今月は、去年12月に策定されました山梨県総合計画について、4回に渡りお伝えします。2回目は「人口の将来展望、人口ビジョン」について地域創生・人口対策課の中村直樹さんに伺います。
 
小松アナ:現在の山梨県の人口の現状について教えてください。
中村さん:いま、山梨県の総人口は81万1千人で、2000年の89万人をピークに年々減少しています。人口が減る要因には、死亡の数が出生の数を上回る「自然減」と、転出の数が転入を上回る社会減がありますが、2018年には、4,359人の自然減、2,454人の社会減となりました。このように、近年は、社会減と自然減がともに進行しています。注目すべき点は、就職期の若者、特に女性の県外転出が転入を大きく超えていることでして、これが県内で生まれる子どもの減少につながり、人口減少に拍車をかけているものと考えられます。
 
小松アナ:このままの現状が続くと将来的にはどうなってしまうのでしょうか?
中村さん:このままの傾向で、若者や子どもの世代がどんどん減っていきますと、地域の活力や、産業・経済の元気が失われていき、「暮らしにくさ」と「先行き不安」からさらなる人口流出につながるなど、人口減少の悪循環が拡大してしまうおそれもあります。そこで、今後の方向性としては、「女性活躍の推進」、「教育・子育て環境の充実」、「地域経済の底上げによる豊かな山梨の創造」の3つに重点を置いて、女性を中心とした若者や子育て世代をつなぎとめ、また、都会から山梨を目指していただけるように対策をとっていく必要があると思います。
 
小松アナ:人口減を食い止めるための山梨県のポテンシャルはどのくらいあるのでしょうか?
中村さん:山梨には、たとえば、暮らしに時間的・経済的なゆとりがある、仲間とのつながりが強い、子育てしやすい、都心にも短時間で行ける、といった強み、ひとことで言うと「やまなしライフの魅力」があります。これは、県外の人々にも十分アピールできる力を秘めていると思います。また、2020年代は、東京オリンピック・パラリンピックの開催、中部横断自動車道の南部区間の開通、リニア中央新幹線の開業など、本県にとって新たな人の流れを引き込む絶好の機会に恵まれています。将来的には、リニア中央新幹線が東京・名古屋・大阪の三大都市圏を結ぶことで、人口6千万人を抱える世界最大の大都市圏「スーパー・メガリージョン」が形成されていく、といわれています。山梨もその一部として、都市の活力を引き込みながら発展していけるポジションにあります。このように、山梨の持つポテンシャルは非常に大きいと考えています。今後山梨に訪れるチャンスをしっかりとつかみとるためにも、県民の皆様や企業・団体の皆様と問題意識を共有し、皆様とのパートナーシップのもと、就職期の若者や子育て世代の転入促進、暮らしやすい豊かな山梨の創造などの重要課題に取り組んでいきたいと考えています。
 

clover clover clover

 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は、去年12月に策定されました、これから山梨県が目指す姿を示し、県政運営の指針となる総合計画について、4回に渡りお伝えします。初回は総合計画の基本的な考え方について政策企画課の進藤聡さんに伺います。
 
小松アナ:県の取り組みの設計図とも言える総合計画の基本理念について教えてください。
進藤さん:全国的にそうですが、山梨県も、人口が減り、少子高齢化が進んでいます。その中で、地域経済や県民生活に関わる様々な課題に取り組んでいかなければなりません。その一方で、リニア中央新幹線など、県民の生活に豊かさをもたらす可能性がある国家規模のプロジェクトも進行中ですし、AI、IoTなどの情報通信技術が急激に進化していて、世界的に第4次産業革命と言われる大きな変化が生まれつつあります。今、この大きな変化、機会を県民の生活に結びつけ、未来に向けて「前進」する取り組みが求められています。この計画では、目指すべき姿を『県民一人ひとりが豊かさを実感できるやまなし』として、一人一人が抱く夢や希望が実現される県、もっと豊かさを実感できる県を目指しています。
 
