今日のレシピの最近のブログ記事

ピーター・ウタカ_ほうれん草_当日.jpgのサムネール画像

1224.jpgのサムネール画像

<材料>2~4人分
冷凍パイシート 2枚
卵黄 1個分
ほうれん草 1束
コーン  80g
ベーコン 3枚
加熱用チーズ 100g
オリーブオイル 大さじ1
にんにく 1片
塩 適量
ブラックペッパー 適量
 
<作り方>
ほうれん草は熱湯で茹でて冷水で冷まし、しっかりと水分を切る。
フライパンでオリーブオイルを温め、にんにくを入れ香りが出たらベーコンを炒め、ほうれん草、コーンも加え炒めたら塩、ブラックペッパーで味を整える
打ち粉をしたまな板の上でパイシートを伸ばす
②をパイシートで包み、丸く成型してキッチンバサミで飾りの切れ目をいれる
卵黄を塗る
200℃のオーブンで10分焼き、さらに180℃で20分焼き上げる。
 
<メモ>
ほうれん草はカロテンやミネラル豊富な緑黄色野菜の代表。
鉄分の吸収を助けるビタミンCも含むので貧血予防にも効果が期待できます。

1217_湯澤聖人_長ねぎ_当日.jpgのサムネール画像

1217.jpgのサムネール画像

材料<2人分>
長ネギ 2本
鶏もも肉 1枚(3センチ角に切る)
海老 4尾(殻をむき、背ワタを取り除く)
○生クリーム 200ml
○牛乳 100ml
○にんにく 少々
○加熱用チーズ 70g
○小麦粉 大さじ1・1/2
○ナツメグ 少々
○塩 小さじ1/3

<作り方>
1、長ネギは3センチの長さに切る。
2、フライパンに油を熱し、鶏もも肉、海老を焼く。焼きあがったらお皿に取り出す。
3、フライパンに油を熱し、長ネギを焼き色をつくように焼く。
4、鍋に○を入れて弱火にかけ、フツフツと沸いてとろみがでてきたら耐熱容器に流し入れる。
5、4に2,3をのせて、パン粉・パセリを表面に散らし、200度のオーブンで焼き色がつくまで10-15分焼く。
 
<メモ>
長ネギは切るとぬめりが出ますがこれは甘味と柔らかさのもとです。加熱をすると甘くトロリとした食感になります。
長ネギの香り成分のアリシンはビタミンB1の吸収を助け血行促進、疲労回復、殺菌作用があります。

1210_小柳達司_ゆず_当日.jpgのサムネール画像

1210.jpgのサムネール画像

<材料>2人分
柚子のしぼり汁  1個分
柚子の皮(千切り) 1個分
○白だし 大さじ2
○酒  大さじ1
○塩 少々
○しょうゆ 小さじ1
鶏挽肉  200g
長ネギ  1/4本(斜めに切る)
切り餅   3個
水  200ml
水溶き片栗粉 (水・片栗粉 各小さじ1混ぜたもの)
飾り用の小葱

<作り方>
1.切り餅を6等分に切る。
2.餅を油で揚げ、揚げあがりにかるく塩をふる。
3.鍋にサラダ油小さじ2を熱し、鶏挽肉を炒める。
4.挽肉に火が通ったら長ネギも炒める。
5.水と○、柚子のしぼり汁を入れて煮る。
6.水溶き片栗粉でとろみをつけて柚子の皮を加え、塩加減を整える。
7.お皿に揚げ餅を盛りつけ、上に6のあんをかけて小葱をちらす。

<メモ>
柚子の酸味にはカリウムやビタミンCクエン酸が豊富で風邪予防や疲労回復、美肌効果が期待できます。さらに身体を温める効果やリラックス効果や血流改善効果などもあるので、冬にぴったり。

1203_山本英臣_480.jpg

1203_vent_480.jpg

<材料>2人分
牛肉薄切り 300g
●醤油  大さじ1
●みりん 大さじ1
●酒 大さじ3
●オイスターソース 小さじ1
花山椒 大さじ1
にんにくみじん切り 小さじ1
しょうが1個(千切り)
トマト  6個
ニラ  4本
三つ葉  適量
粗引き唐辛子 大さじ1
 
