道志村山中の肩甲骨 小倉美咲さんとDNA型が一致と発表 山梨県警

この記事をシェア

  • LINE
山梨 2022.05.14 21:05

山梨県警は14日、山梨県道志村の山中で見つかった肩甲骨について、付近で行方不明になった千葉県の小倉美咲さん(当時7歳)とDNA型が一致したと発表した。

道志村の山中では先月23日、子どもの頭の骨の一部が見つかり、その後の捜索で運動靴や衣類、肩甲骨などが発見されていた。このうち肩甲骨について、警察は、3年前に行方不明になっていた美咲さんとDNA型が一致したと発表した。

美咲さんの死因については現在、特定はできていない。警察は、さまざまな状況を総合的に判断するとして、遺留物などの捜索を続け、事件、事故の両面から調べを進める方針だ。