小松アナ:そんな豊かさを感じるための取り組みの方向性は?
進藤さん:まず、ベースとして、経済的な豊かさを維持・向上させていくことが必要です。そのため、時代に対応した付加価値の高い産業の振興に取り組んで、県内経済の活性化を図っていきます。そして、将来の山梨を創っていく世代が、個性を生かしながら地域で活躍できる人材となるように、次代を担う若者への大胆な投資を行って、幼児教育から学校教育、学び直しの場まで、様々な学習の場を提供していきます。また、年齢とか、性別、障害や疾病の有無、国籍、子育てや介護などの家庭の事情などに関わらず、誰もが、生涯を通じて活躍でき、生きがいを感じることができる社会づくりを目指します。さらに、保健・医療・福祉の充実や、自然環境と調和した持続可能な社会への転換、産業や生活を支える基盤となる各種インフラの整備、良好な生活環境やコミュニティづくりなどを進めることとしています。現在の山梨県の最も重要な課題である人口減少については、こういった施策を積み重ねた結果がその対策となると考えています。経済が活性化し、将来を担う人材が育ち、誰もが活躍する場があれば、山梨が最も住みやすい場所となりで、人口減少の流れを変えて行こうと考えています。

 

clover clover clover

 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は「環境」をテーマにお送りします。空気が乾燥するこの時期、怖いのは火災ですね。今回は山林火災について森林整備課の新海創士さんに伺います。
 
小松アナ:冬は森林火災が多くなるのでしょうか?
新海さん:冬は下草が枯れ、落ち葉が積もって森林の中が燃えやすい状況になっています。もちろん、空気が乾燥して強風が吹きやすいなどの自然条件もあります。そういった条件から林野火災は、例年1月頃から発生件数が増え始め、春にかけて最も多く発生しているんです。春先になると山菜採りや森林レクリエーションなどで山に入る人が増加することなども森林火災の一因となっています。
 
小松アナ:どんなきっかけで火災が起こるのでしょうか?
新海さん:出火原因の内訳を見てみますとたき火が30.1%、火入れが16.6%、放火、これは疑いも含みますが、9.2%となっていて、その他にはタバコの火の不始末などがあげられます。いずれもちょっとした火の取り扱いの不注意が大きな被害につながっています。

小松アナ:私たちが注意しなければいけないことは?
新海さん:山林火災を防ぐための注意点をいくつかご紹介します。まず、枯れ草などのある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないでください。たき火などの火気を使用した後、その場を離れるときは完全に消火をしてください。また、強い風が吹いているときや、空気が乾燥しているときには、たき火、火入れをしないよう心掛けてください。火入れを行うときは、市町村長の許可を必ず受けてください。そして出火原因のひとつでもある「たばこ」。喫煙は指定された場所で。そして吸いがらは必ず消すとともに、絶対に投げ捨てないでください。県では、各林務環境事務所を中心に、例年12月から翌年5月までパトロールをしたり、山火事予防の看板の設置、入山者への山火事防止の啓発活動の実施など、山林火災予防運動に取り組んでいますので、ぜひ県民のみなさんも山林火災の防止にご協力をお願いいたします。

clover clover clover

 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は「環境」をテーマにお送りします。今回は「やまなしクールチョイス県民運動」について県エネルギー政策課の中野繭子さんに伺います。

小松アナ:どんな運動ですか?
中野さん:昨今、地球温暖化が原因とみられる猛暑や集中豪雨など、私たちの生命や暮らしに深刻な影響を及ぼす異常気象が頻発し、地球温暖化問題が世界中で注目を集めています。そこで、県では、県民一人ひとりが、省エネの取り組みやエコ活動など、日常生活の中で身近にできる温暖化対策を「COOL にCHOICEする」、つまり、「賢く選択」して実践していくことを目的とした「クールチョイス県民運動」を展開しています。具体的には、この番組でも以前お伝えしたエコドライブ、マイバッグ、マイボトルの活用なども、温暖化対策に繋がります。また、家庭での消費エネルギー量を記録し、排出される二酸化炭素の量を知ることができる、やまなし環境家計簿アプリ「えこメモ」も是非ご活用いただき、身近なところから少しずつ温暖化対策に取り組んでいただきたいです。
 
