今回のINDEX:石和温泉
◇ ◆ ◇
2月のやまなしINDEXは、「やまなしの温泉」をテーマにご紹介していきます。今回は、自然豊かな環境から生まれるやまなしの「温泉」の中から、石和温泉についてご紹介します。詳しいお話を、笛吹市観光商工課の山形さんに伺います。
 
加藤アナ:石和温泉の歴史について教えてください。
山形さん:県内では最大級の規模を誇る温泉地である石和温泉は、1961年1月、旧石和町のぶどう園から高温の湯が湧きだし、付近の川に流れ出して誕生した「青空温泉」が全国的にも有名になったのがはじまりといわれています。現在は、R石和温泉駅周辺におよそ50軒のホテル、旅館が建ち並ぶ一大温泉郷となっていて、1年を通して多彩なイベントを開催し、多くの観光客を迎え入れています。
 
加藤アナ:石和温泉にはどんな特徴があるのでしょうか。
山形さん:泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復などに効果があるといわれています。
 
加藤アナ:この時期ならではのイベントも開催されていますね?
山形さん:2月中の金・土・日に開催しているのが「冬花火~笛吹川の舞~」です。笛吹川河川敷から打ち上がる花火は、夏とはまた一味違ってとても見ごたえがあります。時間は午後8時30分から午後8時45分までの15分間です。当日の天候の状況により、中止の場合もありますので、石和温泉旅館協同組合のホームページの情報をご確認ください。いらっしゃった方には、甘酒とおしるこのサービスもあります。
そして恒例となっている日本一早い桃の花見もあります。2月14日からおよそ1ヶ月間、ハウス桃園を開放して、花見を開催しています。温かいハウスの中で、美しい桃の花のお花見を楽しみながらのんびりとした時間を過ごすことができます。こちらは3月10日(日)までの予定で、花が散り次第終了です。開園時間は午前10時から午後3時、料金は1人500円です。お問い合わせは、JAふえふき富士見直売所(電話055-262-3853)までお願いします。
 
次回は「下部温泉と西山温泉」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:南アルプス市内の温泉
◇ ◆ ◇
2月のやまなしINDEXは、「やまなしの温泉」をテーマにご紹介していきます。今回は、自然豊かな環境から生まれる「温泉」の中から、南アルプス市内の温泉について紹介します。詳しいお話を、南アルプス市観光協会の桑本亜弓 さんに伺います。
 
加藤アナ:南アルプス市内にはどんな温泉があるのでしょうか?
桑本さん:南アルプス市内には、南アルプスの玄関口に芦安温泉郷があります。白根三山や鳳凰三山に登山やハイキングにくるお客さんにも親しまれています。泉質は低調アルカリ性単純温泉で、「美人の湯」や「健康の湯」ともいわれています。現在は冬期休業中ですが、3月から4月頃利用できるようになります。また、芦安温泉の他にも、市内には気軽に立ち寄れる日帰り温泉もたくさんあります。
 
加藤アナ:どんな日帰り温泉があるのか詳しく教えてください。
桑本さん:今回は、市内にあるふたつの施設をご紹介します。まずは南アルプス市野牛島にある「湧暇李の里 樹園」です。温泉はすべて源泉掛け流しで、男女ともに温度が違う3つの浴槽が設置されています。現在は、低温と高温のふたつの浴槽が楽しめます。泉質はナトリウム塩化物泉、炭酸水素塩泉のほか、硫酸塩泉の3つを併せ持っています。そして、南アルプス市駒場にある「天恵泉白根桃源天笑閣」です。ここは日本でも有数の高アルカリ温泉です。昨年リニューアルした大きな木曽さわら材を使った浴槽もあります。木の香りを楽しみながらゆっくり浸かることができます。
 
加藤アナ:ぜひ観光しながら温泉もゆっくり楽しみたいですね。そして、2月10日・11日の2日間、南アルプス市内では 「十日市祭典2019」が開催されますね。
桑本さん:甲府盆地に春を呼ぶお祭りといわれていて、当日は名物である杵や臼などの木工製品や甲州だるまなどの縁起物が販売されるほか、たくさんの露店やフリーマーケットも出店されます。また、特設ステージでは太鼓や歌謡祭、個性豊かなパフォーマンスが披露される予定です。お祭りの開催時間は、10日が午前9時30分から午後4時30分まで、11日が午前9時から午後4時30分までです。ぜひ温泉も楽しみながら、お祭りにも遊びにきてください。
 
