探究学習サポート「ふじやま探究」

「ふじやま探究」は山梨放送が、探究学習をサポートするICT教材「Time Tact」を提供する株式会社Study Valleyと連携して行う高校生・中学生向けの学習支援の取り組みです。

「ふじやま探究」では、ご参加いただいた地元企業が「取り組んでいる社会課題」や「自社で抱える課題」を学校の教材として提供します。

 

子どもたちは授業を通じて、「活きた地域の課題」を授業の教材とすることで、より良い方向に考え解決策を導き出す「生きる力」を育んでいきます。

 

また、地元で働く身近な大人を知ることによって、将来の山梨県における人材教育と人材確保につながると考えています。

 

StudyValleyと山梨放送は、県内企業の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 「探究学習」とは?

探究学習は課題発見から解決までの能力や自己理解に重点が置かれる学習で、社会で求められる力の育成を目指します。

 

 

小学校や中学校では「総合的な学習の時間」の科目、高等学校では「総合的な探究の時間」などの科目において、探究学習を導入した授業が行われています。

探究学習は、2022年4月から全国の高等学校において必修化されました。

 

 

「TimeTact」について

 

「ふじやま探究」では、株式会社StudyValleyの探究学習支援プラットフォーム「TimeTact」を活用します。

 

生徒だけでなく、教員にとっても探究学習をより分かりやすく進めることができるツールとなっています。

 

もっと詳しく知りたい方はStudyValleyのホームページをご覧ください。

 

 

 「ふじやま探究」で取り組むこと

 

「活きた課題」を学校に提供

探究学習に欠かせない社会の活きた課題を山梨県内企業から学校に提供します。

授業を通じて活きた地域の課題に高校生が取り組むという社会に開かれた学びを実現します。

 

ICT教材に県内企業を掲載

授業で使用するICT教材に、企業の事業内容や日々取り組んでいる課題を掲載します。

企業や地域の魅力について早い段階で知ってもらい、若者が地元で仕事・生活していくモデルケースを示すことができます。

 

生徒・教員の両方をサポート

ICT教材「TimeTact」を活用することで、生徒・教員両方の面で探究学習をサポートし、企業にとって負担の少ない形で探究学習を進めることができます。

 

 

 お問い合わせ

 

山梨放送 クロスメディア戦略室

電話:055-231-3229