10月は「移住・定住」を特集しています。今回は、県が行っている「U・Iターン就職支援」の取り組みについて、労政雇用課の林野早紀さんに伺います。
 
小松アナ:県内の状況について教えてください。
林野さん:今は学生にとって「売り手市場」となっていまして、大手企業志向が強まるなど県内の中小企業にとっては新卒者の確保が大変難しくなっています。実際、平成30年に県内の高校を卒業して大学に進学した学生のうち、およそ65%が県外に進学しています。また、平成30年の本県の人口動態において、県外への転出超過数が2,454人となっており、このうち約8割が、20~24歳の若年層が占めている等、若者の県外流出が大きな課題となっています。
 
小松アナ:県ではどのような取り組みを行っていますか?
林野さん:新卒者や求職者向けに、就職支援総合サイト「やまなし就職応援ナビ」を運営し、フェイスブック、ツイッターで情報を発信しています。こちらでは県内の就職イベント情報や県内企業の魅力を紹介する動画を掲載しています。また「新卒者就職応援企業ナビ」というサイトでは県内約670社の企業情報、採用情報やインターンシップ情報も掲載し、条件に合わせて企業を検索することができます。こういった情報サイトに加え、首都圏の大学との学生U・Iターン就職促進協定を現在43校と締結しています。山梨は県外進学者が多いので大学と連携して県内企業の就職情報を提供してもらったり、学内で行う合同就職説明会などで山梨ブースを出すなど学生のU・Iターン就職に向けた取組を進めています。
 
小松アナ:都内にいるとなかなか山梨の就職情報に触れる機会もありませんから効果が期待できそうですね。
林野さん:さらに県では、新卒者の県内就職と県内企業の人材確保を支援するための合同就職面接会を県内だけでなく都内でも開催しています。来春3月には県内と都内で1回ずつ開催する予定ですが、直近では11月21日(木)の午後1時~4時、ベルクラシック甲府にて開催します。参加は無料で、県内企業およそ70社が参加します。県内の企業には、独自の技で、世界でトップシェアを獲得している企業が数多くあります。ぜひ来春卒業予定の方や、一般求職者の方にご参加いただきたいと思います。
 
詳細については就職支援総合サイト「やまなし就職応援ナビ」をご確認ください。
 
次回は、「山梨県外国人材企業相談センター」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
10月は「移住・定住」を特集しています。今回は、今年8月、東京都千代田区大手町に開設された「やまなしUIターン就職支援センター」について県地域創生人口対策課の伊東みきさんに伺います。
 
小松アナ:センターの概要について教えてください。
伊東さん:若年世代の県内の定住人口を増やすため、移住やUIターン就職に関する情報を提供する相談窓口をJR東京駅のすぐそば、大手町のパソナグループ本部ビルの3Fに設置しました。キャリア・カウンセラー1名が常駐し、UIターン就職に係るキャリア・カウンセリングや社会人向けの転職セミナー、大学生向けの就活セミナーなどを行う予定です。個室・予約制となっていますので、利用された方からはきめ細やかなサポートが受けられたとか、東京駅に近く、平日、仕事帰りに立ち寄ることができて便利という声が寄せられています。山梨県は就職期である20歳~24歳の転出が最も多くなっています。そのため、今回開設したやまなしUIターン就職支援センターと、JR有楽町駅前にある「やまなし暮らし支援センター」、さらには今月15日に甲府市のJA会館5Fに開設予定の「ふるさと山梨定住機構」が連携して、若年層の移住と定住を促進していきたいと思います。
 
小松アナ:県では移住される方に支援金も用意しているそうですね?
伊東さん:山梨県へ移住・就職、起業をされた方に、一定の条件のもと、最大100万円の移住支援金を支給する制度があります。ぜひお知り合いの方、山梨への移住に関心をお持ちの方にPRをお願いします。「やまなし移住・定住総合ポータルサイト」にも掲載していますのでそちらもご覧ください。
 
次回は、「UIターン就職支援の取り組み」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
9月は「健康」をテーマに特集しています。今回は、健康増進法の改正で、いま積極的に取り組まれている「受動喫煙対策」について県福祉保健部健康増進課の小林大地さんに伺います。
 
