オーガニックワイン普及へ 全国初の推進団体を設立 山梨県

この記事をシェア

  • LINE
山梨 2022.06.23 12:31

世界で需要が拡大している、無農薬栽培ブドウで醸造したワインの普及に向け22日、全国初の推進団体が設立された。

設立されたのは、無農薬栽培によるワイン造りの普及を目的とした団体「山梨オーガニックワイン推進コンソーシアム」だ。

甲府市内で開かれた設立総会には、山梨県や大学、民間企業など15団体から28人が参加。県立大の仲田道弘特任教授が会長に選任され、ICTを活用した農家への支援やオーガニックワインのPRイベントなど、本年度の事業計画について説明した。

仲田会長は「海外でも通用するオーガニックワインを普及させていきたい」としている。