<特集>『はらペコ横丁』旬の地魚握り&山梨もてなしフレンチ

20150401tetv01.jpg

今日(12/2水))は、
おかめ鮨 さんと『レストランニューポート さんをご紹介しました。




おかめ鮨(富士川町大椚)


二代目の佐久間利和さんが出迎えてくださいました。shine







-こだわりのネタ-

お店のこだわりは寿司ネタ。

千葉県館山市の船形漁港から毎日、直送されているんです。

魚を知り尽くしているだけに包丁さばきも軽やかhappy02










-旬の地魚にぎり-

 

旬握り.jpg
 

太平洋の黒潮に乗った先ほどの鰆や生マグロなどそれぞれが主役ともいえる贅沢な9貫です

やさしい桜色の鰆は、脂がのりすぎて口の中でとろけてしまうほど。

また、食感がたまらない「ハタ」や高級魚「キンメダイ」、「ウスバカワハギ」にも感動しました


何かの魚.jpg



-人気「まぐろづくし」-

 まぐろ尽くし.jpg

生マグロ6貫に鉄火巻1本でリーズナブルなお値段。

新鮮なマグロがボリュームたっぷり味わえる子供から大人まで楽しめる一品です。

 まぐろ寄り.jpg

「ほかの店がおいしかったと言われたくない、どこにも負けないおいしい寿司を出していきたい」

そんなご主人の心意気が十分伝わる、極上の握り。

感無量でした。


 









レストランニューポート(市川三郷町)
 

 シェフの小林祐介さんと母のみつ子さんが出迎えてくれました。

祐介さんは東京都内やフランスで修業を重ねた後、地元市川三郷町に戻り、地元素材などを使った料理を提供しています。

「旬ごとに素材を見極めて一番いい状態の素材を使った料理を心がけている」

 


-フレンチフルコース-



一枚の絵画のようなお料理は、これからの季節のおすすめ。

 


 

・オードブル

ニューポートサラダ.jpg

南アルプスの水で育った美しい色合いの魚「アカネマス」と地元産の野菜を使った一品。

脂ののり加減が絶妙で、肉厚ながらも口の中でとろけていきます。

 

・特製ビスクスープ

 

・魚料理「イトヨリダイと車海老のポワレ」

 ニューポート魚.jpg

 

・メイン「地野菜と黒毛和牛のステーキ」

ニューポートメイン.jpg

A5ランクの最高級のお肉に小林さんがアクセントを加えた一品。

厳選した黒毛和牛のメスだけを仕入れているのでキメが細かい繊細な味。

 

・洋ナシのデザート

これからが一番おいしい地元・富士川町産の洋ナシのデザート。

 

 


「食べた人には山梨の良さを改めて知ってもらい、いい思い出をお持ち帰りしていただきたい」

 

山梨の食材を愛しているからこそ、丁寧にそして最上の味に料理を仕上げるご主人。


 



 

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31