<特集>山梨県内の妖怪伝説めぐり!

3月28日(月)放送

特集

「やまなし妖怪さんぽthunder


子どもたちの間で冷めやらぬ「妖怪ブーム」

じつは、山梨県内にも多くの妖怪伝説があるんです。

今回は春休みに訪ねてみたい妖怪スポットをご紹介しました。



 


0328タイトル1.jpg

0328お寺外観.jpg


こちらに伝わる妖怪は・・化けガニ。


0328掛け軸.jpg

お寺には化けガニ伝説を描いた掛け軸が。

裏側に残された文章・・・。


 

さらに、化けガニの爪痕が残る石・・・。

0328かにの石2.jpg


地域に伝わる、

「畳2畳敷き位の大きさのカニの甲羅がある」とかないとか・・・・。


蟹沢(かにさわ)という地名からも、

お寺の周辺にたくさんいたカニが生息していたそう。

その影響でこういった伝説が生まれたのではないか、ということでした。

 

なお、寺の境内にある化けガニの爪痕とされる石は

一般の方も見学することができるそうです。

 

 寺の境内にある化けガニの爪痕とされる石は.jpg

 

 

0328タイトル2.jpg

0328神社2.jpg


本殿は、国の重要文化財にも指定されている神社。

こちらには「夔(き)の神」という御神像があるのですが、

それが1本足妖怪の元祖とも言われているそう。


こちらです。


0328キの神.jpg

高さ67cmのその木像は、

首に「たてがみ」、

また大きくむいた目が前に立つ者を見据えます。


さらに、

「夔(き)の神」を彫った木版は、

江戸城大奥・水戸家などへ献上されたとも言われています。

ご近所には、

「夔(き)の神」の掛け軸を所有している方も。


0328キの神の掛け軸.jpg

雷が落ちて嵐が来そうだという時に、

夔(き)の神さまの掛け軸を飾ってお祈りすれば

御利益があるという言い伝えがあるそうで、

魔よけとしても飾っているそうです。


なお、今年は7年に1度の御開帳の年!

4月4・5日に開かれる山梨岡神社の「春の例大祭」で

「夔(き)の神」の一般公開があります。

ぜひこの機会をお見逃しなく。

 

14月4・5日に開かれる山梨岡神社の「春の例大祭」で.jpg

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31