お花見ごはん(3月27日)

 

簡単、楽しく、アイディア一つで食卓が彩り鮮やかに。

紹介したレシピはこちら。

 

 

手まり寿司

 

材料

 

 

作り方

<まぐろ、鯛、いか>

①ラップを広げてネタと大葉を置いてその上に30gぐらいの、すしめしを置

②ラップの角(かど)を持って、ねじりながら形を整える

※この他の、鯛やイカなどの寿司ネタも同じような手順で丸める

 

おすすめトッピング
・まぐろには、「菜の花」
・鯛には「梅の果肉」などが相性ばっちり

 

<薄焼き卵>

①ラップを広げて、すしめしを置いて、ねじればOK。

②お好みで、きゅうりといくらなどトッピングすれば完成

※桜の葉&錦糸卵の組み合わせや、酢飯にエキストラヴァージンオイルやえごまオイルを混ぜるのも、ヘルシーかつ美味!(えごま油の場合は、ご飯1杯に対して小さじ1杯くらいの量が目安)

 

 

道明寺椀

 

 

 

材料

 

 

 

作り方

<吸い口>

①鍋にだし汁とお酒を入れて、一度沸騰させた後、薄⼝醤油と塩で味付けをする

②水で溶いた片栗粉を入れて、とろみをつける

 

<お餅>

①耐熱ボウルに道明寺粉、食紅を混ぜた水、塩を入れて混ぜる

②ラップをかけて600wの電⼦レンジで3分程加熱する

③一度ヘラでかき混ぜて、さらに1分加熱し、取り出したら、10分ほど蒸らす

④ ③を1つ40g程度の俵型にして桜の葉で包む

⑤お椀に道明寺餅や湯引きした鯛、菜の花を添えて先ほどの汁を入れて完成

 

 

 

 

桜のミルクゼリー

 

 

材料

 

 

 

作り方

<下の層>

①鍋に牛乳と砂糖を入れて加熱して溶かす

②牛乳が50-60℃になったら、ふやかしておいたゼラチンを入れて、よく混ぜる

③バニラエッセンスも加えて⾵味をつける

④③を「氷⽔の⼊ったボウル」につけて冷やし、混ぜていくとゼリー液にとろみがついてくる

⑤お好みの容器に入れて冷蔵庫で冷やす

 

<上の層>

①水を食紅で色づけする
それにグラニュー糖を混ぜて火にかける

②グラニュー糖が溶けて50-60℃になったら火を止め、風味づけのレモン、ゼラチンを入れて、よく混ぜて溶かす

③水気を切った桜の花を容器にのせる

④③にゼリー液をミルクゼリーの上に流し入れる

⑤冷蔵庫で冷やせば完成。


2017年3月27日 04:05