小松アナ:喫煙は「百害あって一利なし」とも言われていますが…
小林さん:たばこには、およそ70種類もの発がん性物質が含まれていて、この煙を吸い込むことで、がんや、脳卒中など、さまざまな病気にかかりやすくなることは既によく知られていますが、実は、たばこを吸っている人が吸い込む煙よりも、周りの人が吸い込む煙の方が発がん性物質やニコチン、一酸化炭素などの有害物質が、数倍も多く含まれているんです。とくに子ども達は自分で受動喫煙を避けられないので、周囲の大人たちはとくに気をつけなければいけません。
 
小松アナ:今回、健康増進法が改正されましたが?
小林さん:望まない受動喫煙からたばこを吸わない人、とくに子どもや妊産婦、病気の人を守るために、たばこを吸う際のマナーはルールに変わります。多くの施設で原則的に、敷地内あるいは建物内禁煙となり、20歳未満の人は喫煙エリアへの立ち入りができなくなります。今年7月から、行政機関や学校、病院などの施設は敷地内禁煙となりました。さらに、来年4月からは、事業所や飲食店、工場、ホテルなど、多くの施設が建物内禁煙となります。標識を設置すれば、喫煙室の中では喫煙可能となりますが、完全分煙となるように一定の基準を満たす必要があります。また、個人あるいは中小企業が経営する小規模飲食店は経過措置として、届出をしたお店に限り、喫煙が可能となります。ただし、この場合は20歳未満の人を喫煙可能な場所に入れることはできず、お店の入口に、その旨の掲示が必要となります。
 
小松アナ:県では「受動喫煙対策」を行っていますか?
小林さん:県では、県民のみなさんに、受動喫煙による健康への影響について情報提供しています。今年度は、健康増進法の一部改正による変更点などを正しく理解していただくため、ポスターやリーフレットによる普及啓発に努めています。また、毎年11月9日から15日までを「山梨禁煙週間」と定め、禁煙や受動喫煙防止を広く啓発しています。
 
 
次回は、「移住・定住」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
9月は「がん制圧月間」です。今年度のがん制圧スローガンは「がん検診 あなたを守る 新習慣」です。今回は山梨県のがん対策について、県健康増進課がん対策推進担当の小林基夫さんに伺います。
 
小松アナ:がんの早期発見、早期治療のために重要ながん検診ですが、山梨県の受診状況はどうなんでしょうか?
小林さん:5大がんと言われる、胃、大腸、肺、乳がん、子宮頸がんのうち、子宮頸がん以外の4つのがんで、がん検診受診率は50%を達成し、全国平均を大きく上回っています。しかし、検診で精密検査が必要とされた方の精密検査受診率は全国に比べて低く、がん検診ががんの早期発見につながっていない可能性があります。
 
小松アナ:精密検査が必要と言われると、ショックを受けてしまう方が多いのかもしれませんね。
小林さん:がん検診で発見されたがんは、7割が早期がんです。早期に発見されたがんは、高い割合で治ります。精密検査が必要と言われたら、早期発見のチャンスです。むやみに怖がらず、必ず精密検査を受けましょう。
 
小松アナ:県ではがんの予防につながる治療などに助成を行っているそうですが詳しく教えていただけますか?
小林さん:がんの種類によっては、ウイルスや細菌などの感染による影響が強く関連しているものがあります。例えば、ピロリ菌と胃がんとの関係、肝炎ウイルスと肝臓がんとの関係、ヒトパピローマウイルスと子宮頸がんとの関係などが挙げられます。これらの感染症対策は、がん予防にも役立つと考えられています。県では、胃がん予防につながるものとして、20歳から75歳未満の県民が健康保険の適用によるピロリ菌の除菌治療を実施した場合には、自己負担額の一部を助成しています。
 
小松アナ:助成を受けるための申請方法等について教えてください。
小林さん:この制度は、令和3年3月に申請の最終締め切りを迎えますので、ピロリ菌の除菌治療をされた方は、ぜひ、この制度を活用していただきたいです。申請用紙は、県庁健康増進課や各保健所・支所でお配りしている他、県のホームページにも掲載しています。また、受診した先でお受け取りいただけるよう、県内で消化器を標榜する医療機関と、各薬局に事前配布していますので、お尋ねいただければと思います。
 
小松アナ:みなさんもぜひ県のHPをご覧になって「がん検診」の大切さと、県の「がん予防」の取り組みをご確認ください。
 
 
次回は、「受動喫煙対策」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
9月は健康をテーマに特集します。今回は「ジェネリック医薬品」について県衛生薬務課の赤池 翔さんにお話しを伺います。
 