加藤アナ:その他、河口湖のイベント情報など教えてください。
桑本さん:河口湖では、春になると「桜まつり」が開催されます。その他、四季折々のイベントを開催する予定です。ぜひ多くの皆さんに楽しんでいただければと思います。
 
次回は「石和温泉」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:富士河口湖温泉
◇ ◆ ◇
2月のやまなしINDEXは、「やまなしの温泉」をテーマにご紹介していきます。山梨県は、雄大な自然に囲まれ、信玄の隠し湯といわれている温泉や、歴史深い名湯などに恵まれています。今回は、自然豊かな環境から生まれる「温泉」の中から、富士北麓の河口湖畔に広がる「富士河口湖温泉郷」について紹介します。詳しいお話を富士河口湖役場観光課の渡辺和樹さんに伺います。
 
加藤アナ:「富士河口湖温泉郷」について教えてください。
渡辺さん:富士河口湖町は、「温泉」を冬場の魅力として、誘客に取り組み、平成9年に富士河口湖温泉郷が誕生しました。現在では、富士山を望む温泉地として、国内外から多くの観光客の皆さんが富士河口湖温泉郷を訪れるようになりました。
 
加藤アナ:河口湖の温泉には、どのような効能があるんでしょうか?
渡辺さん:源泉によって多少異なりますが、神経痛、筋肉痛、冷え症、疲労回復などの効能があると言われています。
 
加藤アナ:富士河口湖温泉の特色を教えてください。
渡辺さん:なんといっても温泉から眺める雄大な富士山と四季折々の河口湖です。目の前に絶景が広がるのは富士河口湖温泉の最大の魅力です。そして、この時期は温泉に浸かり眺める「河口湖・冬花火」です。今年は1月12日から2月17日までの土曜・日曜と、2月23日(月)の「富士山の日」に行われます。午後8時から8時20分の間、大池公園や八木崎公園、畳岩の3カ所で打ち上げられます。ぜひこちらもお楽しみいただければと思います。また、県産のフルーツを使ったウェルカムドリンクなど、訪れた皆さんに「また来たい。来て良かった。」と思っていただけるような工夫を凝らしたおもてなしを各施設が行っています。
 
加藤アナ:その他、河口湖のイベント情報など教えてください。
渡辺さん:河口湖では、春になると「桜まつり」が開催されます。その他、四季折々のイベントを開催する予定です。ぜひ多くの皆さんに楽しんでいただければと思います。
 
次回は「南アルプス市内の温泉」です。
 
clover clover clover
 
「キヌアのおせんべい」と前回放送のドライフルーツ・ジャムをセットしてプレゼント!番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン190118~.jpg
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:特選 やまなしの食
◇ ◆ ◇
1月のやまなしINDEXは、「やまなしの食」をテーマにご紹介していきます。今回は「特選 やまなしの食」について詳しいお話を、消費生活安全課の松土敏彦さんに伺います。
 
加藤アナ:昨年、県が認定した「やまなしの食」とは、どのようなものか教えてください。
松土さん:県では昨年9月、山梨県の食文化を形成する郷土食などのうち、特に次世代への継承に取り組んでいくものを「やまなしの食」として認定しました。このうち、歴史や風土に深く結びつくなど、山梨県の食文化において代表的なもの47品目を「特選 やまなしの食」に選定しました。
 
加藤アナ:具体的にはどのようなものがあるんですか?
松土さん:郷土食、行事食、加工食品、ブランド食の4分野に分かれており、郷土食には、おざら、酒まんじゅう、ほうとう、馬刺し、吉田のうどんなど、行事食には、小豆ほうとう、甘納豆のお赤飯など、加工食品には、あわびの煮貝、ころ柿など、ブランド食には、ジビエ料理、鳥もつ煮、かっぱめしなどが選定されました。「特選 やまなしの食」の一覧は、県のホームページにも掲載していますので、ご覧いただければと思います。
 
加藤アナ:「やまなしの食」に関する技術や知識を有し、積極的に継承活動に取り組んでいる5団体を「食の伝承マイスター」として認証したそうですね?
松土さん:山梨県食生活改善推進員連絡協議会、公益社団法人山梨県栄養士会、甲府鳥もつ煮でみなさまの縁をとりもつ隊、上野原せいだのたまじ本舗、山梨県立ひばりが丘高等学校うどん部の5団体を認証しました。
 
