今月は、「文化芸術特集」をお送りしています。今回は今年で19回目を迎える「やまなし県民文化祭」について県生涯学習文化課の相山侑菜さんに伺います。

小松アナ:やまなし県民文化祭はどのようなイベントですか?
相山さん:やまなし県民文化祭(以下、「県文祭」)は、2001年から始まりました。「くらしに文化が根づくやまなし」の実現を目指し、年間を通して、県民の皆さんに文化芸術を少しでも身近に感じていただくため、県内各地で様々なイベントを開催しています。県文祭は主に「総合フェスティバル」、「部門別フェスティバル」、「地域フェスティバル」の3つからなります。年齢や住んでいる場所にかかわらず、誰でも参加できます。美術、書道、華道、音楽、合唱、演劇など、たくさんの部門が創意と工夫を凝らした舞台発表や作品発表を行っていますので、一度足を運んでいただけると新たな出会いがあること間違いなしです。

小松アナ:どのような催しがあるのでしょうか?
相山さん:フラワーデザイン部門の展示会 「れいわ 花もよう」が11月30日(土)、12月1日(日)の2日間、甲府市総合市民会館2階の遊亀公民館展示場で開かれます。普段なかなか目にすることのない季節のお花を使用し、令和という新しい時代をイメージしながら創りあげた作品を約50点展示します。きっと素敵な休日になると思いますので、是非いらっしゃってください。また12月1日(日)には、県立文学館・講堂で吟剣詩舞道大会が開かれます。皆さんは吟剣詩舞道ってご存じですか?漢詩や和歌などの詩に節をつけて歌う吟詠にあわせて、袴などの和装で刀や扇も持って舞う圧巻のパフォーマンスを是非ご覧下さい。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 

今月は、「文化芸術特集」をお送りしています。経済産業省では、毎年11月を「伝統的工芸品月間」と定めています。今回は、山梨の伝統工芸品について地域産業振興課の大森恵子さんに伺います。

小松アナ:山梨の伝統工芸品にはどのようなものがあるのでしょうか?
大森さん:県では、主に日常生活に使用されるもので、製造過程の主な部分が手作りであり、伝統的に使われてきた原材料が主な原材料として用いられ、50年以上の歴史がある伝統的な技術・技法により製造されたものを郷土伝統工芸品に認定しています。現在、甲州水晶貴石細工、甲州印伝、甲州雨畑硯、甲州大石紬織物、甲州手彫印章、甲州武者のぼり・鯉のぼり、西島手漉和紙、親子だるま、甲州鬼瓦、市川大門手漉和紙、山梨貴宝石、富士勝山スズ竹細工の12品目が認定されています。そのうち、約1000年前、昇仙峡の奥地金峰山で水晶の原石が発見されたことに起源をもつ「甲州水晶貴石細工」や鹿革に漆で模様を付けたものが特徴で、この革を使って様々な製品が作られる「甲州印伝」、江戸時代、御岳山系に良質で巨大な水晶鉱が発見・発掘されたことから歴史が始まった「甲州手彫印章」の3品目は国指定の伝統的工芸品に認定されています。
 
小松アナ:これらの伝統工芸品に私たちが身近に触れられる機会はありますか?
大森さん:笛吹市石和町にあります「やまなし伝統工芸館」では山梨県の伝統工芸品について、作品、工芸用具、作業風景の再現や歴史的な資料などを展示しています。また、さきほどの国指定の伝統的工芸品についても、作品を展示しています。甲府市の山梨県地場産業センターかいてらすでは山梨を代表する特産品、工芸品の案内・販売を行っています。そして来月、12月7日(土)、8日(日)の二日間、甲府市大津町のアイメッセ山梨で開かれる甲斐クラフトフェアー内の「山梨郷土伝統工芸品共同展示会」ブースで水晶貴石彫刻や甲州印伝など伝統工芸品を体験・実演することができ伝統工芸品を身近に感じられるイベントとなっていますので、ぜひお出かけください。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
今回は、8月7日に宣言した「ワイン県」について、ワイン県観光プロモーション課の家登正広さんに伺います。

