塩味なのにコクのある 富士桜ポークの旨塩肉じゃが(5月7日OA)

0507.jpg

<材料>2人分
富士桜ポーク(豚バラ肉ブロック) 300g
じゃがいも 3個(3~4等分に切る)
玉ねぎ 1個(くし型切り)
三つ葉 3本
◎水 250ml
◎塩 小さじ1
◎酒 大さじ2
◎にんにく(みじん切り) 小さじ1
◎おろししょうが 小さじ2
◎みりん 大さじ1
◎昆布茶 小さじ1/2
ごま油 大さじ1
 
<作り方>
1. 富士桜ポーク豚バラブロックは3センチくらいの長さに切る
2. 酒大さじ3を入れて沸騰させたお湯でさっと茹でる
3. 茹でた豚バラ肉を表面を洗って油を落とす
4.フライパンで3の豚バラ肉の表面を焼き色がつくように焼く(中まで火が通っていない状態でよい)
5.鍋に豚バラ肉・じゃがいも・玉ねぎを入れて◎を入れて火にかける
6.沸騰したら火を弱め、じゃがいもが柔らかくなるまで20~30分煮る
7.じゃがいもが柔らかくなったら塩加減を整えてごま油を全体に回しかける
8.お皿に盛りつけて粒マスタードを添える
 
<メモ>
富士桜ポークは口の中でとろける甘味のある脂と保水性が高くジューシーな口当たりが特徴です。
豚バラ肉の余分な脂はさっと湯通しして落とし表面を焼くことで肉の旨みを閉じ込めます。

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
JA全農やまなし
信玄食品
トップホームズ