今日のレシピの最近のブログ記事

0820本日の選手.jpg

0820.jpg

<材料>1人分
桃  1個
クリームチーズ  30g
砕いたビスケット   4枚分
ヨーグルト  50g(はちみつ  小さじ2を混ぜる)
生クリーム   50ml(砂糖小さじ1を加えて泡立てる)
 
<作り方>
1、鍋にお湯を沸かす。
2、桃の頭の方に切り目を入れる。
3、沸騰したお湯に入れて30秒くらい泳がせる。
4、冷水にとって皮をむく。
5、半分に切って種を取り除く。
6、種をくり抜いた中にクリームチーズを詰めてくっつける。
7、グラスに砕いたビスケットを入れて、はちみつヨーグルトを流し、生クリームを絞る。
8、上に桃をのせる。

0806本日の選手.jpg

0806_2.jpg

材料<3〜4人分>
ズッキーニ 1本
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
にんにくみじん切り  小さじ1
合挽き肉 200g
●トマト缶 1/2缶
●ケチャップ 大さじ3
●ウスターソース 大さじ2
●塩 小さじ1/2
ホワイトソース
バター  30g
牛乳 200ml
生クリーム 200ml
薄力粉 大さじ2
ローリエ  1枚
コンソメ 小さじ1
塩こしょう 少々
加熱用チーズ 適量

<作り方>
1、ズッキーニは薄く切る。
2、フライパンにサラダ油を小さじ2とにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたら、玉ねぎ、合挽肉を炒める。●を加え混ぜ合わせたら15分くらい煮る。
3、鍋にバター薄力粉を入れて火にかける。バターが溶けたら生クリーム、牛乳を少量ずつ加える。コンソメ、ローリエを入れてグツグツしたら火を止める。
4、耐熱のお皿にズッキーニを敷き詰める。上に、ミートソース、ホワイトソースを流し、加熱用チーズをのせる。同じ作業をあと2回繰り返す。
5、オーブンで焼き色がつくまで焼く。

0730荒木翔_黒素材.jpg

730.jpg

<材料>2人分
トマト  2個
玉ねぎ(みじん切り)1個
合挽肉 300g
しょうが(みじん切り)大さじ3
にんにく(みじん切り)小さじ2
バター 10g
生クリーム 30ml
カレー粉  大さじ2
サラダ油 大さじ2
塩 小さじ2
 
<作り方>
1、トマトは2センチ角くらいに切る。
2、鍋にサラダ油と、にんにく、しょうがを入れて火にかける。
3、香りが出てきたら、玉ねぎを炒め、合挽肉も炒める。
4、カレー粉を炒めて全体を混ぜ合わせ、トマトを入れて蓋をして煮込む。
5、トマトが煮崩れたら塩を加え、生クリーム、バターを入れて味を調える。
 
<メモ>
食卓を華やかにするだけではなく、リコピンによる抗酸化作用で生活習慣病予防や夏の暑さによるだるさや疲れを取り払ってくれる働きがあります。さらにオイルやにくの脂肪分とあわせて摂取すると吸収力が高まります。

0723佐藤和弘_黒素材.jpg

723.jpg

 

<材料>2人分
桃  1個
食パン  2枚
生クリーム (ホイップしたもの)適量
ミント  2枚
市販のベリーソース 適量
砂糖  少々
※フレンチトーストのベース
たまご  2個
牛乳    60ml
砂糖   大さじ2
バニラビーンズ 少々
はちみつ  小さじ2
 
<作り方>
1、パンを3センチ角くらいなら切る。切ったものをバットなどに並べる。
2、フレンチトーストのベースを混ぜ合わせてる。
3、1のパンに2を流し入れてしっかりと吸い込ませる。
4、桃の皮をむいて、一口大に切る。
耐熱のお皿に染み込ませたパンと桃をランダムに並べる。
5、上に砂糖を振りかけてオーブントースターで8分焼く。
6、焼きあがったら市販のベリーソースと生クリームをそえてミントをのせる。
 
<メモ>
桃の主成分は果糖です。体内ですぐにエネルギーに変換されるので、体が疲れているときや弱っている時でも効率よく吸収され、疲労回復に効果があります。また、ペクチンにより腸内環境が整うことで、摂取した栄養を無駄なく吸収することができるので、さらに疲労回復に効果が期待できます。

0716岡西宏祐_黒素材.jpg

0716.jpg

<材料>2人分
米 2合
鯵(3枚に卸したもの)4枚
枝豆 100g
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個
しょうがみじん切り 小さじ1/2
クレソン  1袋
●白だし 大さじ1
●塩 小さじ1/3
●みりん 小さじ1
●醤油 小さじ2
 
<作り方>
1、お米をとぐ。
2、枝豆をさやから取り出す。
3、フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたら玉ねぎ、しょうが、枝豆を炒め、軽く塩こしょうする。
4、鯵に塩こしょうして皮目から焼く。
5、鍋にお米を入れて、●の調味料と水を合わせて380mlにして入れる。
6、3と鯵をのせて13分炊いて蒸らす。
7、炊きあがりにクレソンをのせる。
 
