2019年12月アーカイブ

ピーター・ウタカ_ほうれん草_当日.jpgのサムネール画像

1224.jpgのサムネール画像

<材料>2~4人分
冷凍パイシート 2枚
卵黄 1個分
ほうれん草 1束
コーン  80g
ベーコン 3枚
加熱用チーズ 100g
オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片
塩 適量
ブラックペッパー 適量
 
<作り方>
ほうれん草は熱湯で茹でて冷水で冷まし、しっかりと水分を切る。
フライパンでオリーブオイルを温め、にんにくを入れ香りが出たらベーコンを炒め、ほうれん草、コーンも加え炒めたら塩、ブラックペッパーで味を整える
打ち粉をしたまな板の上でパイシートを伸ばす
②をパイシートで包み、丸く成型してキッチンバサミで飾りの切れ目をいれる
卵黄を塗る
200℃のオーブンで10分焼き、さらに180℃で20分焼き上げる。
 
<メモ>
ほうれん草はカロテンやミネラル豊富な緑黄色野菜の代表。
鉄分の吸収を助けるビタミンCも含むので貧血予防にも効果が期待できます。

1217_湯澤聖人_長ねぎ_当日.jpgのサムネール画像

1217.jpgのサムネール画像

材料<2人分>
長ネギ 2本
鶏もも肉 1枚(3センチ角に切る)
海老 4尾(殻をむき、背ワタを取り除く)
○生クリーム 200ml
○牛乳 100ml
○にんにく 少々
○加熱用チーズ 70g
○小麦粉 大さじ1・1/2
○ナツメグ 少々
○塩 小さじ1/3

<作り方>
1、長ネギは3センチの長さに切る。
2、フライパンに油を熱し、鶏もも肉、海老を焼く。焼きあがったらお皿に取り出す。
3、フライパンに油を熱し、長ネギを焼き色をつくように焼く。
4、鍋に○を入れて弱火にかけ、フツフツと沸いてとろみがでてきたら耐熱容器に流し入れる。
5、4に2,3をのせて、パン粉・パセリを表面に散らし、200度のオーブンで焼き色がつくまで10-15分焼く。
 
<メモ>
長ネギは切るとぬめりが出ますがこれは甘味と柔らかさのもとです。加熱をすると甘くトロリとした食感になります。
長ネギの香り成分のアリシンはビタミンB1の吸収を助け血行促進、疲労回復、殺菌作用があります。

1210_小柳達司_ゆず_当日.jpgのサムネール画像

1210.jpgのサムネール画像

<材料>2人分
柚子のしぼり汁  1個分
柚子の皮(千切り) 1個分
○白だし 大さじ2
○酒  大さじ1
○塩 少々
○しょうゆ 小さじ1
鶏挽肉  200g
長ネギ  1/4本(斜めに切る)
切り餅   3個
水  200ml
水溶き片栗粉 (水・片栗粉 各小さじ1混ぜたもの)
飾り用の小葱

<作り方>
1.切り餅を6等分に切る。
2.餅を油で揚げ、揚げあがりにかるく塩をふる。
3.鍋にサラダ油小さじ2を熱し、鶏挽肉を炒める。
4.挽肉に火が通ったら長ネギも炒める。
5.水と○、柚子のしぼり汁を入れて煮る。
6.水溶き片栗粉でとろみをつけて柚子の皮を加え、塩加減を整える。
7.お皿に揚げ餅を盛りつけ、上に6のあんをかけて小葱をちらす。

<メモ>
柚子の酸味にはカリウムやビタミンCクエン酸が豊富で風邪予防や疲労回復、美肌効果が期待できます。さらに身体を温める効果やリラックス効果や血流改善効果などもあるので、冬にぴったり。

1203_山本英臣_480.jpg

1203_vent_480.jpg

<材料>2人分
牛肉薄切り 300g
●醤油  大さじ1
●みりん 大さじ1
●酒 大さじ3
●オイスターソース 小さじ1
花山椒 大さじ1
にんにくみじん切り 小さじ1
しょうが1個(千切り)
トマト  6個
ニラ  4本
三つ葉  適量
粗引き唐辛子 大さじ1
 
<作り方>
1、ボウルの中に甲州牛と●を入れて軽くもんで下味をつける。
2、フライパンに花山椒を入れて乾煎りして香りを出して、お皿に取り出す。
3、フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、にんにくを炒める。香りが出てきたら甲州牛を炒め、しょうが、ニラ、トマト、花山椒を加えて混ぜ合わせる。
4、塩、胡椒で味をととのえ、粗引き唐辛子をふって混ぜ合わせる。
5、お皿に盛り付けて三つ葉を散らす。
 
<メモ>
甲州牛は山梨の豊かな自然の中で丹念に育てられ柔らかい肉質、鮮やかな肉色。豊かな風味の舌ざわりが特徴の牛肉です。