今回のINDEX:健康寿命日本一
◇ ◆ ◇
12月のやまなしINDEXは、「健康」をテーマにご紹介していきます。みなさんは山梨県が「健康寿命日本一」であることをご存知でしょうか?今回は、詳しいお話を県健康増進課 の岡部順子さんに伺います。
 
加藤アナ:まずは「健康寿命」について教えてください。
岡部さん:健康寿命とは「自立して元気に過ごすことのできる期間」のことです。食事や入浴、移動など、日常生活が介助や介護なく、自分でできる期間と言われています。 厚生労働省が三年に一度、「都道府県別 健康寿命」を発表しているんですが、山梨県は2010年、2013 年、2016年の過去3回の平均において、男女ともに全国1位になりました。
 
加藤アナ:日本一になった理由は?
岡部さん:専門家が山梨県の健康寿命が長い理由として、次の3点を挙げています。
 まず1つ目は「健康を自覚している人が多い」ことです。「都道府県別 健康寿命」は、国民生活基礎調査をもとに健康寿命を算出しています。山梨県民はこの調査で、「今、健康上の問題で日常生活に影響がない」と答えた人の割合が高く、主観的健康度が高い人が多いと言うことです。
 2つ目は「人と人とのつながりや信頼関係が強いことです。山梨県には、「無尽」という独特の文化があります。家族以外の信頼関係のある仲間と楽しく集まる、その仲間意識・結束力が健康にプラスにつながっているのではないかと考えています。
 3つ目は「高齢者の就業率が高い」ことです。山梨県は高齢者(65歳以上)の就業率が全国トップクラスなんです。仕事以外にも、ボランティアや地域の活動などの割合も高いです。高齢者が、社会の中で役割を持つことが大切だと思います。
 これからも健康寿命を更に伸ばすために、若い頃から食生活や運動など、ひとりひとりの意識を高めていくことが大切です。
 
加藤アナ:ほかにはどのような取り組み行っているのですか。
岡部さん:毎年、小中学生の夏休みにあわせて「夏休み自由研究プロジェクト」を開催しています。今年も、自由研究の進め方がわからない児童・生徒のために、「自由研究なんでも質問箱」も設置して、とても好評でした。
 
加藤アナ:健康づくりに関連したイベントが開催されるそうですね。
岡部さん:12月9日(日)に「平成30年度健やか山梨21推進大会」を開催します。このイベントでは、山梨大学大学院の山縣然太郎教授を講師に招き、「健康長寿日本一の秘訣」について講演をおこないます。時間は午後1時から、場所は県立文学館講堂、入場無料で当日の参加も可能ですので、ぜひ多くの方にお話を聞いていただきたいです。
 
 
次回は「やまなし しぼルトメニュー」です。
 
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:ミュージアム甲斐ネットワーク
◇ ◆ ◇
11月のやまなしINDEXは、ワインと芸術について紹介していきます。「ミュージアム甲斐ネットワーク」は、山梨県内にある「博物館」や「美術館」がお互いに連携を深めることで、利用される方へのサービスを向上させ、山梨の文化振興を図ることを目的に、平成19年8月に発足しました。現在は、県内の112館で構成し、県立博物館に事務局を置いています。今回は、ミュージアム甲斐ネットワーク事務局の山本倫弘さんにお話を伺います。
 
加藤アナ:「ミュージアム甲斐ネットワーク」では、どのような取り組みをおこなっているのでしょうか。
山本さん:「ミュージアム甲斐in券」というチケットを発行しています。これは、県立美術館・県立博物館・県立考古博物館・県立文学館の4施設の常設展や企画展などを、購入の日から1年間何回でも見ることができるプレミアムチケットです。
 
加藤アナ:どこで購入できるのですか。
山本さん:県立美術館・県立博物館・県立考古博物館・県立文学館の各受付窓口で購入いただけます。一般が5,150円、大学生は2,580円になります。ご家族や友人へのプレゼントとしてもご利用いただけます。
 
加藤アナ:ほかにはどのような取り組み行っているのですか。
山本さん:毎年、小中学生の夏休みにあわせて「夏休み自由研究プロジェクト」を開催しています。今年も、自由研究の進め方がわからない児童・生徒のために、「自由研究なんでも質問箱」も設置して、とても好評でした。
 
加藤アナ:現在、県立博物館で行われている企画展にも、「ミュージアム甲斐ネットワーク」が関わっているんですよね。
山本さん:ミュージアム甲斐ネットワークでは、各施設が行う企画展等を充実したものとし、来館された皆さんにより満足いただけるよう、各施設の間で展示資料の貸し借りを行っています。現在、県立博物館で開催している企画展「文字が語る古代甲斐国」では、ネットワークに参加している県立考古博物館から展示資料を借りているんです。
 