小松アナ:「ワイン県」宣言について詳しく教えてください。
家登さん:まず山梨県は何といっても日本ワイン発祥の地であって、明治時代から150年続く、ワイン造りの歴史があります。国内だけでなくアジア・ヨーロッパのコンクールでも最高賞を受賞するなど、そのクオリティーは国内随一と自負しています。まさに名実とも日本一のワイン産地です。一方で、県の観光の現状に目を向けると、富士山エリアの賑わいに比べ、国中エリアの状況がそこまで及んでいないことが課題となっています。このため、国中エリアで最もイメージの高いワインを前面に打ち出し、PRをしていこうと、今年の8月7日に「ワイン県」の宣言をしました。これまで、本県の愛称として使って来た「富士の国やまなし」に加えて、東京など都市部の皆さんに人気のある「山梨ワイン」のイメージを使って、県の魅力をこれまで以上にPRしていきたいと考えています。
 
小松アナ:ワイン県副知事には県出身の作家、林真理子さん、世界的なソムリエ田崎真也さんが就任されましたね。
家登さん:10月8日に林真理子さんが、11月3日には「山梨ヌーボー」の解禁日に合わせて、田崎真也さんに「ワイン県副知事」に就任いただきました。林真理子さんは、日本ソムリエ協会が授与した「名誉ソムリエ」の称号をお持ちのワイン愛好家として有名です。また、親交のある芸能人など著名人に県内のワイナリーを紹介いただくなど、数多くの貢献をしていただいています。一方、田崎真也さんは現在、日本ソムリエ協会会長であり、国際ソムリエ協会会長などを歴任しました。東京・日本橋にある山梨県のアンテナショップ「富士の国やまなし館」や、同じく県のアンテナレストラン「Y-WINE」の運営にも携わっていただいています。
 
小松アナ:今後、「ワイン県」をどのようにPRしていきますか?
家登さん:まず首都圏でのPRや、インターネット、SNSなどを活用した情報発信を進めていきます。また、ワイン県副知事になっていただいたお二人に、情報発信などで協力いただき、多くの皆様にワイン県を訪れ、泊まっていただきたい。そして、この本県の素晴らしい環境の中で、お料理やワイン、さらには日本酒、ウイスキーなど、いろいろ素晴らしいものがありますので、山梨をより深く、より楽しんでいただけるよう、素晴らしいものを高め、紹介していく事業を進めていきます。ぜひ県民のみなさまにも「ワイン県」のPR役を担っていただいて、「ワイン県」を大いに広めていただきたいと思います。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
小松アナ:開館30周年企画展「宮沢賢治展」について、文学館の中野和子さんに伺います。
中野さん:詩、童話により日本文学史に独自の世界を切り開き、現在も多くの愛読者を持つ宮沢賢治の魅力を紹介しています。作品の魅力はもちろん、宮沢賢治の生涯や、すべての生命を尊び共存を目指そうとする、賢治の掲げた理想のあり様に迫る企画展です。
 
小松アナ:期間中はイベントもあるそうですね?
中野さん:30周年記念イベントとして、16日(土)には、俳人の石寒太さん、歌人の今野寿美さんによる対談「宮沢賢治 短歌・俳句の世界」を文学館講堂にて開催します。また、23日(土)には講師に実践女子大学名誉教授・栗原敦さんをお招きした講演会「宮沢賢治の文学的表現行為」を美術館講堂にて開催します。いずれも参加費は無料ですが、事前の申込みが必要です。詳しくは電話055-235-8080(県立文学館)までお問い合わせください。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
11月は「文化芸術特集」をお送りします。今回は「やまなし文化芸術推進月間」についてご紹介します。お話しを伺うのは、県生涯学習文化課の鷹野千裕さんです。
 