小松アナ:他にも、私でもすぐできる取り組みってありますか?
中野さん:今回は、クールチョイスの一例として、「ウォームシェア」をご紹介します。実は家庭の1年間のエネルギー消費のうち、約1/4を暖房が使っているんです。そこで効果的なのが、暖かい場所をみんなで分かち合う、シェアすることで、省エネ・温暖化対策に繋げる「ウォームシェア」です。県では、地域で気軽に集まってみんなで温まれる場所を、「ウォームシェアスポット」として登録しています。現在、県内には381カ所のウォームシェアスポットが登録されており、なかには「ウォームシェアにきた」と伝えると特典を受けられる場所もあります。ウォームシェアスポットにはのぼり旗やポスターが掲示してありますので、ぜひお気に入りの場所を探してみてください。また、ウォームシェアスポットとして登録していただける場所を、12/27(金)まで募集しています。応募方法など詳しくは県のHPをご覧ください。
 
県では、「やまなしクールチョイス県民運動」に賛同し、サポーターとして地球温暖化対策に率先して取り組む個人や団体、企業を募集しています。詳しくは、県エネルギー政策課(tel055-223-1502)までお問い合わせください。
 

clover clover clover

 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は「環境」をテーマにお送りします。今回は県で平成24年度から導入している「森林環境税」、その取り組みについて森林環境総務課、内田浩平さんに伺います。

小松アナ:森林の役割について教えていただけますか?
内田さん:山梨県の78%を占める森林は、木材などを生産するだけでなく、山くずれや洪水などを防ぐ働きや豊かな水をたくわえ、供給する働きなど、さまざまな働きを通して私たちの生命や財産を守ってくれています。そんな森林ですが、特に人の手によって植えられた人工林では、間伐など適切な整備がされないと、それらの働きができなくなってしまいます。
 
小松アナ:森林を守るための森林環境税なんですね。
内田さん:私たちの暮らしを支える貴重な財産である森林を県民全体で守り育て、次の世代に引き継ぐために、平成24年4月から導入されています。既存の県民税均等割に上乗せする形でご負担いただき税額は個人が年額500円、法人が均等割額の5%相当額とし、この税収を活用し、各種事業を行っています。

小松アナ:森林環境税等を活用した取り組みにはどのようなものがあるんですか?
内田さん:3つの基本施策を掲げて事業を行っています。一つ目は「多様な公益的機能の維持・増進を図る森づくり」です。先ほどお話した荒廃した人工林の間伐や放置されヤブ化した里山林の整備を行っています。これまでの7年間で約5,300haの間伐や720haの里山林整備などを行ってきました。2つ目は「木材・木質バイオマスの利用促進」です。保育所、幼稚園、小中学校などへ県産材を使った机や椅子の導入を支援しています。3つ目は「社会全体で支える仕組み」です。教育機関などが行う森林体験活動を支援したり、県民の皆さんを対象とした森林整備現場見学会を開催しています。森林体験活動では、子どもたちに、森林の必要性や大切さを学んで理解してもらうことが狙いです。県では、県民の皆様からいただいた森林環境税を有効に活用し、全な森づくりを着実に進めていきます。
 

clover clover clover

 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今月は、「環境」をテーマにお送りします。今回は、毎年冬に実施されている大気汚染対策の取り組みについて、県大気水質保全課 薬袋ゆいさんに伺います。

小松アナ:なぜ冬に取り組みを実施しているのでしょうか?
薬袋さん:冬は大気がよどみやすく、交通量の増加や暖房機器(ボイラー)の使用などにより、PM2.5の原因物質である窒素酸化物(NOx)の濃度が高くなる傾向があるんです。そこで毎年冬季に大気汚染対策の取り組みとして、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。


小松アナ:私たちが普段から気を付けるべきことはありますか?
薬袋さん:ウォームビズ・ウォームシェアという言葉をご存じですか?大気汚染の原因となる暖房器具をなるべく使わないようにする取組みです。具体的には、室内温度の「20℃」設定を心がけたり、使わない部屋の暖房はOFFにする。重ね着などの工夫をするウォームビズに加え、家族や友達、職場の仲間でひとつの部屋に集まり暖房の節約をするウォームシェア。これらをできる範囲で実践していただきたいと思います。冬は寒いので、車を使う機会も増えるかと思います。車を運転する際は、環境にやさしい運転、エコドライブを実践しましょう。