<作り方>
1、ボウルの中に甲州牛と●を入れて軽くもんで下味をつける。
2、フライパンに花山椒を入れて乾煎りして香りを出して、お皿に取り出す。
3、フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、にんにくを炒める。香りが出てきたら甲州牛を炒め、しょうが、ニラ、トマト、花山椒を加えて混ぜ合わせる。
4、塩、胡椒で味をととのえ、粗引き唐辛子をふって混ぜ合わせる。
5、お皿に盛り付けて三つ葉を散らす。
 
<メモ>
甲州牛は山梨の豊かな自然の中で丹念に育てられ柔らかい肉質、鮮やかな肉色。豊かな風味の舌ざわりが特徴の牛肉です。

1126_曽根田.jpg

1126_1.jpg

<材料>2人分
八幡芋 300g
ボイルエビ  4尾
ワンタンの皮 4枚
小ねぎ  適量
●みりん 大さじ2
●砂糖 小さじ2
●白味噌 大さじ1
●水 大さじ2
●練りゴマ 大さじ1
●醤油 小さじ1
 
<作り方>
1、八幡芋を蒸す。
2、八幡芋を皮をむいて潰して粘りを出す。
3、一口サイズに丸めて小麦粉をまぶして油で揚げる。ワンタンの皮も揚げる。
4、鍋に●を入れて火にかけ、よく混ぜ合わせる。 
5、お皿にソースを盛り付け、上に八幡芋の唐揚げとエビをのせてワンタンの皮と小ねぎを散らす。
 
<メモ>
八幡芋は甲斐市八幡地区で栽培されている里芋で、肉質が白くてきめ細かく、粘りが強くて独特の風味が特徴です。一般的な里芋よりも、やわらかく、口どけがなめらかです。芋の中では低カロリーで、たんぱく質、ビタミンB群、Cなども含み、栄養素も高いのが特徴。

1119_内田_当日.jpgのサムネール画像

1119.jpgのサムネール画像<材料>2人分
りんご  1個
豚バラスライス  200g
加熱用チーズ  適量
にんにくみじん切り  小さじ1
●しょうゆ  大さじ2
●蜂蜜    小さじ2
●みりん  小さじ2
●酒       大さじ1
●酢       大さじ1
小麦粉 適量

<作り方>
1、りんごは皮ごと10等分に切り、種をきりおとす。
2、豚バラ肉にりんごをのせて、加熱用チーズを巻き込みながら巻き、軽く塩コショウをして小麦粉をまぶす。
3、フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にして焼く。
4、全体に火が通ったら、みじん切りのにんにくを炒め、●の調味料を入れて煮からめる。

<メモ>
りんごの皮には食物繊維とポリフェノールが豊富なので皮ごと調理します。りんごに含まれる酵素にはタンパク質を分解する働きがあるので、お肉が柔らかくジューシーになり旨味を引き出す効果があります。りんごの酸味のクエン酸と豚肉のビタミンB1は、疲れが取れて元気になる組み合わせです。

1112_武岡_当日.jpgのサムネール画像

1112.jpgのサムネール画像

<4人分>
白菜 1/4切れ
玉ねぎ 1/4個(みじん切り)
マッシュルーム  3個(薄切り)
鶏もも肉  300g
(カレー粉 大さじ1、ヨーグルト大さじ3、塩 小さじ1に漬け込む)
バター  30g(炒める用を)
バター 20g(仕上げ用)
にんにくみじん切り 小さじ2
しょうがみじん切り 大さじ1
 
●カレー粉 大さじ2
●パプリカパウダー 大さじ1
●生クリーム 200ml
●トマト缶 1/2缶
●白味噌 大さじ3
●砂糖 大さじ2
●塩 小さじ1 
 
<作り方>
1、白菜はみじん切りにする。
2、鍋にバターとにんにく、しょうがを入れて火にかける。
3、香りが出てきたら、玉ねぎ、マッシュルーム、白菜を炒める。
4、しんなりしたら、漬け込んだ鶏肉を入れて全体を混ぜ合わせる。
5、●を入れて30分煮込む。
6、バターを加えて塩加減を整える。
 
