節分を前に老舗豆店は大忙し 1月19日

3DSC_0678

2月3日の節分が近づく中、

甲府市中央の「三枝豆店」には、手作りの豆菓子などがずらりと並びます。

3DSC_0667

オーソドックスの福豆や、核家族化により人気の少量のセットのほか、

枡に入った豆も縁起が良いですよね。

3DSC_0668

その豆を煎る作業は12月から始まり、今は最後の追い込み時期。

まずは、大豆を8~10時間、水に浸けます(水温や気温によって調整されます)

3DSC_0675

一晩寝かした大豆を、煎り豆機に投入!

豆から弾ける音が聞こえてきたら、完成間近だそうです。

3DSC_0673

何度も豆を取り出し、煎り具合を確認したあと、

最後は、まさに職人技です。

実際に手に取ってみて、皮のむけ方で判断します。

3DSC_0666

余熱で、中までカリッと仕上がるんですって。

3DSC_0670

4代目の職人技に脱帽。

職人の煎った本物の味で、節分を過ごしてみてはいかがでしょうか?

3DSC_0679

和泉義治


2017年1月19日 08:17