次回は「富士河口湖温泉」です。
 
clover clover clover
 
「キヌアのおせんべい」と前回放送のドライフルーツ・ジャムをセットしてプレゼント!番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン190118~.jpg
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:上野原のキヌア
◇ ◆ ◇
1月のやまなしINDEXは、「やまなしの食」をテーマにご紹介していきます。県では、農業者と加工業者、流通業者などが連携した農産物加工品の開発やその販路開拓を支援する「美味しい甲斐開発プロジェクト」を実施しています。今年度は、全部で10の事業者がプロジェクトに参加し、個性豊かな商品を開発しています。今回は、今年度の「美味しい甲斐開発プロジェクト」に参加している上野原ゆうきの輪合同会社の副代表・大神田良行 さんにお話を伺います。
 
加藤アナ:「上野原ゆうきの輪合同会社」について教えてください。
大神田さん:上野原ゆうきの輪は、上野原市内の耕作放棄地を活用してキヌアの栽培等に取り組むため、2012年に設立しました。
 
加藤アナ:「キヌア」というのはどういったものなのでしょうか?
大神田さん:キヌアは疑似雑穀のひとつで、穀物の母とも呼ばれています。タンパク質・ミネラル・脂質が豊富に含まれています。健康食として世界的に注目を集めていて、市場に流通しているキヌアのほとんどは輸入品です。
 
加藤アナ:上野原ゆうきの輪合同会社さんでは、「美味しい甲斐開発プロジェクト」でどんな商品を開発されているんですか?
大神田さん:今年度の「美味しい甲斐開発プロジェクト」では、キヌアを使った甘酒の開発を進めています。
 
次回は「特選 やまなしの食」です。
 
clover clover clover
 
「キヌアのおせんべい」と前回放送のドライフルーツ・ジャムをセットしてプレゼント!番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン190118~.jpg
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:やまなし美味しい甲斐
◇ ◆ ◇
1月のやまなしINDEXは、「やまなしの食」をテーマにご紹介していきます。今日は「やまなし美味しい甲斐」について、一般社団法人やまなし美味しい甲斐の代表を務める原 義盛さんに詳しいお話を伺います。
 
加藤アナ:どのような取り組みを行なっているのでしょうか?
さん:「やまなし美味しい甲斐」は、平成23年度から県が実施している「美味しい甲斐開発プロジェクト」で、農産物の加工品開発に取り組んだ事業者が中心となって商品の販売力強化を目的に、平成26年に設立された団体になります。「美味しい甲斐開発プロジェクト」は、農業者が生産から加工、販売までを行うことで所得を向上させる「6次産業化」を推進するための具体的な取り組みで、このプロジェクトにより、これまでに山梨県産の美味しい農産物を使ったバリエーション豊かな加工品が数多く開発されています。
 
加藤アナ:具体的には、どのようなものがありますか?
さん:例えば、山梨を代表するモモやブドウなどの果物を使った「ジャム」や「ジュース」、ブドウ棚で栽培した天空かぼちゃを使った「天空かぼちゃプリン」など、地域の資源を生かして開発された商品です。どれも山梨市のブドウ農家で、ジャムなどの加工品製造のほか、笛吹川フルーツ公園や山梨街の駅などで、県産の果物を使いフルーツカレーやフルーツサンドとして提供しています。
 
加藤アナ:「やまなし美味しい甲斐」の商品は、どこで手にすることができますか?
さん:地域の農産物直売所やインターネットから手にすることができます。また、JR東日本グループとの連携により、山梨の旬な食材や6次産業化商品などの販売拠点として、甲府駅上りホームに開設したアンテナショップ「やまなしレイルマルシェ」でもお買い求めいただけます。
 
加藤アナ:今後の活動についてお聞かせください。
原さん:「やまなし美味しい甲斐」では、これからも山梨県産の美味しい農産物を使った「安全」で「安心」な商品を県内外の皆さんに届けるために、商品開発や販路の開拓などに努力していきます。
 
次回1月18日の放送は「上野原のキヌア」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:フレイル予防
◇ ◆ ◇
12月のやまなしINDEXは、「健康」をテーマにご紹介していきます。近年、介護予防のひとつとして注目が集まっているのが「フレイル予防」です。詳しいお話を、県福祉保健部健康長寿推進課の晦日一洋さん に伺います。
 