小松アナ:具体的にどのような運転がエコドライブになるのでしょうか? 
薬袋さん:エコドライブにはふんわりアクセル『eスタート』、エアコンの使用は適切に、不要な荷物はおろそうなど10のおすすめ項目があります。これらのちょっとした運転方法の工夫で、排出される大気汚染物質やCO2の削減になり、さらに燃費向上や交通安全にもつながります。また、県ではエコドライブをしますと宣言してくださる方を募集しています。宣言してくださった方には、かわいいキティちゃんのステッカーを差し上げています。ぜひ、エコドライブを実践してください。

clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 

今月は、「文化芸術特集」をお送りしています。今回は今年で19回目を迎える「やまなし県民文化祭」について県生涯学習文化課の相山侑菜さんに伺います。

小松アナ:やまなし県民文化祭はどのようなイベントですか?
相山さん:やまなし県民文化祭(以下、「県文祭」)は、2001年から始まりました。「くらしに文化が根づくやまなし」の実現を目指し、年間を通して、県民の皆さんに文化芸術を少しでも身近に感じていただくため、県内各地で様々なイベントを開催しています。県文祭は主に「総合フェスティバル」、「部門別フェスティバル」、「地域フェスティバル」の3つからなります。年齢や住んでいる場所にかかわらず、誰でも参加できます。美術、書道、華道、音楽、合唱、演劇など、たくさんの部門が創意と工夫を凝らした舞台発表や作品発表を行っていますので、一度足を運んでいただけると新たな出会いがあること間違いなしです。

小松アナ:どのような催しがあるのでしょうか?
相山さん:フラワーデザイン部門の展示会 「れいわ 花もよう」が11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、甲府市総合市民会館2階の遊亀公民館展示場で開かれます。普段なかなか目にすることのない季節のお花を使用し、令和という新しい時代をイメージしながら創りあげた作品を約50点展示します。きっと素敵な休日になると思いますので、是非いらっしゃってください。また12月1日(日)には、県立文学館・講堂で吟剣詩舞道大会が開かれます。皆さんは吟剣詩舞道ってご存じですか?漢詩や和歌などの詩に節をつけて歌う吟詠にあわせて、袴などの和装で刀や扇も持って舞う圧巻のパフォーマンスを是非ご覧下さい。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 

今月は、「文化芸術特集」をお送りしています。経済産業省では、毎年11月を「伝統的工芸品月間」と定めています。今回は、山梨の伝統工芸品について地域産業振興課の大森恵子さんに伺います。

小松アナ:山梨の伝統工芸品にはどのようなものがあるのでしょうか?
大森さん:県では、主に日常生活に使用されるもので、製造過程の主な部分が手作りであり、伝統的に使われてきた原材料が主な原材料として用いられ、50年以上の歴史がある伝統的な技術・技法により製造されたものを郷土伝統工芸品に認定しています。現在、甲州水晶貴石細工、甲州印伝、甲州雨畑硯、甲州大石紬織物、甲州手彫印章、甲州武者のぼり・鯉のぼり、西島手漉和紙、親子だるま、甲州鬼瓦、市川大門手漉和紙、山梨貴宝石、富士勝山スズ竹細工の12品目が認定されています。そのうち、約1000年前、昇仙峡の奥地金峰山で水晶の原石が発見されたことに起源をもつ「甲州水晶貴石細工」や鹿革に漆で模様を付けたものが特徴で、この革を使って様々な製品が作られる「甲州印伝」、江戸時代、御岳山系に良質で巨大な水晶鉱が発見・発掘されたことから歴史が始まった「甲州手彫印章」の3品目は国指定の伝統的工芸品に認定されています。
 
