山梨放送は放送による公共の福祉や文化、県土の発展に貢献するとともに、番組の質的向上や視聴者のニーズを番組作りに反映させるため、放送法に基づく番組審議会を設置しています。
審議会は有識者による定期的な審議を実施し、結果の概要を公表します。

新着の投稿

第637回山梨放送番組審議会


1.開催日時
 2020年8月26日(水)午後3時~午後4時

 

2.開催場所
 山梨放送本社6階大会議室(甲府市)

 

3.出席者
・第62期山梨放送番組審議委員
 市川満 委員長
 武井多加志 副委員長
 淡路啓二 委員
 神山奈緒子 委員
 柴田友明 委員
 冨塚晴夫 委員
 渡邉麗 委員
・山梨放送
 代表取締役社長 野口英一
 代表取締役常務 篠原公男
 編成局長 保坂律夫
 ラジオ局長 荒川武広
 報道局長 武井功
 技術局長 飯田圭滋
 営業局長 有泉裕人
 審議室長 井上進治
報道局スポーツ部長 上田修也

 

4.報告
・9月期のテレビとラジオの自社番組の編成予定について説明
・視聴者からの意見(2020年7月20日-8月23日)を報告

 

5.審議
YBSテレビ「山梨スピリッツ」8月16日(日)17時00分~17時30分
委員からの主な意見は次の通り。
◆カメラワークが素晴らしく、人物の表情をよく捉えていた。
◆高校球児の思いや緊張が伝わり、青春の1ページを一緒に味わえるいい構成だった。
◆ダイジェストシーンの場面転換が少し早く、せわしさを感じた。
◆全体的に10代のアスリートの気持ちがストレートに伝わる内容だった。チームメイトとのドラマも清々しかった。
◆番組全体に適切に字幕が出ていた。スポーツ番組では大げさになりがちだが、自然でよかった。
◆ローカルのスポーツ番組はキー局などで取り上げない競技もたくさん取り上げていて、選手たちの励みになると思う。
◆新型コロナウイルスの影響でスポーツの応援も思うようにできないこともあって、あらためてテレビの重要性を感じた。また身近に感じることができた。
◆球児の表情はいつもの夏とまるで変わらないようだった。インターハイの代替大会や若いアスリートの特集などを定期的に放送してほしい。
◆スポーツに詳しくない人にはわかりにくい言葉があり、説明がほしかった。

 

6.次回
第638回番組審議会は9月30日(水)開催予定

第635回 山梨放送番組審議会

1. 開催日時2020年5月29日(金) 新型コロナウイルス対策のため、書面で開催。29日をもって終結。   2.出席者第61期山梨放送番組審議委員柳田藤…

2020年5月29日 18:27

第634回 山梨放送番組審議会

1. 開催日時2020年4月24日(金)新型コロナウイルス対策のため、書面で開催。24日をもって終結。    2.出席者第61期山梨放送番組審議委員柳田藤…

2020年4月27日 14:45

第633回 山梨放送番組審議会

1. 開催日時 2020年3月27日(金) 新型コロナウイルス対策のため書面で開催。27日をもって終結。   2.出席者 第61期山梨放送番組審議委員柳田藤…

2020年3月27日 19:00

第632回 山梨放送番組審議会

  1.開催日時2020年2月26日(水)午後3時00分~午後4時00分   2.開催場所山梨放送本社6階大会議室(甲府市)   3.出席者第61期山梨放送番…

2020年2月28日 9:00

第631回 山梨放送番組審議会

1.開催日時2020年1月29日(水)午後3時00分~午後4時00分   2.開催場所山梨放送本社6階大会議室(甲府市)   3.出席者第61期山梨放送番組審議…

2020年1月30日 9:00