グリーン・ゾーン認証飲食店を緊急点検 新型コロナ感染拡大を受け山梨県

この記事をシェア

  • LINE
山梨 2022.01.14 20:05

 山梨県はグリーン・ゾーン認証を受けた飲食店への緊急点検を始めた。緊急点検は県の認証を受けた約4600施設のうち飲食店お約1000店を抽出し、12日から抜き打ちなどで実施している。

 14日、県の調査員が甲府市内の飲食店を訪れ、テーブル同士の間隔が1メートル以上確保されているかや消毒設備の有無などを確認した。

 県の認証施設を巡っては、富士・東部地域のカラオケボックスで10代から20代の新成人ら20人が感染するクラスターが発生している。県によると、新成人らにはマスク未着用や認証基準で定める滞在時間を超える利用が確認されていて、県は認証を受けている27のカラオケボックスも追加で緊急点検を行うことを決めた。点検は今月末まで行う予定だ。