小松アナ:ジェネリック医薬品とは、どういうものか詳しく教えてください。
赤池さん:ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ、先発医薬品いわゆる新薬の特許が切れた後に発売されるもので、開発費が安く抑えられることから、一般的には先発医薬品に比べて価格が安くなっています。低価格といっても、原料から製造、販売まで国の定めた厳しい審査基準をクリアしているため、品質、有効性、安全性は先発医薬品と同等です。ジェネリック医薬品をお使いいただくと、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に役立つことになります。しかし、日本は欧米諸国と比較してジェネリック医薬品の使用が進んでいないのが現状です。
 
小松アナ:山梨県ではどのくらい普及しているのでしょうか?
赤池さん:国は80%の使用目標を掲げていますが、山梨は平成31年2月時点で73.6%と全国平均77.5%を下回り、47都道府県中44位と、他の自治体より使用率が低くなっています。
 
小松アナ:何か理由があるのでしょうか?
赤池さん:ジェネリック医薬品についての意識調査によると、まず患者さんは効果が心配、安全性が心配など抵抗感があるようです。薬剤師や医師の方は患者さんが先発医薬品を希望する割合が多いとの意見をあげています。

小松アナ:ジェネリック医薬品普及のため、何か対策は?
赤池さん:県では、病院や薬局でジェネリック医薬品を選びやすくするために「後発医薬品リスト」を作成したり、定期的に後発医薬品に関する科学的な知見などを紹介する講演会も開催しています。また、医師や薬剤師から患者さんにわかりやすく説明してもらうよう、ジェネリック医薬品の説明補助シートの作成、テレビCM・新聞・SNSを利用した動画の配信、お子さんの保護者向け小冊子(マンガ)を作成し市町村の乳幼児検診などで配布してもらうなど啓発活動に取り組んでおります。

小松アナ:ジェネリック医薬品を使うことで医療費負担が減るだけでなく、ひいては私たちの保険財源の改善にもつながることがわかりました。ジェネリック医薬品について詳しくは、県衛生薬務課HPをご覧ください。
 
 
次回は、「がん制圧月間」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
9月は健康をテーマに特集します。今回は今月1日から全国で展開されている「健康増進普及月間」について県福祉保健部健康増進課の大沼真紀さんにお話しを伺います。
 
小松アナ:山梨県は健康県のイメージですが?
大沼さん:厚生労働省による「健康寿命の都道府県ランキング」で山梨県の健康寿命は、過去3回のランキング平均値が男女ともに全国1位であり、健康寿命日本一に輝いています。主な理由は、健康を自覚しているひとが多いことや「無尽」の風習や図書館・公民館等が充実していて、人と人との繋がり、結束力が強いこと。果樹栽培や農業が盛んなことから退職後も働く機会が多く、65歳以上の高齢者の就業率が高いことがあげられます。
 
小松アナ:健康寿命日本一なんてすばらしいですね。今後も維持していきたいですね。 
大沼さん:そのために、今、推奨しているのが生活習慣病を予防するため、日常生活の中で普段より10分多く体を動かすことを心がける「+10運動」です。例えば、歯磨きをしながらつま先立ち、足踏みをしたり、デスクワーク中に姿勢を正し、おなかを凹ませる。遠回りのルートで帰宅などです。適度な運動は骨を丈夫にし、筋肉を強化することはもちろん、運動により消費エネルギーが増えるので余分な体脂肪が減り、肥満の予防・改善につながります。継続することが大事なので、自分の生活リズムに合わせて、無理せず身体を動かしましょう。
 
小松アナ:イベントのお知らせがあるそうですね。
大沼さん:9月28日の土曜日、小瀬スポーツ公園で開催される「いきいき山梨ねんりんピック」の会場に県のブース「健やか山梨21★国保いきいき広場」を開設します。ブースでは、山梨県医師会の整形外科の先生方による運動機能測定や血管年齢・体脂肪などの健康測定コーナーもあります。健康ウォーキング教室もありますのでぜひご参加ください。県福祉保健部健康増進課(電話055-223-1493)までお願いします。
 
 
次回は、「ジェネリック医薬品」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。四方を山に囲まれた山梨県は日本でも有数の山岳県です。今回は、「山梨百名山」について、やまなし観光推進機構の遠藤明子さんに、詳しくお話しを伺います。
 