<メモ>
枝豆はビタミンB1とB2を含むので、スタミナ不足の解消や疲労回復効果的。
さらに皮膚や粘膜の健康を維持する効能もあるので美肌作りにも役立ちます。
 

0709新井涼平_黒素材.jpg

0709.jpg

<材料>
◎すもも 250g(種を除いてカットしたもの)
◎はちみつ 大さじ2
◎ワインビネガー 大さじ1
◎塩 小さじ1
◎ブラックペッパー 小さじ1/2
◎サラダ油 300cc
◎にんにく(みじん切り) 小さじ1/4
 
鶏もも肉 1枚
リーフ野菜(ルッコラ・レタス・ケールなど)
すもも 2個
スライスした玉ねぎ 1/6個
 
<作り方>
 すももドレッシング用のすももを皮ごと小さく切る。
 ◎の材料をミキサーに入れて撹拌する。
 鶏もも肉に塩・こしょうして焼く。
 お皿に野菜を盛りつけて、カットしたすももものせ、焼きあがった鶏もも肉ものせてドレッシングをかける。
 
<メモ>
すももを皮ごと入れることで、ピンク色のかわいいドレッシングになります。
すももは、クエン酸を豊富に含むので疲労回復に効果的。
食物繊維のペクチンも豊富なので腸内環境を整えてくれます。

0702後藤恭介_黒素材.jpg

0702.jpgのサムネール画像のサムネール画像

<材料>2人分
とうもろこし 1本
●小麦粉  大さじ1〜1.5
●塩 少々
ボイル海老 8尾
玉ねぎ  1/4個(薄切り)
にんにくみじん切り 小さじ1
パセリみじん切り 適量
塩  少々
オリーブオイル 大さじ1
 
<作り方>
1、とうもろこしは長さ3等分に切り、縦4つに切る。
2、●をまぶして油で揚げる。
3、フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが出てきたら玉ねぎを炒める。海老、とうもろこしを加えて炒め、塩で味を調える。
 
<メモ>
とうもろこしのプチプチとした食感は食物繊維が豊富に含まれている証拠。
食物繊維を摂ることは腸をきれいにしてくれるのでダイエットにも有効です。
625.jpg
 
<材料>2人前
茄子 2本
豚ひき肉  200g
◯玉ねぎ(みじん切り)1/4個分
◯クミンパウダー 小さじ1/2
◯塩コショウ 少々
パスタ  160g
トマトソース
オリーブオイル 大さじ2
にんにく(みじん切り)1かけ
玉ねぎ(みじん切り)1/2個
●ガラムマサラ 小さじ1/2
●塩 小さじ1
 
<作り方>
1、茄子はヘタを切り落とし、1.5センチくらいの厚みに切り、塩水にさらす。
2、ミートボールの材料をボールに入れてこねる。丸く成型して、フライパンで焼いてお皿に取り出す。
3、水分をしっかりときって、茄子を油で素揚げする。
4、フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが出てきたら玉ねぎを炒める。トマト缶、焼いたミートボール、●を入れて煮込む。
5、4に揚げ茄子を加えて軽く煮る。
6、パスタを茹でる。
7、茹で上がったパスタを5に加えて塩加減を整え、と皿に盛り付けて粉チーズをかける。
 
<メモ>
茄子を塩水にさらすことで、短時間でアクを抜くことが出来、色味も鮮やかに仕上がります。
茄子の皮の紫色はポリフェノールのナスニンが含まれていて、眼精疲労の緩和にも効果があると言われています。

0618.jpg

<材料>2〜3人分6本分
豚ロース薄切り 200g
きゅうり 2本
味噌 大さじ2
にんにく(みじん切り) 小さじ2
白ごま  大さじ1
●小麦粉 大さじ3 水 大さじ2
パン粉 適量
大葉 5枚

<作り方>
1、きゅうりは、長さ1/3に切り、千切りしてごま油で和える。
2、豚ロース薄切り肉を広げ、味噌を薄く塗り、にんにく、白ごまをのせる。
3、きゅうりの千切りをのせて、きつく巻く。
4、●にくぐらせ、パン粉をまぶす。
5、油で揚げる。

きゅうりに含まれる「ククルビタシン」は、胃の働きを活発にしてくれます。90%以上が水分なので、これからの季節にぴったりの野菜です。

0611.jpg

<材料>2人分
甲州地どり むね肉、もも肉 各100g
●にんにく(みじん切り)小さじ1
●醤油 小さじ2
長ネギ 1/2本(小口切り)
小ねぎ 適量
ご飯 2膳分
◎にんにく(みじん切り)小さじ1
◎塩コショウ 少々
◎白すりごま 小さじ2
◎醤油 小さじ2
たまご 3個
◯水100ml 片栗粉小さじ1 白だし大さじ1

<作り方>
1、甲州地どりは、薄切りにし、軽く塩コショウする。
2、フライパンにサラダ油、●のにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたら1の肉、長ネギ1/2本分を入れて炒める。●の醤油で味付けし、お皿に取り出しておく。
3、フライパンにサラダ油、◎のにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたらご飯を入れて炒める、◎で味付けし、鉄板の上に盛り付ける。
4、ご飯の上に、焼いた甲州地どりをのせ、鉄板ごと火にかけて、◯を流し入れ、溶き卵も加える。
5、たまごがぐつぐつしてきたら、全体的にネギをちらす。

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
JA全農やまなし
信玄食品
トップホームズ