11月の県政トピックス

今回のINDEX : 『 11月の県政トピックス 』
 
 
山梨放送アナウンサーの加藤響子です。
 
山梨県がお送りする『やまなしINDEX』です。
 
今回のINDEXは『 11月の県政トピックス 』です。今月の県の動きを振り返ります。
 
◇ ◆ ◇
 
『 県の新たなブランド魚 』
 
テレビのニュースや新聞でご存じの方も多いのではないでしょうか?
 
県では、平成19年に開発を始め、キングサーモンとニジマスの交配に成功した新しい魚の山梨らしい魅力的な名称を広く公募した結果、全都道府県から3,163点の応募がありました。
 
その中からこの県の新たなブランド魚の名前が「富士の介」に決まりました。
 
山梨らしくて良い名前ですね。親しみももてます。
 
「富士の介」は、キングサーモンの脂の乗りが良いことと、ニジマスの養殖がしやすいという両者の良い所を併せ持ち、3年で体長約70cm、体重約3kgまで育つのが特徴です。
 
また、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の初出荷を目指し、今月16日(木)と17日(金)に県内の養殖業者へ「富士の介」の卵を提供し、養殖技術の確立も図っていくそうです。
 
そして試食会などで、多くの方に「富士の介」の魅力を伝えて養殖業者などの関係者と連携し、「山梨ならではのブランド魚」に育てていくそうです。
 
山梨の魚と言えば「富士の介」と思ってもらえるようになると良いですね。
 
 
『 山梨県・忠清北道 姉妹締結25周年 』
 
韓国の「忠清北道」(ちゅうせいほくどう)は朝鮮半島の中央部にあり、韓国内で唯一、海と接していない区域だそうです。
 
山梨県と同じ盆地に囲まれた環境ということもあったのでしょうか、山梨県と韓国の忠清北道は平成4年3月に姉妹締結しまして、今年で25周年を迎えました。
 
締結以来、行政、経済、文化、スポーツなど幅広い分野で交流を進めてきました。
 
今年の8月には、忠清北道での25周年記念行事に参加するため、後藤知事が忠清北道を訪問し、観光や経済などの分野で交流を強化するための合意書も交わしました。
 
また今月17日(金)には、忠清北道のイ・シジョン(李 始鐘)知事ほか14名が山梨県を訪問されました。
 
そして翌18日(土)に、小瀬スポーツ公園で開かれました「県民の日記念行事」で県と韓国・忠清北道の姉妹締結25周年を祝う記念式典が行われ、会場には忠清北道広報ブースで特産品の紹介や観光PRが行われました。
 
今後も良好な関係を築いていきたいですね。
 
◇ ◆ ◇
 
今回は『 11月の県政トピックス 』をご紹介しました。
 
次回は『 県民債 』です。
 
山梨県がお送りしました「やまなしINDEX」。お相手は加藤響子でした!!それではとても良い週末を!!
 
 
clover clover clover
 
 
YBSラジオ『やまなしINDEX』は放送後に当ホームページにてお聞きいただけます。
 
是非お楽しみください。
 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