小松アナ:山梨百名山について教えてください。
遠藤さん:山梨百名山は大きく4つの山系に分かれています。それぞれ簡単に紹介します。すべての山が日帰り可能という比較的身近な山々で、ハイカーに人気が高い「大菩薩・道志山系」。高さが日本第2位の山、北岳がある「南アルプス山系」。日本第一の「富士山」やロッククライミングのメッカ、ハイキングコースとして有名な「三ツ峠山」などがあり、多くの登山者や観光客で賑わう「富士・御坂山系」。そして、今年6月にユネスコエコパークに登録された「甲武信ヶ岳」の周辺エリアを含む「八ヶ岳・秩父山系」があります。
 
小松アナ:登山の難易度にも差はありますか? 
遠藤さん:ここ数年、高齢者や山ガールなどが増え、登山人気はますます高まっていますが、それに伴い、自分のレベルに合わない山に登り遭難してしまう方も増えています。自分の力量にあった山選びをしていただき、山岳遭難事故を防止するため、県と警察、山梨県山岳連盟で、「山梨 山のグレーディング」を作成しています。その表では、縦軸に1~10段階の体力度のグレーディング、横軸にA~Eの5段階の難易度のグレーディングをあらわして、表にしています。楽しく登山していただきたいので、自分の行きたい山を「山梨 山のグレーディング一覧表」から見つけ、難易度を確認して、自分の体力と技術にあっているか確かめて、登ることをお勧めします。山梨百名山を登頂された方に登山証明書を発行しているので、頑張って百名山制覇を目指してください。
 
小松アナ:登山証明書について詳しくは「やまなし観光推進機構」のHPをご覧ください。高レベルの山でなければ、これからの季節、紅葉を愛でながらトレッキングなんかも楽しめそうですね。山のグレーディング一覧を見て、山梨百名山をお楽しみください。
 
 
次回は、「健康増進普及月間」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。今回は、今年の冬から実施されます登山届の義務化について、県観光資源課の増子剛史さんに伺います。
 
小松アナ:登山届の義務化について教えてください。
増子さん:県では、登山の安全を確保するため、登山の届出などを定める「山梨県登山の安全の確保に関する条例」を平成29年に制定しました。この条例では、登山をされる方の責任として、「登山に伴う危険を回避すること」「必要な装備などの準備をして、計画的に登山していただくこと」「登山しようとする山の知識を持っていただき、登山計画を作成していただくこと」などを定めています。
 
小松アナ:危険を避けるためにも事前の準備や山の知識が必要なんですね。 
増子さん:登山の届出は、年間通して提出していただく「努力義務」と、登山する際に特に危険が増す12月から翌3月までの厳冬期と呼ばれる期間に提出していただく「義務」があります。
 
小松アナ:登山の届出の「努力義務」と「義務」の違いはなんですか?
増子さん:「努力義務」は、「提出するように努めてください。」という意味です。努力義務は、富士山六合目よりも上を目指して登山される方や、八ヶ岳、南アルプスの一部の山域に登山される方が対象となります。そして「義務」は、「絶対に提出してください。」という意味です。厳冬期にあたる12月1日から翌3月31日の間は、富士山3,000m、概ね8合目以上や、八ヶ岳、南アルプスの一部の山域に登山する際は、登山届の提出が義務化されます。努力義務や義務の詳細な範囲などは、山梨県観光資源課のHPでお知らせしています。富士山や南アルプス、八ヶ岳以外に登山される方も、安全な登山をしていただくために登山の届出をお願いしています。
 
小松アナ:登山届はどのように作成すればよいのでしょうか?
増子さん:登山届は、名前や住所、年齢の他、登山の期間や行程、携行する装備品や食料、緊急時における連絡先などを記入していただきます。書式は山梨県警のHPからダウンロードできますのでご活用ください。またパソコンやスマートフォンで簡単に登山届の作成から提出までできるオンライン登山計画システム「コンパス」が便利ですので、こちらもご活用ください。
 
 
次回は、「山梨百名山」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。今回は山梨で開発された新品種きのこ、「山梨夏っ子きのこ」について県森林環境部林業振興課の柘植賢二さんに伺います。
 
