一子相伝でつなぐ味!元祖・身延まんじゅうを次世代へ(7月4日OA)

身延町の甘養亭河喜からお届け!

創業は1626年の老舗和菓子店で、みのぶまんじゅうの発祥のお店なんです。

小判の形をした「みのぶまんじゅう」のほかに、丸い形の「身延萬寿」も販売しています。

「寿を延ばす御菓子」として、食べていただいた方に幸せになってもらいたいという思いを込められています。

こちらのみのぶまんじゅうは、皮には一子相伝の蜜が入っていて、あんこは北海道産のあんこを自家製で作っています。
代々受け継がれた味をこれからも守り続けていきたいということです!


2019年7月4日 07:16