小松アナ:やまなし文化芸術推進月間について教えてください。
鷹野さん:県では昨年の12月、文化芸術の振興などに関する施策を総合的・計画的に推進するため山梨県文化芸術基本条例を制定しました。この条例で、県民が広く文化芸術についての関心と理解を深めるとともに、文化芸術の振興などに積極的に取り組む意欲を高めるため、毎年11月を「やまなし文化芸術推進月間」としています。今年が条例制定後、初めての「やまなし文化芸術推進月間」となります。期間中は様々な文化芸術に関するイベントが実施されます。
 
小松アナ:どのようなイベントなのでしょうか?
鷹野さん:まずは11月10日(日)に山梨県庁噴水広場で「県民文化芸術ひろば」を行います。韮崎工業高校太鼓部による和太鼓の演奏や体験会、甲府西高校書道部による書道パフォーマンス、『歌うま日本一決定戦』で優勝した甲斐清和高校音楽科の斉藤花耶さんの歌唱などのステージ発表に加え、山梨大学の学生によるアートワークショップや絵画の展示、宝石美術専門学校の学生制作のジュエリー展示など、若者によるステージ発表や展示、創作体験を行うことで、文化芸術活動の活性化につなげることを目的として開催します。事前申し込みは不要で参加費もありませんので、ぜひお気軽に県庁噴水広場にお越しください。時間は正午から午後4時までです。
 
小松アナ:高校生や大学生など若者の力強いパフォーマンスが楽しめそうですね。その他にも県民が参加できるイベントはありますか?
 
高野さん:今月24日(日)、山梨県立文学館で若者を中心に文化芸術の理解を深めてもらうことを目的として「やまなし文化フォーラム」を開催します。フォーラムでは、笛吹市出身のミュージシャン藤巻亮太さんによる講演や藤巻さんと、『心霊探偵八雲』でお馴染み、富士川町出身の小説家神永学さん、県内高校生・大学生によるパネルディスカッションもあります。司会は、市川三郷町出身、元フィギュアスケート選手でキャスターの河西歩果さんに務めていただきます。時間は午後1時から午後4時まで。こちらは参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。詳しくは県ホームページでご確認をお願いします。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
10月は「移住・定住」を特集しています。今回は10月15日に甲府市飯田JA会館5Fに開設された「ふるさと山梨定住機構」「“やまなし生活”総合案内所」について、コーディネーターの渡邉照美さんに伺います。
 
小松アナ:施設について教えてください。
渡邉さん:専任のコーディネーターが2名常駐し、移住やU・Iターンの希望者に様々な情報を提供するだけでなく、県内にすでに移住した人の悩み相談にも対応する「“やまなし生活”の総合案内所」です。また、県内の高校生に県内で働く魅力などの情報も発信していきます。高校生に向けては、県内の高校を訪問して、県内で働く魅力を伝えたり、県内の優良企業を紹介したりする出張セミナーも開催する予定です。すでに開催希望もいただいています。また、年始の来年1月4日には、帰省者を対象とした相談会をイオンモールで実施予定です。
 
小松アナ:こちらにある資料は?
渡邉さん:県内全市町村の広報誌、移住に役立つパンフレットなど幅広い種類の資料を用意しています。また、高校生に地域の事を知ってもらったり、進路に関する学習の拠点としても活用していただけるよう、高校生が過去におこなった地域学習の資料なども揃えています。若い世代の定住人口の確保を図るため、8月に開設された東京都大手町の「やまなしUIターン就職支援センター」、有楽町の「やまなし暮らし支援センター」と連携して、移住・定住促進の取り組みを行っていきたいと考えています。ぜひお知り合いの方、山梨への移住に関心をお持ちの方にPRをお願いします。詳しい情報は、「やまなし移住・定住総合ポータルサイト」にも掲載していますのでそちらもご覧ください。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
10月は「移住・定住」を特集しています。「特定技能」ってご存じですか?今年4月に創設された新しい在留資格で、一定の専門性・技能を有し、即戦力となる外国人を受け入れていくためのものなんです。そこで、県では、先月、甲府市大津町に「山梨県外国人材企業相談センター」を開設しました。センターのアドバイザー齊籐久友さんに、センターの概要などについて伺います。
 