加藤アナ:「フレイル予防」ては、どういう意味なのでしょうか?
晦日さん:「フレイル」とは、「虚弱」を意味する英語「frailty」を語源として作られた言葉で、年をとって心身の活力が低下した状態を意味します。「フレイル」には、うつ、認知機能の低下などを指す「心理的・認知的フレイル」、閉じこもり、困窮などの「社会的フレイル」、老年症候群、慢性疾患などの「身体的フレイル」といった様々な面があり、多くのひとが健康な状態から「フレイル」の段階を経て、要介護状態に陥ると考えられています。一方で、適切な対策や支援があれば、生活機能の維持向上を図ることが出来ます。
 
加藤アナ:「フレイル」の状態かどうかをチェックする方法はあるのでしょうか?
晦日さん:「身体的フレイル」の特徴のひとつ、筋肉量の減少をチェックする方法として、「指輪っかテスト」があります。両手の親指と人差し指で輪を作り、利き足でない方のふくらはぎの一番太い部分を、力を入れずに軽く囲む。囲んだ際に両手の指の間に隙間ができると、筋肉量が減少している危険性が高いといえます。
 
加藤アナ:フレイルを予防するポイントはなんでしょうか?
晦日さん:フレイル予防には栄養・運動・社会参加の3つの対策が大切です。栄養のポイントは、タンパク質と水分をしっかりとること、バランス良く食べること、「噛む力」を維持するために定期的に歯科受診をすることの3つです。運動のポイントは、階段を使うことを意識する、いつもより少し速く歩くなど、少し多めに動くことを心がけることです。社会参加のポイントは、外出の頻度や時間を増やす、家族以外とも積極的におしゃべりすることです。また、現在、住民主体のフレイルチェックに取り組む自治体が全国に広まっています。県内では、笛吹市がこの取り組みを実施しています。フレイルチェックをしたことにより、意識的に運動を始められた方もいらっしゃるようです。
 
次回1月11日の放送は「やまなし美味しい甲斐」です。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:子宮頸がん検診のすすめ
◇ ◆ ◇
12月のやまなしINDEXは、「健康」をテーマにご紹介していきます。みなさんは山梨県での死因第1位が「がん」だということを知っていますか?県では、今年3月「第3次山梨県がん対策推進計画」を策定し、がんの予防や検診受診率の向上などに取り組んでいます。今日は詳しいお話を、県福祉保健部健康増進課の小野千恵 さんに伺います。
 
加藤アナ:がんは早期発見が重要だと聞いたことがありますが、県内のがん検診受診率はいかがですか?
小野さん:がんは見つかるのが早ければ早いほど、治る可能性が高くなるので、がん検診で早期に発見することが重要です。平成28年度の県内のがん検診受診率は、胃がんや肺がん、大腸がん、乳がんはいずれも「第2次がん対策推進計画」の目標である50%を上回りました。しかし子宮頸がんは47.9%と全国平均の42.4%を上回ったものの、目標である50%を下回る結果となりました。
 
加藤アナ:「子宮頸がん」とはどの様ながんなのですか?
小野さん:子宮頸がんは子宮の入り口部分である子宮頸部にできるがんです。日本では年間10,000人以上が子宮頸がんにかかり、およそ3,000人の方が亡くなっています。子宮頸がんのほとんどはヒトパピローマウイルスの感染が原因で、ウイルス感染してから5年から10年の期間を経てがんになることが特徴です。また、子宮頸がんは20歳から30歳代の方が最も多く、近年は増加傾向にあるんです。子宮頸がんは感染してからがんになるまでの期間が長いため、がん検診によって発見しやすいがんと言われているんですよ。「自分には関係ない」と思わずに検診を受診して欲しいと思います。
 
加藤アナ:子宮頸がんの検診を受けていただくために県ではどんな取り組みをされているのでしょうか?
小野さん:県では現在、「子宮頸がん検診受診率の向上」に取り組んでいます。婦人科のクリニックが少ない地域などで検診を行っている子宮頸がん検診車を新しい車両にしました。車体には、「20歳になったら2年に一度の検診を」のキャッチコピーをラッピングし、目を引くデザインで、検診をPRしています。また、今年度から受診率の低い20歳から30歳代を対象に、県内の大学や工業団地で、女性スタッフのみによる、子宮頸がん検診車による無料検診を行っています。
 
次回は「フレイル予防」です。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:やまなし しぼルトメニュー
◇ ◆ ◇
12月のやまなしINDEXは、「健康」をテーマにご紹介していきます。山梨県民の食生活には食塩のとり過ぎや年代により野菜摂取量に差があるなどの課題があります。食塩摂取量の減少や野菜摂取量を増やすことは、循環器疾患の予防につながることから、県では、県民の健康増進に役立つお弁当やお店の料理「やまなし しぼルトメニュー」の提供を推進しています。今日は詳しいお話を、県健康増進課の主幹・相原恵子さんに伺います。
 