小松アナ:これらの伝統工芸品に私たちが身近に触れられる機会はありますか?
大森さん:笛吹市石和町にあります「やまなし伝統工芸館」では山梨県の伝統工芸品について、作品、工芸用具、作業風景の再現や歴史的な資料などを展示しています。また、さきほどの国指定の伝統的工芸品についても、作品を展示しています。甲府市の山梨県地場産業センターかいてらすでは山梨を代表する特産品、工芸品の案内・販売を行っています。そして来月、12月7日(土)、8日(日)の二日間、甲府市大津町のアイメッセ山梨で開かれる甲斐クラフトフェアー内の「山梨郷土伝統工芸品共同展示会」ブースで水晶貴石彫刻や甲州印伝など伝統工芸品を体験・実演することができ伝統工芸品を身近に感じられるイベントとなっていますので、ぜひお出かけください。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今回は、8月7日に宣言した「ワイン県」について、ワイン県観光プロモーション課の家登正広さんに伺います。

小松アナ:「ワイン県」宣言について詳しく教えてください。
家登さん:まず山梨県は何といっても日本ワイン発祥の地であって、明治時代から150年続く、ワイン造りの歴史があります。国内だけでなくアジア・ヨーロッパのコンクールでも最高賞を受賞するなど、そのクオリティーは国内随一と自負しています。まさに名実とも日本一のワイン産地です。一方で、県の観光の現状に目を向けると、富士山エリアの賑わいに比べ、国中エリアの状況がそこまで及んでいないことが課題となっています。このため、国中エリアで最もイメージの高いワインを前面に打ち出し、PRをしていこうと、今年の8月7日に「ワイン県」の宣言をしました。これまで、本県の愛称として使って来た「富士の国やまなし」に加えて、東京など都市部の皆さんに人気のある「山梨ワイン」のイメージを使って、県の魅力をこれまで以上にPRしていきたいと考えています。
 
小松アナ:ワイン県副知事には県出身の作家、林真理子さん、世界的なソムリエ田崎真也さんが就任されましたね。
家登さん:10月8日に林真理子さんが、11月3日には「山梨ヌーボー」の解禁日に合わせて、田崎真也さんに「ワイン県副知事」に就任いただきました。林真理子さんは、日本ソムリエ協会が授与した「名誉ソムリエ」の称号をお持ちのワイン愛好家として有名です。また、親交のある芸能人など著名人に県内のワイナリーを紹介いただくなど、数多くの貢献をしていただいています。一方、田崎真也さんは現在、日本ソムリエ協会会長であり、国際ソムリエ協会会長などを歴任しました。東京・日本橋にある山梨県のアンテナショップ「富士の国やまなし館」や、同じく県のアンテナレストラン「Y-WINE」の運営にも携わっていただいています。
 
小松アナ:今後、「ワイン県」をどのようにPRしていきますか?
家登さん:まず首都圏でのPRや、インターネット、SNSなどを活用した情報発信を進めていきます。また、ワイン県副知事になっていただいたお二人に、情報発信などで協力いただき、多くの皆様にワイン県を訪れ、泊まっていただきたい。そして、この本県の素晴らしい環境の中で、お料理やワイン、さらには日本酒、ウイスキーなど、いろいろ素晴らしいものがありますので、山梨をより深く、より楽しんでいただけるよう、素晴らしいものを高め、紹介していく事業を進めていきます。ぜひ県民のみなさまにも「ワイン県」のPR役を担っていただいて、「ワイン県」を大いに広めていただきたいと思います。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
小松アナ:開館30周年企画展「宮沢賢治展」について、文学館の中野和子さんに伺います。
中野さん:詩、童話により日本文学史に独自の世界を切り開き、現在も多くの愛読者を持つ宮沢賢治の魅力を紹介しています。作品の魅力はもちろん、宮沢賢治の生涯や、すべての生命を尊び共存を目指そうとする、賢治の掲げた理想のあり様に迫る企画展です。
 
小松アナ:期間中はイベントもあるそうですね?
中野さん:30周年記念イベントとして、16日(土)には、俳人の石寒太さん、歌人の今野寿美さんによる対談「宮沢賢治 短歌・俳句の世界」を文学館講堂にて開催します。また、23日(土)には講師に実践女子大学名誉教授・栗原敦さんをお招きした講演会「宮沢賢治の文学的表現行為」を美術館講堂にて開催します。いずれも参加費は無料ですが、事前の申込みが必要です。詳しくは電話055-235-8080(県立文学館)までお問い合わせください。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。