<メモ>
白菜には旨みのもととなるグルタミン酸が豊富。白菜を煮ると美味しい出汁がでます。
加熱をすることでカサも減りたくさん食べられるので、食物繊維も摂取でき、整腸作用や美肌効果が期待できます。
白菜の大部分は水分なので、その水分を利用して水を入れずにカレーを煮込みます。

1105アラーノ_当日.jpgのサムネール画像

1105.jpgのサムネール画像

<材料>2人分
れんこん  150g
粗挽き豚肉  200g
ルッコラ 1袋
にんにくみじん切り 小さじ1
鷹の爪 1本
塩コンブ  20g
オリーブオイル 大さじ3
パスタ  140g
バター  20g
 
<作り方>
1、れんこんは、皮をむき、たっぷりの水に酢と塩を入れて10分茹でる。
2、茹で上がったれんこんをスライサーで、半量薄く切る。残りの半分は粗みじん切りにする。
3、フライパンにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて火にかける。
4、香りが出てきたらひき肉を炒める、
5、れんこんを加えて炒め、塩コンブと茹で汁をお玉2杯くらい入れて火を止める。
6、茹で上がったパスタをフライパンに入れて、ルッコラ、バターを加えて塩加減を整える。
 
<メモ>
れんこんは、皮をむくと、黒っぽく変色してしまうので、酢水につけると変色を防ぐことができます。
色が変わっても、鮮度や味、栄養素には問題ありませんが白く仕上げたい場合は、酢水に漬けると良いです。
レンコンの主成分はでんぷんで、エネルギーとなって体を温めてくれます。ビタミンCや食物繊維も豊富で、風邪予防や美肌に効果が期待できます。ネバネバ成分と、切り口が黒くなる原因となる“タンニン”のダブル効果で胃壁を守る効果もあります。

1029小泉勇人_当日.jpg

1029_1.jpg

 

<材料>10本分
さつまいも  500g
(あれば半量は紫色のさつまいも)
砂糖  大さじ2
バター  20g
牛乳  大さじ2~3(柔らかさを見ながら量を調整する)
塩 ひとつまみ
りんご  1/2個
クリームチーズ  100g
アーモンド  30g(細かく切る)
春巻きの皮  10枚
 
<作り方>
1、 さつまいもは皮ごと蒸し器で蒸す。
2、 蒸して柔らかくなったら皮をむいて、マッシュする。
3、 なめらかになったら、砂糖、バター、塩、牛乳を混ぜ合わせる。
4、 3に5ミリ角に切ったりんごを混ぜる。
5、 春巻きの皮に、4、とクリームチーズ、アーモンドをのせて巻く。
6、 油で揚げる。
 
<メモ>
さつまいもはビタミンCを含むので風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。でんぷんに守られて加熱しても壊れないので、効率よく摂取できます。

191008_163601_06.jpg

1008_480.jpg

<材料>2人分
しめじ  1/2袋
エリンギ 2本 
マッシュルーム 2個
玉ねぎ 1/4個(みじん切り)
ベーコン  3枚(細く切る)
にんにく(みじん切り)小さじ1
鶏もも肉  100g(1センチ角くらいに切る)
生クリーム  200ml
白ワイン  大さじ2
塩こしょう
たまご  4個(2個に対してみりん、酒各小さじ1と塩ひとつまみを混ぜる)
ご飯 2膳
飾りのパセリ

<作り方>
1、しめじは石づきを切り落としばらす。エリンギは2センチ角くらいに切る。マッシュルームは薄切り。
2、フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れて火にかける。香りが出てきたら、玉ねぎ、鶏もも肉、ベーコンを炒める。
3、きのこも炒める。白ワインを加えてアルコールを飛ばし、生クリームを入れて煮立たせる。塩加減を整える。
4、別のフライパンにサラダ油大さじ2くらいを熱し、たまごを流し入れる。
5、お皿にご飯を盛り付けて4のたまごをのせる。
6、5に3のきのこクリームソースをかける。

<メモ>
キノコは、9割が水分で、脂質もほとんどなくおいしくて低カロリー。ビタミンDを含むので筋肉増強や、カルシウムの吸収を助けてくれます。