8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。今回は、今年の冬から実施されます登山届の義務化について、県観光資源課の増子剛史さんに伺います。
 
小松アナ:登山届の義務化について教えてください。
増子さん:県では、登山の安全を確保するため、登山の届出などを定める「山梨県登山の安全の確保に関する条例」を平成29年に制定しました。この条例では、登山をされる方の責任として、「登山に伴う危険を回避すること」「必要な装備などの準備をして、計画的に登山していただくこと」「登山しようとする山の知識を持っていただき、登山計画を作成していただくこと」などを定めています。
 
小松アナ:危険を避けるためにも事前の準備や山の知識が必要なんですね。 
増子さん:登山の届出は、年間通して提出していただく「努力義務」と、登山する際に特に危険が増す12月から翌3月までの厳冬期と呼ばれる期間に提出していただく「義務」があります。
 
小松アナ:登山の届出の「努力義務」と「義務」の違いはなんですか?
増子さん:「努力義務」は、「提出するように努めてください。」という意味です。努力義務は、富士山六合目よりも上を目指して登山される方や、八ヶ岳、南アルプスの一部の山域に登山される方が対象となります。そして「義務」は、「絶対に提出してください。」という意味です。厳冬期にあたる12月1日から翌3月31日の間は、富士山3,000m、概ね8合目以上や、八ヶ岳、南アルプスの一部の山域に登山する際は、登山届の提出が義務化されます。努力義務や義務の詳細な範囲などは、山梨県観光資源課のHPでお知らせしています。富士山や南アルプス、八ヶ岳以外に登山される方も、安全な登山をしていただくために登山の届出をお願いしています。
 
小松アナ:登山届はどのように作成すればよいのでしょうか?
増子さん:登山届は、名前や住所、年齢の他、登山の期間や行程、携行する装備品や食料、緊急時における連絡先などを記入していただきます。書式は山梨県警のHPからダウンロードできますのでご活用ください。またパソコンやスマートフォンで簡単に登山届の作成から提出までできるオンライン登山計画システム「コンパス」が便利ですので、こちらもご活用ください。
 
 
次回は、「山梨百名山」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。今回は山梨で開発された新品種きのこ、「山梨夏っ子きのこ」について県森林環境部林業振興課の柘植賢二さんに伺います。
 
小松アナ:「山梨夏っ子きのこ」はどんなきのこですか?
柘植さん:「山梨夏っ子きのこ」は、山梨らしい新たな特用林産物として、県森林総合研究所が開発したブランドきのこです。特用林産物とは、森林で生産されるもののうち、木材以外の全てを指します。キノコ類をはじめ、くりなどの樹実類、たらの芽、わさび等の山菜類、木炭類、竹類など多岐にわたり、農山村地域の経済を活性化させる大切な収入源になるんです。「山梨夏っ子きのこ」はクロアワビタケの新品種で、「暑い山梨の夏に、元気に育ったきのこ」をイメージして名付けました。クロアワビタケは、沖縄から台湾にかけて自生するきのこで、ヒラタケやオオヒラタケの仲間です。味はヒラタケによく似ているので、癖もなく何の料理にでも利用できます。一番の特徴は食感で、名前のとおりアワビに似ていて歯ごたえがあります。産地が限られているため、希少性も高く、夏場でも収穫できます。また、普通のきのこよりも日持ちが良いため、冷蔵庫で2週間ほど保存することもできます。県内では2年前から各地で栽培が始まり、山梨市のJAフルーツ直売所や、北杜市白州・山の水農場きのこ専門店、市川三郷町のみたまの湯JA西八代「のっぷい農産物直売所」などおよそ10か所で販売しています。
 
小松アナ:「山梨夏っ子きのこ」をいただけるイベントがあるそうですね? 
柘植さん:8月18日に、山梨市三富の峡東森林組合みとみ直売所において、「特用林産フェア!inみとみ」が開催されます。「山梨夏っ子きのこ」の販売、試食のほか、レシピの配布も行います。
 
小松アナ:山梨夏っ子きのこを試すチャンスです。8月18日(日)午前11:00~午後2:00まで、山梨市三富の峡東森林組合みとみ直売所の「特用林産フェアinみとみ」にお出かけください。
 
