甲府市と甲斐市 高齢者用ワクチンが到着

この記事をシェア

  • LINE
山梨 2021.04.08 12:24

新型コロナウイルスのワクチン接種で、県のモデル自治体となっている甲府市と甲斐市に8日、高齢者用のワクチンが到着した。

甲府市には8日午前9時ごろ、米国・ファイザー社製のワクチン約500人分が到着した。ワクチンは甲府市健康支援センターの超低温冷凍庫で保管され、高齢者の集団接種で使用される。

市は17日に1回目の集団接種を行う予定で、事前に予約した相生地区の高齢者500人が対象だ。市の担当者は「人が密集しないよう工夫しながら円滑な実施を目指したい」と話している。

また、甲斐市の集団接種は15日に行われる。