小松アナ:センターについて教えてください。
齊藤さん:「特定技能」が始まったことをきかっけに、いま、全国で外国人材の活躍に注目が集まっています。また、近年、外国人材を受け入れる県内企業も増加傾向にあります。このセンターでは、外国人材の活用を検討する企業を支援しています。外国人材を雇用する際の制度や手続きなどについて、県内企業からの様々な問い合わせに対応いたします。「特定技能」や技能実習などの制度についての説明や、各企業の状況に応じた外国人材の受け入れ方法などの相談に乗っています。必要に応じて、行政書士や労働局などの専門家・機関にもおつなぎします。センターにはアドバイザー2名と事務員1名が常駐しております。電話や来所などによる相談のほか、予約をいただければ、アドバイザーが企業を訪問する出張相談もお受けしています。相談は無料です。
 

山梨県外国人材企業相談センターは甲府市大津町の山梨県立中小企業人材開発センターの1階にあります。開設時間は平日午前9時~午後5時まで、相談の受付は午後4時30分までとなります。電話は055-225-5605です。
次回は、「山梨県外国人材企業相談センター」です。

clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
10月は「移住・定住」を特集しています。今回は、県が行っている「U・Iターン就職支援」の取り組みについて、労政雇用課の林野早紀さんに伺います。
 
小松アナ:県内の状況について教えてください。
林野さん:今は学生にとって「売り手市場」となっていまして、大手企業志向が強まるなど県内の中小企業にとっては新卒者の確保が大変難しくなっています。実際、平成30年に県内の高校を卒業して大学に進学した学生のうち、およそ65%が県外に進学しています。また、平成30年の本県の人口動態において、県外への転出超過数が2,454人となっており、このうち約8割が、20~24歳の若年層が占めている等、若者の県外流出が大きな課題となっています。
 
小松アナ:県ではどのような取り組みを行っていますか?
林野さん:新卒者や求職者向けに、就職支援総合サイト「やまなし就職応援ナビ」を運営し、フェイスブック、ツイッターで情報を発信しています。こちらでは県内の就職イベント情報や県内企業の魅力を紹介する動画を掲載しています。また「新卒者就職応援企業ナビ」というサイトでは県内約670社の企業情報、採用情報やインターンシップ情報も掲載し、条件に合わせて企業を検索することができます。こういった情報サイトに加え、首都圏の大学との学生U・Iターン就職促進協定を現在43校と締結しています。山梨は県外進学者が多いので大学と連携して県内企業の就職情報を提供してもらったり、学内で行う合同就職説明会などで山梨ブースを出すなど学生のU・Iターン就職に向けた取組を進めています。
 
小松アナ:都内にいるとなかなか山梨の就職情報に触れる機会もありませんから効果が期待できそうですね。
林野さん:さらに県では、新卒者の県内就職と県内企業の人材確保を支援するための合同就職面接会を県内だけでなく都内でも開催しています。来春3月には県内と都内で1回ずつ開催する予定ですが、直近では11月21日(木)の午後1時~4時、ベルクラシック甲府にて開催します。参加は無料で、県内企業およそ70社が参加します。県内の企業には、独自の技で、世界でトップシェアを獲得している企業が数多くあります。ぜひ来春卒業予定の方や、一般求職者の方にご参加いただきたいと思います。
 