柘植さん:県のホームページで、山梨夏っ子きのこの栽培マニュアルや、美味しい調理方法、販売店情報なども公開していますので、是非こちらもご覧ください。
 
次回は、「登山届義務化」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。8月11日に第4回「山の日」全国大会が山梨県内で開催されます。今回は今年の6月に登録された甲武信ユネスコエコパークについて、県みどり自然課自然公園担当の上杉浩一さんに伺います。
 
小松アナ:ユネスコエコパークについて教えてください。
上杉さん:ユネスコエコパークとは生物圏保存地域のことで、1976 年にユネスコがはじめました。世界遺産が、手つかずの自然を守ることを原則とする一方、ユネスコエコパークは、自然と人間社会の共生が目的です。登録総数は、124か国、701地域。「甲武信」は、国内10 か所目の登録となり、県内では、2014年の「南アルプス」に次いで2カ所目です。
 
小松アナ:甲武信とはどのような環境なのですか? 
上杉さん:甲武信ヶ岳、金峰山、雲取山等の日本百名山に挙げられる山々が連なる奥秩父主稜を中心に、荒川、多摩川、笛吹川、千曲川源流部及びその周辺地域をエリアとしています。この地域は、山岳や森に加えて御岳昇仙峡等の渓谷など四季折々に彩りを変える日本的で素朴な美しい自然に恵まれており、首都圏近郊にありながら、貴重な生態系が広く保全されています。また、民俗芸能が保全・伝承され、山岳・神社信仰にまつわる多様な文化が、今もなお息づいている地域でもあります。さらに首都圏や周辺地域の水源域でもあり森づくりや自然保護等に取り組む団体や事業者、地域住民も多いことも特徴です。
 
小松アナ:今回登録されたことで今後どのような効果が期待できますか?
上杉さん:今回の登録を契機に、それぞれの地域において、教育や研修、エコツーリズムなどを通じた、保全活動の担い手の育成、自然と人間社会との共生に関する取り組みが一層活発になることが期待されます。また、世界的な評価を受けたことで、農林産物等の販売の促進のほか、観光面においても、これまで以上に多くの観光客が訪れることを願っています。
ユネスコエコパークへの登録はゴールではなく、スタートです。引き続き、ユネスコエコパークの理念である自然環境の保全と地域資源の持続可能な利活用に向けて、活動を推進していきます。
 
次回は、「山梨夏っ子きのこ」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は、山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。県土の78%を森林が占める山梨県では「林業の担い手を確保」するため、様々な取り組みを行っています。詳しいお話を県森林環境部林業振興課の青山将英さんに伺います。
 
小松アナ:林業の新規就業者は毎年どのくらいいるのでしょうか?
青山さん:ここ数年は、毎年50人ほどの方が、新たに林業に携わっています。
 
小松アナ:担い手を確保するために、県ではどのようなことを行っていますか? 
青山さん:山梨県林業労働センターと連携し、都内や甲府市内で開催される就職説明会で、林業へ就業を希望する方にガイダンスを行っているほか、センターでは就業希望者の募集を随時行っています。今年度は新たに、山梨の林業の魅力を多くの方に知っていただくため、林業体験ツアーやインターンシップを実施します。林業体験ツアーは9月と11月に実施の予定です。興味をお持ちの方は、ぜひ、ご参加いただければと思います。また、就業した方が、現場で安心して働けるように、労災保険の掛け金や、蜂刺され対策のアレルギー検査、林業に関わる資格取得などの費用に助成を行っています。
 
小松アナ:それ以外に研修制度などもあるんでしょうか?
青山さん:林業への就業を本格的に考えている方には、毎年5月頃、林業の基礎知識やチェーンソーの使い方のほかに、就業や生活の相談などを行う無料の研修を受けてもらうことにより、林業への円滑な就業を支援しています。また、就業してからは、県の森林総合研究所などで林業に関する様々な研修を行っており、知識や技術を向上させることが出来ます。今の林業は、木の伐採や丸太の積み込み、運搬などで専門の機械を使うので、このような機械の使い方についても研修を行っています。
 
次回は、「甲武信ユネスコエコパーク」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は来年7月に開幕する「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をテーマにお届けします。今回は、「1年前記念イベント」について県オリンピック・パラリンピック推進課の清水愛美さんに伺います。
 
