食べたくなっていることに
 違いはありませんが。
 
 お聴きください。
 

2017ver_sakurai_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/02/17(土)放送 )

『 ベースボール 』

 

朗読アナウンサー

櫻井和明YBSアナウンサー


前口上

風薫る5月・・・

のハズが、すでに7月頃の暑さの日も多く、今年は夏の到来が早そうですね。

今のうちにちょっとでも体を動かし、汗をかくことに慣れておきたいと思いつつ、なかなか実践に至らない、ダラけた日々を過ごしております。

 

そんな中、海を渡り、大リーグ・エンジェルスで“二刀流”として大活躍している大谷翔平選手からは、夢と勇気と「元気」をもらっています。

連日、彼が活躍したニュースを見るたび、スカッと爽快になって、あたかも自分自身がヒーローになった気分!野球の神様=ベーブ・ルース以来となる『2桁勝利&2桁ホームラン』なるかどうか、ますます目が離せません。

 

ところで、今日・26日は「ラッキーゾーンの日」ってご存知でしたか?

1947年(昭和22年)の今日、阪神甲子園球場に「ラッキーゾーン」が設置されたんですって。

高校野球を始め、数々のドラマを生み出してきた「ラッキーゾーン」。テレビやラジオにかじりついて、夢中で野球実況に耳を傾けていた小学生時代。現在の仕事の礎は、きっと、あの頃にあったんだろうなぁ・・・。

 

そこで今回、野球大好きな私が「ベースボール」を朗読します。

野球を愛し、文学を通しても野球の普及に務めた文人・正岡子規の随筆です。

お楽しみください!

 

2017ver_izumi_ana.jpg

朗読タイトル( 2018/05/05(土)放送 )

『 毒の粉 』

 

朗読アナウンサー

和泉義治YBSアナウンサー




前口上

担当は、和泉です。

新緑まぶしい5月になりましたね。

皆様、GWはどのように過ごしていますか?

ご家族でお出かけでしょうか。

ゆっくりお過ごしでしょうか。

 

GWが終わって、13日(日)は、母の日です。

家族のことを考えたり、一緒に過ごす時間が

長くなる時期でもありますよね。

 

そこで、今回選んだのは、嫁と姑の昔話「毒の粉」です。

姑にいじめられ続けた嫁。

我慢の限界に達した嫁がとった行動で、2人は…

 

嫁姑問題の昔話。

ぜひ、ご家族でお楽しみください。

 

2017ver_yoda.jpg

朗読タイトル( 2018/04/07(土)放送 )

『 売り声 』
『 家が栄える、おまじない 』

 

朗読アナウンサー

依田智子 YBSアナウンサー


前口上

皆様、こんにちは。YBSアナウンサーの依田智子です。
 
今週はナビゲーターの私が、楽しい昔話『きっちょむさん』のお話を朗読します。
 
一つ目のお話しは『売り声』です。
 
大きな売り声をあげて、ものを売り歩いている人の後を、「きっちょむさん」もやはり大きな声をあげて売り歩くのですが、売り声を続けて聞くと…あれれ!?というお話です。
 
もう一つのお話しは『家が栄える、おまじない』です。
 
先祖代々、田畑や山をたくさん持っている金助さんですが、金助さんの代になってから、なぜか、財産が減り続けていました。
 
どうすれば良いか、金助さんから相談されたきっちょむさんは、「おまじない」を教えると言います。
 
金助さんの家は、豊かになるのでしょうか。
 
人生の教訓にもなる「きっちょむ話」です。
 
どうぞお楽しみに。