 
次回は「健康寿命日本一」です。
 
 
clover clover clover
 
今月はスペシャルなプレゼントがあります。番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン.jpg
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:アートとワインのコラボ
◇ ◆ ◇
11月のやまなしINDEXは、ワインと芸術について紹介していきます。今回はアートとワインのコラボレーション!ということで、甲州市勝沼町にあるワイナリー「シャトージュン」さんにお邪魔しています。シャトージュン 醸造責任者の仁林さんにお話を伺います。
 
加藤アナ:こちらの「シャトージュン」について教えてください。
仁林さん:「シャトージュン」はファッションメーカー「JUN」グループ直営のワイナリーとして、1979年に誕生しました。自社畑、および契約農家で栽培されたブドウからワインを造っていて、国産ワインコンクールでも数多くの入賞歴があり、看板ワインの「キュベ甲州」は、国際線のビジネスクラスでも採用されています。
 
加藤アナ:歴史とこだわりを感じますね!さて、アートとワインのコラボということで、まさに素敵なワインがこちらにはあるんですよね?
仁林さん:2002年に県立美術館で開催された特別展「ボストンと山梨のミレー」の際に、県内のワイナリー数社と県立美術館が連携して、ミレーの絵をラベルにしたワインを販売しました。シャトージュンでは、山梨が誇る文化資産であるミレーの絵画と県立美術館をもっと広く知ってほしいとの思いから、その後も美術館と連携し、ミレーの絵画6枚をラベルにしたワインを「ミレーシリーズ」として通年で販売しています。
 
加藤アナ:「ミレーシリーズ」とてもおしゃれなので、すべての絵を集めたくなってしまいますね!そして11月3日に山梨ヌーボーが解禁されましたが、今年の新酒の出来映えについて教えてください。
仁林さん:今年は、春先から晴れの日も多く、ブドウの生育は1週間ほど早く進み、空梅雨で病害の発生も少なく、成熟期も適度な降水量と好天に恵まれました。9月に入り、雨の日や曇りの日が続き、良い年の目安である日照時間600時間には達しませんでしたが、甲州、マスカットベーリーAともに健全に成熟しました。今年のワインはブドウの出来が良く、フルーティーに仕上がっていますので、ぜひ多くの方に味わっていただきたいですね。
 
次回は「ミュージアム甲斐ネットワーク」です。
 
 
clover clover clover
 
今月はスペシャルなプレゼントがあります。番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン.jpg
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:山梨県立文学館
◇ ◆ ◇
11月のやまなしINDEXは、ワインと芸術について紹介していきます。山梨県立文学館は山梨にゆかりのある文学者の資料を収集・保存し、展示・公開するとともに、広く文学に関する創作や研究の発表の機会を提供する文化活動の「場」として、平成元年11月3日に開館しました。常設展では、樋口一葉や芥川龍之介など、日本文学史に名を残す文学者たちの資料が数多く展示されています。今回は、11月25日まで開催している「歿後30年 草野心平展 ケルルンクックの詩人、富士をうたう。」について、山梨県立文学館 学芸課の伊藤夏穂さんにお話を伺います。
 
加藤アナ:「草野心平展」について教えてください。
伊藤さん:草野心平は「春のうた」をはじめとする蛙の詩で知られる詩人です。福島県で生まれ、17歳で単身中国に渡り、中国広東省広州の嶺南大学に留学しました。このときに持参した亡き兄の遺品であるノートに書かれた詩や短歌に触発され、詩を書き始めるようになりました。草野心平の作品には個性的なものが多くありますが、彼を魅了し、創作の重要なテーマとなったのが「富士山」だといわれています。
 
加藤アナ:今回の展覧会ではどんな展示が楽しめるのでしょうか?
伊藤さん:1968年に描かれた油彩《赤富士》や、自身の誕生日に富士山を訪れた帰りに河口湖で描いた《わが誕生日に 河口湖富士》など、様々な展示をしています。また、富士山来訪のエピソードや甲府南高校の校歌作詞など、山梨との関わりについても紹介しています。原稿、書、絵画、写真などおよそ250点の資料を通じて、草野心平の生涯と生命力溢れる詩の世界をご覧ください。
 
加藤アナ:今後のイベントについても教えてください。
伊藤さん:11月20日(火)の「県民の日」には、施設の利用料が無料になります。また、書庫見学や消しゴムすくい、バルーンアートのプレゼント企画も開催予定ですので、ぜひお越しください。
 