小松アナ:東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて全国で記念イベントが催されていると伺いました。
清水さん:7月13日~8月9日までをオリンピックの、8月12日~9月12日までをパラリンピックの「1 Year to Go!/開催まであと1年!」期間と位置付け、全国で参加型イベントやプロジェクトが実施されています。山梨県でも7月27日(土)に「イオンモール甲府昭和」において、「東京オリンピック・パラリンピックに向けた1年前記念イベント山梨ステージ」が開催されます。
 
小松アナ:ステージイベントや展示、体験ブースもあるそうですね。
清水さん:特設ステージでは高校総体での優勝経験もある日本航空高校空手道部が、東京2020オリンピックで初めて正式種目に選ばれた空手の演武を行います。また、大会マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」によるダンスショーや、ゲストに元アーティスティックスイミング日本代表の青木愛さん、県のロードレースアドバイザーの今中大介さんを迎えたラジオの公開生放送なども予定しています。「ミライトワ」と「ソメイティ」のダンスショーの後は、ふたりと握手できるチャンスもあるんです。展示コーナーでは、レース仕様自転車の展示や公式マスコット特大ぬいぐるみと一緒に撮影できるフォトコーナーなどを設けます。体験ブースでは、自転車を自分でこいで、オリンピック記録に挑戦する「自転車スピードチャレンジ」を設置します。また、トリックアートフォトコーナーやパラリンピック競技種目のボッチャ体験コーナーもあります。その他、会場内でアンケートに回答していただければ、先着で東京2020大会グッズをプレゼントします。
 
小松アナ:大会種目を体験すれば、東京オリンピック・パラリンピックが1年後にやってくることを実感できますね。
清水さん:ステージのスケジュールなどイベントの詳細は、県オリンピック・パラリンピック推進課のホームページをご覧ください。来年に迫ったオリンピックを身近に感じることができるので、ぜひ多くの方にお越しいただきたいと思います。
 
小松アナ:東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた1年前記念イベント山梨ステージは7月27日(土)午前11時~午後4時まで。会場はイオンモール甲府昭和のさくら広場及びほたる広場です。
 
次回は、「林業の担い手対策」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は来年7月に開幕する「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をテーマにお届けします。今回は、自転車競技ロードレースのおよそ1年前となる今度の日曜日に開催されるテストイベントについて、山梨県東京2020オリンピック自転車競技ロードレースアドバイザー、今中大介さんに伺います。
 
小松アナ:ロードレースアドバイザーについてお聞かせください。
今中さん:大会成功とレガシー創出に向けたアドバイス、県広報誌、広報TV番組及び県内イベントなどへの出演による機運醸成に取り組んでいます。
 
小松アナ:山梨県もコースの一部になっている東京2020オリンピック自転車競技ロードレース、今中さんからみた「お楽しみポイント」を教えてください。
今中さん:東京都の武蔵野の森公園をスタートし、神奈川県を通過して道志村に入ります。そして山中湖村を経由し、静岡県内の富士スピードウェイでゴールする、というコースです。コースの総距離は男子約244km、女子約47km、スタートからゴールまでの上った高さの合計は、男子で約4,865mとなり、起伏の激しい難易度の高いコースとなっています。日本を象徴する富士山を臨みながら、面白いレース展開が期待できると思います。
 
小松アナ:7月21日(日)にテストイベントがあるそうですね?
今中さん:実際に本大会の一部区間を除くコースをナショナルチームや国内チームがおよそ189Km走って、コースの安全対策や、時計・計測機器、道路制限や救急体制などを確認する、本番に向けて大事なイベントです。この機会に自転車競技ロードレースの迫力を間近で体感してください。ぜひ観に来てください。
 
小松アナ:このテストイベント中は、順次交通規制が行われます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。交通規制情報、迂回路情報の詳細は、山梨県オリンピック・パラリンピック推進課のホームページをご覧下さい。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は来年の7月に開幕する「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をテーマにお届けします。今回は、山梨県もコースの一部になっている「自転車競技ロードレース」について、県オリンピック・パラリンピック推進課の古屋公將さんに伺います。
 