小松アナ:「山梨夏っ子きのこ」はどんなきのこですか?
柘植さん:「山梨夏っ子きのこ」は、山梨らしい新たな特用林産物として、県森林総合研究所が開発したブランドきのこです。特用林産物とは、森林で生産されるもののうち、木材以外の全てを指します。キノコ類をはじめ、くりなどの樹実類、たらの芽、わさび等の山菜類、木炭類、竹類など多岐にわたり、農山村地域の経済を活性化させる大切な収入源になるんです。「山梨夏っ子きのこ」はクロアワビタケの新品種で、「暑い山梨の夏に、元気に育ったきのこ」をイメージして名付けました。クロアワビタケは、沖縄から台湾にかけて自生するきのこで、ヒラタケやオオヒラタケの仲間です。味はヒラタケによく似ているので、癖もなく何の料理にでも利用できます。一番の特徴は食感で、名前のとおりアワビに似ていて歯ごたえがあります。産地が限られているため、希少性も高く、夏場でも収穫できます。また、普通のきのこよりも日持ちが良いため、冷蔵庫で2週間ほど保存することもできます。県内では2年前から各地で栽培が始まり、山梨市のJAフルーツ直売所や、北杜市白州・山の水農場きのこ専門店、市川三郷町のみたまの湯JA西八代「のっぷい農産物直売所」などおよそ10か所で販売しています。
 
小松アナ:「山梨夏っ子きのこ」をいただけるイベントがあるそうですね? 
柘植さん:8月18日に、山梨市三富の峡東森林組合みとみ直売所において、「特用林産フェア!inみとみ」が開催されます。「山梨夏っ子きのこ」の販売、試食のほか、レシピの配布も行います。
 
小松アナ:山梨夏っ子きのこを試すチャンスです。8月18日(日)午前11:00~午後2:00まで、山梨市三富の峡東森林組合みとみ直売所の「特用林産フェアinみとみ」にお出かけください。
 
柘植さん:県のホームページで、山梨夏っ子きのこの栽培マニュアルや、美味しい調理方法、販売店情報なども公開していますので、是非こちらもご覧ください。
 
次回は、「登山届義務化」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
8月は山の日にちなんで「山」にまつわる特集をお送りします。8月11日に第4回「山の日」全国大会が山梨県内で開催されます。今回は今年の6月に登録された甲武信ユネスコエコパークについて、県みどり自然課自然公園担当の上杉浩一さんに伺います。
 
小松アナ:ユネスコエコパークについて教えてください。
上杉さん:ユネスコエコパークとは生物圏保存地域のことで、1976 年にユネスコがはじめました。世界遺産が、手つかずの自然を守ることを原則とする一方、ユネスコエコパークは、自然と人間社会の共生が目的です。登録総数は、124か国、701地域。「甲武信」は、国内10 か所目の登録となり、県内では、2014年の「南アルプス」に次いで2カ所目です。
 
小松アナ:甲武信とはどのような環境なのですか? 
上杉さん:甲武信ヶ岳、金峰山、雲取山等の日本百名山に挙げられる山々が連なる奥秩父主稜を中心に、荒川、多摩川、笛吹川、千曲川源流部及びその周辺地域をエリアとしています。この地域は、山岳や森に加えて御岳昇仙峡等の渓谷など四季折々に彩りを変える日本的で素朴な美しい自然に恵まれており、首都圏近郊にありながら、貴重な生態系が広く保全されています。また、民俗芸能が保全・伝承され、山岳・神社信仰にまつわる多様な文化が、今もなお息づいている地域でもあります。さらに首都圏や周辺地域の水源域でもあり森づくりや自然保護等に取り組む団体や事業者、地域住民も多いことも特徴です。
 
小松アナ:今回登録されたことで今後どのような効果が期待できますか?
上杉さん:今回の登録を契機に、それぞれの地域において、教育や研修、エコツーリズムなどを通じた、保全活動の担い手の育成、自然と人間社会との共生に関する取り組みが一層活発になることが期待されます。また、世界的な評価を受けたことで、農林産物等の販売の促進のほか、観光面においても、これまで以上に多くの観光客が訪れることを願っています。
ユネスコエコパークへの登録はゴールではなく、スタートです。引き続き、ユネスコエコパークの理念である自然環境の保全と地域資源の持続可能な利活用に向けて、活動を推進していきます。
 
次回は、「山梨夏っ子きのこ」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。