加藤アナ:まずは「やまなし しぼルトメニュー」について教えてください。
相原さん:「やまなし しぼルトメニュー」は、県民の皆さんが、健康に配慮した食事が選択できるように、幅広い年代の方が利用するコンビニエンスストアやスーパーマーケット、飲食店などと連携し、基準に沿ったお弁当や食事を提供していただき、県民の皆さんの健康の増進を目指すものです。「しぼルト」とは、「しぼる」と「ソルト」をかけ合わせ、しぼったウエストで、食塩摂取量の減少と適正体重の維持をイメージしています。
 
加藤アナ:県民の食塩や野菜の摂取量はどういう状況なのでしょうか。
相原さん:平成26年度県民栄養調査によりますと、県民の1人1日当たりの食塩摂取量は、男性11.5g、女性9.6gで、1日あたりの摂取目標量8g未満より高い状況となっています。また、野菜の摂取状況は、1日の望ましい野菜の摂取量350g以上の目標量に達していない人は、男性でおよそ5割、女性でおよそ6割となっています。
 
加藤アナ:どのようなメニューが提供されているのでしょうか?
相原さん:現在は和食、洋食、中華が県内の飲食店で提供されていますので、是非食べて頂きたいと思います。詳しくは、県健康増進課ホームページをご覧ください。また、県では、「やまなし しぼルトメニュー」を販売・提供していただける方を募集していますので、興味をお持ちの方は、各保健所までお問い合わせください。
 
次回は「子宮頸がん検診のすすめ」です。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:健康寿命日本一
◇ ◆ ◇
12月のやまなしINDEXは、「健康」をテーマにご紹介していきます。みなさんは山梨県が「健康寿命日本一」であることをご存知でしょうか?今回は、詳しいお話を県健康増進課 の岡部順子さんに伺います。
 
加藤アナ:まずは「健康寿命」について教えてください。
岡部さん:健康寿命とは「自立して元気に過ごすことのできる期間」のことです。食事や入浴、移動など、日常生活が介助や介護なく、自分でできる期間と言われています。 厚生労働省が三年に一度、「都道府県別 健康寿命」を発表しているんですが、山梨県は2010年、2013 年、2016年の過去3回の平均において、男女ともに全国1位になりました。
 
加藤アナ:日本一になった理由は?
岡部さん:専門家が山梨県の健康寿命が長い理由として、次の3点を挙げています。
 まず1つ目は「健康を自覚している人が多い」ことです。「都道府県別 健康寿命」は、国民生活基礎調査をもとに健康寿命を算出しています。山梨県民はこの調査で、「今、健康上の問題で日常生活に影響がない」と答えた人の割合が高く、主観的健康度が高い人が多いと言うことです。
 2つ目は「人と人とのつながりや信頼関係が強いことです。山梨県には、「無尽」という独特の文化があります。家族以外の信頼関係のある仲間と楽しく集まる、その仲間意識・結束力が健康にプラスにつながっているのではないかと考えています。
 3つ目は「高齢者の就業率が高い」ことです。山梨県は高齢者(65歳以上)の就業率が全国トップクラスなんです。仕事以外にも、ボランティアや地域の活動などの割合も高いです。高齢者が、社会の中で役割を持つことが大切だと思います。
 これからも健康寿命を更に伸ばすために、若い頃から食生活や運動など、ひとりひとりの意識を高めていくことが大切です。
 
加藤アナ:ほかにはどのような取り組み行っているのですか。
岡部さん:毎年、小中学生の夏休みにあわせて「夏休み自由研究プロジェクト」を開催しています。今年も、自由研究の進め方がわからない児童・生徒のために、「自由研究なんでも質問箱」も設置して、とても好評でした。
 
加藤アナ:健康づくりに関連したイベントが開催されるそうですね。
岡部さん:12月9日(日)に「平成30年度健やか山梨21推進大会」を開催します。このイベントでは、山梨大学大学院の山縣然太郎教授を講師に招き、「健康長寿日本一の秘訣」について講演をおこないます。時間は午後1時から、場所は県立文学館講堂、入場無料で当日の参加も可能ですので、ぜひ多くの方にお話を聞いていただきたいです。
 
 
次回は「やまなし しぼルトメニュー」です。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。