<特集>『ほんとけ?山梨』せっさんを徹底調査!!

20150601tetv01.jpg

山梨県民の疑問を解明する『ほんとけ?山梨』

 

きょうのテーマは「せっさん」sign01

 

県内市町村の職員の皆さんに伺ったところ、
「せっさん」という指遊びを30代までの人なら、一度はしたことがあるということが分かります。

20150601tetv02.jpg

しかし、この「せっさん」という言い方が通用するのは、山梨だけなんですcoldsweats02
そこで今回、せっさんにまつわる疑問を調べてきましたsign03

 

まずは、「せっさん」という言葉に反応するのは山梨県民だけなのかを検証dash

 

山梨学院大学のキャンパスで聞いてみると…

 

山梨出身の学生なら、せっさんという言葉に反応してくれますhappy01

 

しかし、分からないと答える学生の姿も。
 

20150601tetv03.jpg
 

出身を聞いてみると…

 

「群馬…(呼び方は)いっせーのせ!」

 

さらに調査すると呼び方も様々。
 

 

「指スマ。」「いっせーの。」
「せっさんは意味不明。」

 

調査の結果、確かにせっさんという言葉に反応するのは、山梨県民だけでしたwobbly

 

さて、このせっさん。普段どんな風に遊んでいるんでしょうかconfident
 

20150601tetv04.jpg

舞鶴小学校におじゃまして話を聞いてみると、
主にお菓子を食べる順番を決める時などに、せっさんをしているそうです。
かわいいですねhappy01

 

じゃんけんとせっさんの使い分けについて聞いてみると…

 

「じゃんけんは運。せっさんは実力。」

 

実際に実力を見せてもらうと、なかなかの腕前sign01

 

「相手の動きを読む。前にあげていないなら、次に上げる…」

 

子どもも大人も夢中にさせてしまう「せっさん」のルーツや語源について、
今度は県立博物館で学芸員の丸尾さんにうかがってきましたnote

 

「日本には平安時代から奈良時代には中国から伝わってきたんじゃないか。
語源は、積算か説算のいずれかではないか。
指の数の合計を出す積算。合計の数を述べるのが説算。」

 

せっさんのルーツをさかのぼると、中国に行きつきました。
ということで、中国からの留学生に話を聞いてみると、同じような手遊びがあることが判明。

 

両手の指を開いたり握ったりして、その合計が0、5、10、15、20のどれかを当てます。
指の数は違いますが、せっさんと同じ遊び方です。

 

国や世代を問わず、みんなに愛されていましたsign01

 

山梨だけで「せっさん」という理由はよくわかっていませんが、
実は山梨は昔から、日本古来の数学、和算という学問がとても盛んな土地柄だったんです。

 

積算などの語源に近い「せっさん」と呼んでいるということは、
もしかしたら山梨が発祥なのかもしれませんねconfident

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31