先人の知恵!伝統野菜「水ネギ」収穫期 1月27日

富士吉田市や都留市の一部で収穫される「水ネギ」は

富士山の伏流水で育まれる伝統野菜です。

3DSC_0673

富士山の湧水は6℃前後で保たれ、冬でも凍らないため、

昔から、農閑期に作られてきた先人の知恵です

富士山麓の「水かけ菜」と比べても、生産者が少ないため希少な野菜なのです。

3DSC_0669

この水かけ菜の田んぼの中を、よ~く見ると…

発見!!

4DSC_0678

夏場は、ジャガイモ畑ですが、

同じ畑で、冬になると「水ネギ」を育てる羽田さんの畑に伺いました。 

3DSC_0682

「水ネギ」は非常に香り高く、味が濃く、粘りが強いのが特徴で、

ネギ味噌やマグロ和えにすると、ご飯が進みます!

3DSC_0679

羽田さん自家製の「吉田のうどん」との相性もバツグン。

羽田さんによると、冬の吉田のうどんと言えば、

「水ネギ」と「水かけ菜」だそうです。美味でした。

 3DSC_0680

おいしい水ネギ。ごちそう様でした!

 

和泉義治


2017年1月26日 09:48