次回は「アートとワインのコラボ」です。
 
 
clover clover clover
 
今月はスペシャルなプレゼントがあります。番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン.jpg
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:山梨県立美術館
◇ ◆ ◇
11月のやまなしINDEXは、ワインと芸術について紹介していきます。今日は11月3日に開館40周年を迎えた山梨県立美術館に来ています。開館以来、「ミレーの美術館」として広く親しまれている山梨県立美術館ですが、「種をまく人」をはじめ、「落ち穂拾い、夏」といった代表作などを収蔵し、平成20年度にはミレー館をオープンさせました。今年の9月11日からは、県立美術館として70番目のミレー作品となる「角笛を吹く牛飼い」が一般公開されています。詳しいお話を、山梨県立美術館の井澤 英理子さんに伺います。
 
加藤アナ:ミレーが描いた「角笛を吹く牛飼い」について教えてください。
井澤さん:「角笛を吹く牛飼い」は、ミレー中期の油彩画で、夕暮れ時に牛飼いが笛を吹いて牛を呼び戻している様子を描き、一日の終わりの安堵感に満ちた清々しい作品なんです。
 
加藤アナ:現在、開催されている「県立美術館開館40周年記念特別展」についても教えてください。
井澤さん:こちらは県立美術館の開館40周年を記念して、バルビゾン派から印象派の架け橋となったドービニーの知られざる画業に迫る、国内初の機会となる特別展です。ドービニーはあるがままの自然の美しさを描くバルビゾン派の画家です。モネやゴッホなどの後世の画家にも影響を与えたほど近代風景画の歴史上、重要な役割を果たした画家です。12月16日(日)まで開催しています。ぜひドービニーの世界にも触れていただきたいと思います。
 
 
次回は「山梨県立文学館」です。
 
 
clover clover clover
 
今月はスペシャルなプレゼントがあります。番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン.jpg
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:山梨ヌーボー解禁
◇ ◆ ◇
11月のやまなしINDEXは、ワインと芸術について紹介していきます。11月3日は山梨ヌーボー解禁ということで、今回は甲府市にある山梨県地場産業センター「かいてらす」にお邪魔しています。詳しいお話を、「かいてらす」の 山田裕彦専務理事にお話を伺います。
 
加藤アナ:まず、「山梨ヌーボー」について詳しく教えてください。
山田さん:山梨では様々なぶどう品種が栽培され、ワイン醸造が行われていますが、中でも日本固有のぶどう品種である「甲州」と「マスカット・ベーリーA」で造られた新酒ワインを「山梨ヌーボー」と命名して解禁日を設けています。フレッシュでフルーティーな果実の香味が特徴の山梨ヌーボーは、洋食・和食を問わず、様々な料理と共に楽しめるワインとして幅広い支持を得ています。ぜひ全国の多くの皆様に楽しんいただきたいと思っています。
 
加藤アナ:こちらの「かいてらす」ではどんなものが楽しめますか?
山田さん:1階の展示販売フロアでは、ジュエリー・ワイン・甲州印伝・甲州銘菓などを展示販売しています。蔵のコーナーでは、山梨を代表するワイナリー39社の県産ワインを約240種類を取りそろえていますのでぜひお立ち寄りください。開館時間は午前9時~午後5時までで、休館日は第4火曜日と12月27日から31日です。
 
加藤アナ:山梨ヌーボーに関連したイベントも行なわれるそうですね?
山田さん:かいてらすでは、「山梨ヌーボーフェア」と題しまして、11月3日から30日まで、約70種類の新酒が無料で試飲できるイベントを開催します。また、各地で「山梨ヌーボーまつり2018」が開催されます。それぞれのワイナリーが丹精こめて造り上げた新酒ワインを味わうことができます。11月3日は東京の日比谷公園、11月10日と11日は甲府市の小瀬スポーツ公園で開催されます。
 
次回は「山梨県立美術館」です。
 
clover clover clover
 
今月はスペシャルなプレゼントがあります。番組のご感想を添えてご応募下さい。
 
応募ボタン.jpg
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:『 生涯スポーツ 
◇ ◆ ◇
10月のやまなしINDEXは、「スポーツの秋!」ということで「スポーツ」についてご紹介しています。「生涯スポーツ」とは、老若男女を問わず、健康の保持や日々の楽しみとして「いつでも、どこでも、だれでも」気軽にスポーツに親しむことをいいます。今回は詳しいお話を、県教育庁スポーツ健康課生涯スポーツ担当の樋川君子さんに伺います。
 
