2019年5月アーカイブ

次回のVENTめしは・・・
 
佐藤洸一 選手 × サクランボsoccer

0604佐藤洸一.jpg

6月4日(火)ててて!TVで!!

お見逃しなくhappy02

0528.jpg

<材料>
スナップえんどう 12本
豚ひき肉 200g
しょうが(みじん切り)小さじ1
にんにく(みじん切り)小さじ1
●酒 大さじ1 味噌 大さじ1 練りゴマ 小さじ1 醤油 小さじ2 砂糖 小さじ1
玉ねぎ(薄切り) 1/4個
ゆでたまご 2個
○マヨネーズ大さじ2 塩・こしょう少々
クリームチーズ 大さじ2
食パン(6枚切)4枚

<作り方>
1. スナップえんどうは、鍋にお湯を沸かし、塩を入れて2分くらい茹でる。茹であがったら冷水につけて冷ます。
2. フライパンにバターを熱し、スナップえんどうを炒める。
3. フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、しょうが・にんにくを炒め、豚ひき肉も加え●で味付けする。
4. ゆでたまごは細かく刻み○で味付けする。
5. 食パンをトーストする。
6. 3のパンにクリームチーズを塗る。
7. パンにスナップえんどう→ゆでたまご→豚そぼろ→玉ねぎをはさむ。
8. 真ん中で半分に切る。

<メモ>
スナップえんどうは茹でるときに塩を入れることで味わいが引き立ち、茹であがりに冷水につけることで色が鮮やかになります。スナップえんどうはさやえんどうのシャキシャキ感とグリーンピースの豆の甘味を一緒に味わうことができる品種。肉厚でさやごと食べられるので食物繊維もしっかりとることができます。

次回のVENTめしは・・・
 
松橋優 選手 × スナップエンドウsoccer

0528松橋優.jpg

5月28日(火)ててて!TVで!!

お見逃しなくhappy02

528.jpg

<材料>
新じゃがいも 3個
○片栗粉 大さじ2
○加熱用チーズ 30g
○塩 小さじ1/2
○牛乳 大さじ2
市販のトマトソース 大さじ4
モッツァレラチーズ 100g
加熱用チーズ 100g
パンチェッタ 50g
玉ねぎ(薄切り) 1/4個分
バジル 適量

 
<作り方>
1. 新じゃがいもは蒸かして柔らかくする。
2. 新じゃがいもは皮を剥かずにマッシュし、○の材料を混ぜ合わせる。
3. フライパンにサラダ油を熱し、2の生地を広げて焼く。
4. 裏返したら、トマトソースを塗り、パンチェッタ、玉ねぎ、加熱用チーズ、モッツァレラチーズをのせて蓋をしてチーズが溶けるまで焼く。
5. お皿にのせてバジルをちらす。
じゃがいもはビタミンCが豊富。じゃがいもはでんぷん質がビタミンCを包み込んでいるので加熱をしても損失を抑えてくれます。
皮つきのまま丸ごと加熱するとさらにおいしさアップ。
次回のVENTめしは・・・
 
田中佑昌 選手 × 新じゃがいもsoccer

0521田中佑昌.jpg

5月21日(火)ててて!TVで!!

お見逃しなくhappy02

0514.jpg

<材料>2人分
春キャベツ 1/2個
パスタ 160g
シーフードミックス 200g
にんにく(みじん切り) 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
生クリーム 200ml
レモン汁 小さじ2
レモンの皮 少々
パセリ 少々
 
 
<作り方>
1. 春キャベツは太めの千切りにする。
2. フライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて火にかける。
3. 香りが出てきたら、春キャベツを炒める。しんなりしてきたら白ワインを大さじ3入れてアルコールを飛ばす。
4. 生クリーム・シーフードミックス、塩小さじ1を加え蓋をして煮込む。
5. パスタを茹でる。(塩を入れたお湯)
6. パスタが茹であがったら、4のフライパンに加え、混ぜ合わせレモン汁を加え塩加減を整える。
7. お皿に盛りつけて、レモンの皮のすりおろしたもの、パセリを散らす。
 
<メモ>
春にしか食べることのできない春キャベツは葉が柔らかくみずみずしく甘味が強いのが特徴。
春キャベツに含まれるビタミンCやビタミンUは水溶性なので、煮汁ごと食べると効率よく摂取できます。
次回のVENTめしは・・・
 
小林岩魚 選手 × 春キャベツsoccer

0514小林岩魚.jpg

5月14日(火)ててて!TVで!!

お見逃しなくhappy02

0507.jpg

<材料>2人分
富士桜ポーク(豚バラ肉ブロック) 300g
じゃがいも 3個(3~4等分に切る)
玉ねぎ 1個(くし型切り)
三つ葉 3本
◎水 250ml
◎塩 小さじ1
◎酒 大さじ2
◎にんにく(みじん切り) 小さじ1
◎おろししょうが 小さじ2
◎みりん 大さじ1
◎昆布茶 小さじ1/2
ごま油 大さじ1
 
<作り方>
1. 富士桜ポーク豚バラブロックは3センチくらいの長さに切る
2. 酒大さじ3を入れて沸騰させたお湯でさっと茹でる
3. 茹でた豚バラ肉を表面を洗って油を落とす
4.フライパンで3の豚バラ肉の表面を焼き色がつくように焼く(中まで火が通っていない状態でよい)
5.鍋に豚バラ肉・じゃがいも・玉ねぎを入れて◎を入れて火にかける
6.沸騰したら火を弱め、じゃがいもが柔らかくなるまで20~30分煮る
7.じゃがいもが柔らかくなったら塩加減を整えてごま油を全体に回しかける
8.お皿に盛りつけて粒マスタードを添える
 
<メモ>
富士桜ポークは口の中でとろける甘味のある脂と保水性が高くジューシーな口当たりが特徴です。
豚バラ肉の余分な脂はさっと湯通しして落とし表面を焼くことで肉の旨みを閉じ込めます。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
JA全農やまなし
信玄食品
トップホームズ