小松アナ:自転車競技ロードレースは、どのような競技なんでしょうか?
古屋さん:自転車競技には、競技場内の周回コースで行われるトラック競技と、一般道を走るロードレースがあります。今回、東京2020オリンピックで、山梨県で開催されるのは、このロードレースです。男女とも東京の武蔵野の森公園をスタートし、静岡県の富士スピードウェイがゴールで途中、道志村と山中湖村を通過します。今回の東京2020オリンピック自転車ロードレースには、男女合わせて世界各国の200人の選手が参加予定です。一見、個人競技に見えますが、実際には、各チームがエースを勝たせるために、他の選手がアシスト役となるなど、団体競技としての側面があります。
 
小松アナ:魅力はどんなところでしょう?
古屋さん:まず一つは美しい風景です。一般道を走るので、変化に富んだ沿道の景色も魅力のひとつです。レース中継の映像では、走る選手だけでなく、美しい風景もたくさん映し出され、画面をみているだけで、まるで旅行しているかのような気分になれます。今回のオリンピックでも、道志川渓谷、山中湖周辺、そして富士山といった、山梨県内の美しい風景が全世界に中継されることになります。そしてもう一つは「駆け引き」の魅力です。路上のチェスとも称される自転車ロードレース。時速40~50km以上のスピード走行する自転車ロードレースでは、空気抵抗の影響が非常に大きく、ペダルを踏んで生み出されるエネルギーのうちの多くが、空気抵抗に相殺されてしまうため、空気抵抗との戦いといっても過言ではなく、レースでは、いかに空気抵抗を受けないようにするか、戦略を持ってレースに挑まないと勝つことはできません。各チームがチーム内で、もっとも強いエース級の選手を勝たせるために、残りの選手がアシストとなり、エースの前を走り、風よけとなってエースが空気抵抗を受けないようにします。アシストの献身的な働きがあるからこそ、力を温存したエースが、勝負どころで、前に出て勝利を狙うことができます。そのような駆け引きを観るのも自転車ロードレースの醍醐味です。
 
小松アナ:そんなにエキサイティングな競技が山梨で観られるなんて、今からとても楽しみです!
古屋さん:ロードレース、男子は来年の7月25日(土)、女子は7月26日(日)に行われます。ぜひ、熱い応援をお願いします。
 
次回は「オリンピック自転車競技ロードレーステストイベント」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は来年の7月に開幕する「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」をテーマにお届けします。今回は、「オリンピック聖火ランナー募集」について、県オリンピック・パラリンピック推進課の清水愛美さんに伺います。
 
小松アナ:聖火リレーの概要について教えてください。
清水さん:東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトは「Hope Lights Our Way/希望の道を、つなごう。」です。オリンピック聖火は、2020年3月26日に福島県を出発し、日本全国を121日間かけて巡ります。多くの人々が沿道に応援に行けるルートを設定しており、世界遺産や名所・旧跡・地域の人々に愛されている場所など、各地域の魅力溢れる場所で聖火リレーを実施することで、日本各地の魅力を国内外に発信していきます。
 
小松アナ:山梨のルートは?
清水さん:山梨県の聖火リレーは、2020年6月27日(木)から28日(金)の2日間に実施されます。南部町から出発し、北杜市で八ヶ岳を望みながらリレーした後、甲府市で1日目が終了します。2日目は笛吹市から出発し、甲州市などをリレーして、富士吉田市を目指します。また、1日目の甲府市と2日目の富士吉田市では、聖火の到着を祝うセレブレーションが開催される予定です。
 
小松アナ:何人ぐらいの方がランナーになれるのでしょうか?
清水さん:ランナーは全国でおよそ1万人。山梨県ではおよそ160人を予定しています。1名あたりの走行距離はおよそ200メートルで、走行時間は約2分間です。
 
小松アナ応募方法などを詳しく教えてください。
清水さん:一人あたりの応募可能回数は計5回です。県の実行委員会あてに1回、プレゼンティングパートナーである4社宛に各1回ずつ応募できます。山梨県実行委員会では、8月31日(土)まで聖火ランナーを募集しています。応募の基本要件は、2020年度において中学1年生以上の方で、現在山梨に住んでいる、所属する学校や職場が山梨にあるなど県内市町村にゆかりのある方です。応募は、県実行委員会ホームページの応募フォームに必要事項を記入するか、各自治体等で、配布している所定の応募用紙を実行委員会あてに郵送してください。詳しくは、県実行委員会のホームページ、または県実行委員会聖火リレーサポートデスク (℡055-234-5011)までお問い合わせください。
 