加藤アナ:県では「生涯スポーツ」に関してどんな取り組みをしているのでしょうか?
樋川さん:県では平成26年に「やまなしスポーツ推進プログラム」を制定し、政策目標の中に「ライフステージに応じたスポーツ活動の推進」と「住民が主体的に参画する地域のスポーツ環境の整備」を掲げ、県民の生涯スポーツの充実を目指して様々な団体と協力して取り組みを行なっています。現在は、「山梨県地域スポーツ推進協議会」を立ち上げ、県内の「スポーツ推進委員協議会」「総合型地域スポーツクラブ山梨」、そして市町村のスポーツ関係者代表及び行政担当者と連携しながら取り組んでいます。
 
加藤アナ:「スポーツ推進委員」と「総合型地域スポーツクラブ」について教えてください。
樋川さん:「スポーツ推進委員」は、身近な地区の公民館へ出向いて、高齢者向けに体操教室を実施したり、世代を超えて楽しめるスポーツ大会や体力測定を実施しています。「総合型地域スポーツクラブ」は地域の誰もがいつでも活動できるような環境のクラブです。例えば、富士河口湖町の「クラブ富士山」では、大人向け、子供向けといった世代別のものや、乳幼児とそのお母さんが参加出来るものなど、対象者に合わせた様々なプログラムを実施しています。
 
加藤アナ:他に私たちが参加できそうなイベントはありますか?
樋川さん:11月11日の午後1時30分から、上野原市文化ホールで「地域の和を広げるスポーツの力」と題して、長野オリンピックスピードスケート日本代表の岡崎朋美さんと、ロンドンオリンピック陸上日本代表佐野夢加さんによる「基調講演」と「パネルディスカッション」を開催します。ご自身の経験を基にスポーツがもつ力の素晴らしさをお話ししていただきます。詳しくは、県スポーツ健康課までお問い合わせ下さい。
 
加藤アナ:県スポーツ健康課の電話番号は、055-223-1782です。山梨ゆかりのオリンピック選手お二方による貴重な講演、ぜひ多くの方に参加していただきたいですね。
 
 
次回は「 山梨ヌーボー解禁 」です。
 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:『 オリンピック・パラリンピック事前合宿誘致 
◇ ◆ ◇
10月のやまなしINDEXは、「スポーツの秋!」ということで「スポーツ」についてご紹介しています。県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、事前合宿の誘致に取り組んでいます。今回は詳しいお話をオリンピック・パラリンピック推進室の清水敬介さんに伺います。
 
加藤アナ:事前合宿の誘致に取り組む目的について教えていただけますか?
清水さん:東京オリンピック・パラリンピックは、世界の国々とスポーツや文化、産業などの分野で交流を深めることができる好機なんです。また、交流人口の増加や地域の活性化も期待ができます。
 
加藤アナ:これまで、どのような取り組みを行っているのでしょうか?
清水さん:県では、事前合宿の誘致が効果的に進められるよう、海外の競技団体と交渉を行うアドバイザーを設置したり、各競技団体に向けたPRを実施し、市町村による事前合宿の誘致を総合的にサポートしています。
 
加藤アナ:取り組みの成果はいかがでしょうか?
清水さん:現在、県内の11市町村が政府の推進する「ホストタウン」に登録していますが、県と一体となり誘致活動を進めた結果、ホストタウンに登録した全ての市町村で、事前合宿が決定しました。
 
加藤アナ:登録した市町村すべてで事前合宿の誘致が決定したんですね。どのようなことが評価されたのでしょうか?
清水さん:山梨は都心に近くて、美しく豊かな自然環境に恵まれているので、選手が集中したり、リラックスできる最適な環境であることが評価されたと思います。フランスの事前合宿地が集まる富士北麓地域では、自分たちにできることで地元を盛り上げようとする動きが始まっています。オリンピック・パラリンピックの開催や事前合宿の様子は、世界の注目が日本に集まる、またとない機会です。この機会を生かして多くの県民の皆さんがどんなことが出来るか「ワクワク」しながら考えていただき、行動していただければと思っています。
 

次回は「 生涯スポーツ 」です。

 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:『 東京オリンピック自転車競技ロードレース 
◇ ◆ ◇
10月のやまなしINDEXは、「スポーツの秋!」ということで「スポーツ」についてご紹介しています。今年8月9日に、東京オリンピック自転車競技ロードレースが、道志村、山中湖村を通過するコースとなることが決定しました。山梨県東京2020オリンピック自転車競技ロードレースアドバイザーの今中大介さんに詳しいお話を伺います。
 