詳細については就職支援総合サイト「やまなし就職応援ナビ」をご確認ください。
 
次回は、「山梨県外国人材企業相談センター」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
10月は「移住・定住」を特集しています。今回は、今年8月、東京都千代田区大手町に開設された「やまなしUIターン就職支援センター」について県地域創生人口対策課の伊東みきさんに伺います。
 
小松アナ:センターの概要について教えてください。
伊東さん:若年世代の県内の定住人口を増やすため、移住やUIターン就職に関する情報を提供する相談窓口をJR東京駅のすぐそば、大手町のパソナグループ本部ビルの3Fに設置しました。キャリア・カウンセラー1名が常駐し、UIターン就職に係るキャリア・カウンセリングや社会人向けの転職セミナー、大学生向けの就活セミナーなどを行う予定です。個室・予約制となっていますので、利用された方からはきめ細やかなサポートが受けられたとか、東京駅に近く、平日、仕事帰りに立ち寄ることができて便利という声が寄せられています。山梨県は就職期である20歳~24歳の転出が最も多くなっています。そのため、今回開設したやまなしUIターン就職支援センターと、JR有楽町駅前にある「やまなし暮らし支援センター」、さらには今月15日に甲府市のJA会館5Fに開設予定の「ふるさと山梨定住機構」が連携して、若年層の移住と定住を促進していきたいと思います。
 
小松アナ:県では移住される方に支援金も用意しているそうですね?
伊東さん:山梨県へ移住・就職、起業をされた方に、一定の条件のもと、最大100万円の移住支援金を支給する制度があります。ぜひお知り合いの方、山梨への移住に関心をお持ちの方にPRをお願いします。「やまなし移住・定住総合ポータルサイト」にも掲載していますのでそちらもご覧ください。
 
次回は、「UIターン就職支援の取り組み」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
9月は「健康」をテーマに特集しています。今回は、健康増進法の改正で、いま積極的に取り組まれている「受動喫煙対策」について県福祉保健部健康増進課の小林大地さんに伺います。
 
小松アナ:喫煙は「百害あって一利なし」とも言われていますが…
小林さん:たばこには、およそ70種類もの発がん性物質が含まれていて、この煙を吸い込むことで、がんや、脳卒中など、さまざまな病気にかかりやすくなることは既によく知られていますが、実は、たばこを吸っている人が吸い込む煙よりも、周りの人が吸い込む煙の方が発がん性物質やニコチン、一酸化炭素などの有害物質が、数倍も多く含まれているんです。とくに子ども達は自分で受動喫煙を避けられないので、周囲の大人たちはとくに気をつけなければいけません。
 
小松アナ:今回、健康増進法が改正されましたが?
小林さん:望まない受動喫煙からたばこを吸わない人、とくに子どもや妊産婦、病気の人を守るために、たばこを吸う際のマナーはルールに変わります。多くの施設で原則的に、敷地内あるいは建物内禁煙となり、20歳未満の人は喫煙エリアへの立ち入りができなくなります。今年7月から、行政機関や学校、病院などの施設は敷地内禁煙となりました。さらに、来年4月からは、事業所や飲食店、工場、ホテルなど、多くの施設が建物内禁煙となります。標識を設置すれば、喫煙室の中では喫煙可能となりますが、完全分煙となるように一定の基準を満たす必要があります。また、個人あるいは中小企業が経営する小規模飲食店は経過措置として、届出をしたお店に限り、喫煙が可能となります。ただし、この場合は20歳未満の人を喫煙可能な場所に入れることはできず、お店の入口に、その旨の掲示が必要となります。
 
小松アナ:県では「受動喫煙対策」を行っていますか?
小林さん:県では、県民のみなさんに、受動喫煙による健康への影響について情報提供しています。今年度は、健康増進法の一部改正による変更点などを正しく理解していただくため、ポスターやリーフレットによる普及啓発に努めています。また、毎年11月9日から15日までを「山梨禁煙週間」と定め、禁煙や受動喫煙防止を広く啓発しています。
 
 
次回は、「移住・定住」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。