次回は「自転車競技ロードレース」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
6月は「食育」をテーマにお届けしています。今日は今週末にひらかれる「食育推進全国大会」について、前回に引き続き、県消費生活安全課の渡邊悠美さんに伺います。
 
小松アナ:6/29(土)、30(日)に開催される「食育推進全国大会」ですが、イベントについて詳しく教えてください。
渡邊さん:第14回食育推進全国大会は、県と農林水産省、甲府市との共催でアイメッセ山梨や甲府駅北口周辺において、シンポジウムや講演会、ステージイベントなどが行われます。まず、目玉となるのが著名人による講演会です。さかなクンによる特別講演「ギョギョッ 山梨のおいしいお魚のお話し」や服部幸應先生による基調講演「郷土食の再生からの新たな展開」。石田ひかりさんによる、食品ロス削減トークショー。さらに自転車競技の今中大介さんとモデルでアスリートフードマイスターの資格を持つ日向涼子さんによる「食とスポーツ アスリートトークショー」や、元競泳選手・萩原智子さんのトークショー、ヴァンフォーレ甲府現役選手による食育トークショーなども催されます。
 
小松アナ:体験型のイベントも充実しているそうですね?
渡邊さん:先週ご紹介した「やまなしの食」振る舞いタイムをはじめ、スイートコーン収穫体験ツアーなどがあります。ほかにも「味覚チェック」ですとか、幼児向けの人形劇、健康寿命を延ばす食育セミナーなど、子どもから大人までご満足いただける内容が盛りだくさんです。
 
小松アナ:ブースもたくさん出るんですよね?
渡邊さん:メイン会場のアイメッセ山梨では140を超えるブースが出展されます。また屋外は飲食などを楽しんでいただける販売エリアとなっていて、おいしい食べ物も買うことができますよ。
 
小松アナ:メイン会場のアイメッセ山梨、サブ会場の甲府駅北口周辺の両方に行くことで、何か特典があったりしますか?
渡邊さん:はい。当日はスタンプラリーを行います。両会場で、スタンプを集めていただき、抽選に参加いただくと、「もも」や「甲州地どり」「有機栽培の野菜」といった本県特産の農畜産物など、すてきな景品が当たるかもしれません。2日間でたくさんの食にまつわるイベントがありますので、講演の時間などの詳細は、「第14回食育推進全国大会inやまなし公式ホームページ」をご確認ください。
 
次回は「聖火リレーランナー募集」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
6月は「食育」をテーマにお届けしています。今回は去年9月に、やまなしの郷土食の中から次世代に継承したいものを選んだ「やまなしの食」についてご紹介します。県消費生活安全課の渡邊悠美さんに伺います。
 
小松アナ:「やまなしの食」について詳しく教えてください。
渡邊さん:貴重な食文化を次世代に引き継いでいくため、県内の郷土料理のうち、特に次世代に残したい167品目を「やまなしの食」として認定しました。その中から代表的な47品目を、「特選 やまなしの食」に選定、県民の皆様等によく知ってもらうため、懸賞付きのクイズを実施したりしました。この「特選 やまなしの食」は、県のホームページでも紹介しています。
 
小松アナ:「やまなしの食」が今月末の「食育推進全国大会」で味わえるチャンスがあるそうですね?
渡邊さん:6月29日(土)、30日(日)に開催される食育推進全国大会の中で、これらの「やまなしの食」を多くの方に知ってもらうため、「やまなしの食」振る舞いタイムを設けて、無料で試食をしていただけます。場所はアイメッセ山梨屋内展示場です。時間は両日とも10:30~12:00、14:30~16:00の2回です。29日(土)は、小豆ほうとう、さんまめし、うすやき、おしゃかこごり、いも煮汁。30日(日)は、みみ、甘納豆のお赤飯、ビスケットの天ぷら、じゃがいもとひじきの煮物、茂倉瓜の冷や汁などをご用意しております。ぜひ「食育推進全国大会」にお越しいただき、味わってみてください。
 
次回は「食育推進全国大会」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。