加藤アナ:今中さんは、甲府市在住で、1996年に、「近代ツール・ド・フランス」に日本人プロ選手として初めて出場するなど、国内外のレースでご活躍されました。現在は、全日本実業団自転車競技連盟副理事長、やまなし大使としても活躍されており、山梨県のアドバイザーを務めていらっしゃいます。「自転車競技ロードレースアドバイザー」とは、どのような役割なのでしょうか?
今中さん:「自転車競技ロードレースアドバイザー」は、オリンピックに向けて専門家としてアドバイスをします。また、県の広報や県内イベントなどへ出演して、自転車競技の魅力もPRしていきます。先日も、県の広報テレビ番組に出演してコースの特徴などを紹介しました。
 
加藤アナ:自転車競技ロードレースは、どんなコースなんでしょうか?
今中さん:東京都の武蔵野の森公園をスタートし、神奈川県を通過して道志村に入ります。そして、山中湖村を経由し静岡県内の富士スピードウェイでゴールするコースです。コースの総距離は男子約244km、女子約147km、スタートからゴールまでの上った高さの合計は、男子で約4,865mとなり、日本を象徴する富士山を臨みながら、起伏の激しい難易度の高いコースとなっています。日本を象徴する富士山を臨みながら、面白いレース展開が期待できると思います。
 
加藤アナ:とても大変そうなコースですが、富士山など山梨県の魅力をアピールする絶好の機会にもなりそうですね。そして、11月には体験イベントもあるそうですね?
今中さん:11月10日と11日の2日間、「県民の日」小瀬会場で自転車競技体験イベントが行なわれます。自転車とVR映像再生システムで実際のオリンピックコースを体験できたり、ローラー台に固定されたロードバイクで、最高速度を計測し、自転車でどれだけ速度が出せるか挑戦することもできます。ぜひ多くの県民の皆さんに体験していただきたいですね。
 

次回は「 オリンピック事前合宿誘致 」です。

 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。
 
今回のINDEX:『 県が取り組むスポーツ施策 
◇ ◆ ◇
10月のやまなしINDEXは、「スポーツの秋!」ということで「スポーツ」についてご紹介していきます。県では、「健康で豊かな生活を営むことができる『やまなしスポーツ』の創出」を推進していくため、「やまなしスポーツ推進プログラム」を策定しています。詳しいお話を、県教育庁スポーツ健康課の山本晃司さんに伺います。
 
加藤アナ:「やまなしスポーツ推進プログラム」について教えてください。
山本さん:このプログラムでは、「ライフステージに応じた健康の保持増進やスポーツの推進」「競技スポーツの推進」「スポーツ界の好循環の創出」の3つの基本方針にそって様々な取組や目標を設けています。今回は、「ライフステージに応じた健康の保持増進やスポーツの推進」の中から「子どものスポーツ機会の充実」に係る取り組みをご紹介します。県では、子どもたちが学校や地域でスポーツに親しみ、その楽しさを実感できること、また、様々なスポーツと出会うことでしなやかな心を培い、健康で豊かな生活が送れることを目指しています。
 
加藤アナ:実際にどのような取り組みが行われているのですか?
山本さん:県では昨年度から新たに「目指せ!やまなしチャンピオン!」という取り組みを始めました。この取り組みのねらいは、県内の小学生が、6つの運動種目に他校と記録を競い合って楽しみながら取り組むことで、運動の習慣化を図り、子どもたちの体力向上を目指すことです。
 
加藤アナ:「目指せ!やまなしチャンピオン!」とても面白そうな取り組みですね。どのような種目があるんですか?
山本さん:1週間に走った平均距離を競うロングランニング、1人30メートルの折り返しリレーのタイムを競う30メートルシャトルリレー、長なわ跳びの回数を競うエイトマン、1分間に跳べた回数を競う短なわレディGO、1分間に跳べた回数を競う馬跳び、3分間のキャッチボールの回数を競うドッジラリーの6種目です。この中から学級ごとにエントリーしたい種目を選び、挑戦した結果を県スポーツ健康課に提出してもらいます。そこから種目・学年別にランキングを作成し、「月間賞」「学期賞」「年間賞」の3つの賞の受賞クラスを決定します。受賞したクラスには、賞状を授与しています。 6つの種目を設けることで、「走る」「跳ぶ」「投げる」の運動の中から、挑戦したい種目を選択することができ、クラス単位でお互い協力し合いながら取り組むことで、楽しみながら体力を高めることができると考えています。今後もぜひたくさんの学校に参加していただきたいと思っています。
 

次回は「 東京オリンピック自転車競技ロードレース 」です。

 
clover clover clover
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
是非お楽しみください。